武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS はまぐり天と納豆そば 佳蕎庵@小平市小川町

<<   作成日時 : 2018/05/28 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

月例の佳蕎ランチ。
外ランチの機会は激減ですが、佳蕎ランチをスルーするわけにはいきません。
スケジュールをやりくりして行ってきました。

画像


いつもと違って、12時ちょっと過ぎに行ったため、空席は若干あったものの、待ち時間はけっこう長かったです。
初めての30分超え。
ガラス越しに厨房が覗ける席だったので、ピーク時の忙しさがよくわかりました。
神の水切りも堪能させてもらいました。
それにしても庵主の動きのムダの無さはすごい。

画像


季節メニューの“納豆香味汁”を頼みました。
そばと汁が別々になっていて、ぶかっけにもつけ汁的にもできるという触れ込みです。

画像


そばはキタワセの二八以下(だと思います)。
細打ちのしなやかなそばでした。
香良し。

画像

画像


つけ汁方式でいただきました。
納豆はひきわり。
まぜまぜに向いてます。
香味は茗荷、葱、カイワレ。
もみ海苔も少々。
大葉が無かったのは意外。
汁は少なめで、追加用に徳利も付いてきます。

画像


生卵(全卵)も別皿で添えられてるので、途中で使いました。
汁はやや濃いめの調整なので、卵が活きます。
これは有り難い。

画像

画像


順番間違えましたが、天ぷらも頼みました。
珍しいはまぐり天です。
「上はまぐり」でお値段は他のタネよりもお高い設定。
はまぐりは1個ですが、ビッグサイズです。
魚屋で700円ぐらいで売ってる地はまみたいな感じ。
庵主によると、「今季はこれが最後」だそうです。
春物ですからね。
そうでしょう。
久しぶりのはまぐり天。
美味しゅうございました。

画像


恒例の差し入れはえんがわの漬け丼。
もちろんミニサイズです。
酢飯が美味い。

後から来た若い男性が隣の隣の席で昼酒をやってました。
冷酒を2合。
平日なのに。
うらやましい。
週末で良いからやりたいなあ、昼酒@佳蕎庵。
いつになったらできるかな。

ご馳走様。


画像


庭の花壇にトウモロコシ(去年紹介した黒トウモロコシ)の種を播いたところ、去年のこぼれ種のソバがたくさん芽吹いて、今やトウモロコシを圧倒する勢い。
トウモロコシのためには抜いて捨てるべきですけど、可哀想なので伸びるに任せています。
食用にするほどの量ではないですが、観賞用にはなってます。w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一瞬更科かな?って思えるほど白く細く美しい仕上がりですね
野暮ったいそばを出す店主に見せたあげたいぐらいです(笑)
納豆は苦手なのでコメントは控えさせて頂きますが、はまぐりの天ぷらとは乙ですね
自分は食べた事ありません
やはり佳蕎庵の庵主はただ者ではありませんね
エンガワの漬け丼も小さいながら贅沢極まり無いですね
最後のそばの花も可憐で美しいですね
深大寺で見たそば畑を思い出しました
ゆけむり
2018/05/28 07:42
月に一度の華僑庵。はまぐりの天ぷらとは珍しいものを召し上がりましたね。
日本産のはまぐりは今や貴重品ですから、天ぷらで食べるとは贅沢なことですね
待ち時間が30分を越えて、庵主どのの手際をじっくり観察された由。
彼の作る蕎麦や出汁、それにサイドを写真で見ただけでも只者ではないことが分かりますね。
えんがわの漬け丼もシャレています♪
そばの花、いかに食べられなくてもいかに手に掛ける訳には行きませんよね

2018/05/31 14:02
ゆけむりさん

庵主の打つそばはますます磨きがかかってるようです。
職人肌丸出しと言ったら、本人は嫌がるかな。
誉め言葉のつもりですが。
納豆は北関東の食品なので、ゆけむりさんは馴染めないですかね。
はまぐりは収穫でした。
専門の天ぷら屋や貝料理店で食べたら、目の玉が飛び出るような値段じゃないかと思います。
エンガワは少量でしたが、漬けの味に負けないぐらい濃い味で、こちらの感性に直に訴える力がありました。
その時々に最高の物を提供してくれる庵主にいつも感謝しています。
深大寺のソバ畑を見られたんですね。
江戸時代からの由緒あるソバのようですよ。
自分はまだ見たことがありません。
見てみたいです。
りう
2018/05/31 21:48
達さん

産地にこだわる庵主ですが、はまぐりは産地を詳らかにしてませんでした。
口頭の説明を聞き逃したかな?
たぶん鹿嶋あたりの地物ではないかと勝手に推測しました。
カウンターには一升瓶がずらっと並んでるのですが、偶々自分の前だけ隙間がありまして。w
6年通い詰めて、初めて中の様子をじっくり見ることができました。
プロの仕事の迫力に圧倒されました。
エンガワはラッキーでした。
フルサイズじゃないから、よけいに有難味が増します。
ソバはビックリするほどよく伸びました。
去年の3倍ぐらいです。
こぼれ種なのに。
足りない分はブレンドで補ってもらって、庵主に打ってもらおうか、なんて。
りう
2018/05/31 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
はまぐり天と納豆そば 佳蕎庵@小平市小川町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる