武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 2回分まとめて 佳蕎庵@小平市小川町

<<   作成日時 : 2018/09/29 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

早いところ平常化しないと。
グルメ的に平常化なら、やはり佳蕎庵でしょう。
月例を含め、2回行ってきました。

画像


今シーズンの季節限定はあまり食べてないので、もうちょっと食べておきましょう。
何が良いかな?
季節限定そばの4種中2種が鴨。
鴨に力を入れてるようです。
鴨をいっぱい使ってそうな“かすみ鴨ぶっかけ”をいただきました。

画像


かすみ鴨って何だ?
かすみ網で鴨猟するのは違法じゃなかった?
皇室はやってるらしいけど。
限定メニューによると、「無農薬、放し飼いの鴨」だそうです。
身が締まってそうですね。

画像


思った通り、身が締まってました。
ぶっかけなので、汁と鴨とは没交渉。
鴨南蛮のような味の親和性はありません。
そこをどう評価するかでしょう。

画像


台の方のぶっかけは安定の美味しさ。
そばはもりそば系の極細よりはちょっと太めかな?
それでも他店の並そばよりは細いです。
汁とよく絡んでくれます。
なので、汁は慎重にちょっとずつ加えていくのが良いと思います。
美味い!
これはもっと早く、猛暑の頃に食べるべきでした。
と、ちょっと後悔。

画像


例によって、差し入れが。
ミニ漬け丼です。
平目とイクラだったかな。
酢飯で鴨ぶっかけに欠けていた酸味が補われて、満足感が一段と高まりました。
ご馳走様!


  * * * * * * * * * *


何故か理由はわからないですが、急に天ぷらそばが食べたくなって、時を置かずにまた行ってきました。
佳蕎さんは天ぷら別皿だとは知ってましたが、達さん風に自分で乗せれば良いやと思って。w

画像


ランチの天ぷらセットは、天然海老を選択して、1580円。
定番メニューの方の“天然海老二本天付かけ”は2120円。
この違いは何だろうなあと思いつつ、定番をチョイス。

画像


オリジナルの形態を写真に収めた後、予定通り、自分でかけそばに海老天だけ乗っけました。
そして改めて撮影。
一連のお遊びを庵主は忙しいのにしっかり見ていたようで、後で、「(乗っけたら)味がボケるでしょう?」と言われました。
いえいえ、美味しくいただけましたよ。
ロンドンのYenに負けず、劣らずの美味しさでした。w

画像


そばはもりそば系より明らかに太いです。
富山とよむすめと何だっけ?
何かのブレンドですが、せっかく教えてくれたのに、メモを忘れました。

画像


かけで食べても美味しそうでしょ。
汁は江戸風じゃないですが、節の香が強くて、やはり上方とも違います。
佳蕎庵風かな?
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり外国から戻られたら佳蕎庵に突撃されたようですね
しかも2回も
かすみ鴨ぶっかけですか?
おっしゃるように、汁との融合が無い部分をどう評価するかでしょうね
やはり鴨の旨味が汁に溶け出している方が美味しそうですが、それは素人の考えでしょうかね???

別添えの天ぷらそばも美味しそうですね
ご飯を頂き、天ぷらを半分使ってミニ天丼にしたくなるのは下品な考えでしょうかね?
天丼とそばのセット、この黄金の組み合わせが大好きなもので・・・
ゆけむり
2018/09/30 10:09
ゆけむりさん

そばを食べるなら、佳蕎庵が安心安全ですから。w
冷やし系のそばはトッピングが難しいと思います。
肉系は脂が固まってますしね。
鴨は鴨として味わうのが賢明かも。

佳蕎庵では魚の品揃えが豊富なので、スタンダードな海老を選ぶことはまず無いのですが、ロンドンのこともあって、久しぶりに食べてみました。
天然ものということもあってか、素晴らしく美味しかったです。
乗っけても、衣はボケますけど、身自体の甘さはボケることなく、はっきりと味わえました。
やっぱり天ぷらが王者ですね。
りう
2018/09/30 21:39
佳蕎庵は久し振りでしたか。
しかし霞網で獲った分厚い鴨の素晴らしいこと
天ぷら蕎麦、寒くなり始めると乗せて食べるのも一興でしょう?
それを見逃さない庵主の「何をするんだ!」という一瞥も,いと可笑しです
差し入れのヒラメのづけ丼もそうだけど、素そばもいいですね♪
最近は出汁にも凝って、研究の日々のようですから、もはや佳蕎庵は独走ですね

2018/10/01 10:03
達さん

いえ、行かなかったわけではありませんが、季節限定をあまり食べなかったもので、秋の限定に切り替わる前に食べないとと思いまして。
鴨はやっぱり好きですね。
出汁も好きですし、肉自体も好きです。
天ぷら遊びはまさか見られてるとは思いませんでした。
ひっきりなしに後客さんが入ってきてたので、そんな余裕は無いだろうと高をくくっていたのが間違いでした。w
よほど気に入らなかったのか、この日は珍しくサービス品の提供がありませんでした。
出汁でも特に節系のこだわりは半端じゃありませんね。
りう
2018/10/01 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2回分まとめて 佳蕎庵@小平市小川町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる