アクセスカウンタ

武蔵野そば

プロフィール

ブログ名
武蔵野そば
ブログ紹介
昼そば、昼酒、昼うどん
昼とんかつに昼カレー
お寿司にラーメン、イタリアン
鰻も中華もフレンチも
昼メシ全部レポします。
zoom RSS

讃岐満喫 irico@国分寺市本町

2016/07/30 22:05
また讃岐うどんです。

国分寺駅北口から徒歩数分の好立地。
昼はうどんランチ、夜はうどん居酒屋という二毛作営業のお店です。

画像


内装はコンクリート打ちっぱなし。
店員さんは若い男性2人。
Tシャツに帽子の今風な感じ。
BGMは60年代のアメリカンオールディーズ。
ちょっと不安を覚えます。

画像


エントランス脇に打ち場があります。
機械打ちなのかな。
延した生地を機械に入れて切り出しているのが見えました。
だとすると、“自家製麺”を謳っている丸亀と同じですね。

このところ大根おろしが無性に食べたくて、うどんはおろしぶっかけにしました。
天ぷらはお薦めの印が付いた“煮干しの天ぷら”と“鳴門わかめの天ぷら”。
サイドに“名物”と書いてある“いりこ飯”。

画像


うどんはつるつるぷりんのいかにも讃岐。
武蔵うどん地帯でも、武蔵野うどんに歩み寄りはいっさい無し。
ぶっかけのお出汁は、旨味を損なわない程度で塩味を抑えてあり、なかなかやるなあと思いました。
おろしは、夏場というのに、辛味はほとんど無し。

画像


天ぷらはいい具合に揚がってました。
煮干しはあまりカチカチに干したものではないようで、柔らかめ。
食べやすいです。

画像


わかめはサクサクです。
これもわかめの良さを引き出していて感心しました。

両方とも130円。
安い。

画像


いりこ飯も上出来。
炊き方が上手い。
それから味付けも、うどんの出汁同様で、絶妙なさじ加減。
具もいりこだけでなく、あさりも入って、ちょっと味がリッチ。
小さな茶碗で350円はコスト的には安くはないですが、パフォーマンスは良いので、CP悪いとは言えません。

画像


総じて、期待以上でした。
あえて難点を書けば、天ぷらの塩が若干強すぎることか。
ビールのつまみには合ってるでしょうけど、昼間は塩を抑え気味にする方が良いんじゃないかと思いました。

画像


夜のつまみは豊富。
“産地盛り”なんていう盛り合わせがあるようですが、魅力的なネーミングじゃないですか。
一度夜も訪れたいですね。
ご馳走様。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イタリアンとアンティークのお店 風がはこんだ物語@所沢市北野

2016/07/28 21:17
所沢のヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)と言ったら大袈裟か。
でも、アンティークコレクションは半端じゃないと思います。
自分は気付きませんでしたが、いつもの連れ(IT)が見たところによると、スタッフ募集のポスターには「アンティークについても学べます」みたいなことが書いてるようです。

画像


今回は2度目の訪問。
前回は2010年のバレンタインデー。
ずいぶん間が空きました。
たぶんあまり好みに合わなかったのでしょう。(笑)
でも、「もう1回ぐらい行ってみるか」、ということで、久しぶりに足を運びました。

画像

             これが一番普通っぽい部屋


土曜のお昼ちょっと前で、先客1組。
後客は2組。
店内が広くて、プライバシーに気を使った構造なので、よくわかりませんでしたが、少ないことは確か。

ランチメニューは選択の幅が広くて、吟味に時間を要します。
パスタ、ピザ、リゾットといったイタリアンの定番をメインにしたセット物が一番お手軽でしょう。
グランドメニューから単品を選び、サラダやドリンクなどを付けて、セットにすることもできます。
さらに、本日の肉料理、本日の魚料理をメインにしたミニコース、はては“おまかせランチコース”まであり、優柔不断な客は小一時間は悩みます。(ウソ)

画像

                美味しいお冷


「ホントに常時すべてのメニューができるんだろうか?」と失礼な疑問を抱きつつ、限定5食の“スペシャルかにみそパスタ、ソフトシェルのせ”のセットと“ソフトサラミと小えびのビアンカ、ジェノベーゼ仕立て”を頼んだところ、OKで、ホッとしました。
ダメだと、また悩まないといけないですから。

画像


まずセットのサラダです。
いたって普通。
量はちょっと多め。

画像


セットのガーリックトースト。
美味しい。

画像


ピザは大きさにびっくり。
手尺で測ったら、30センチ以上ありました。
でも、生地は薄い方です。
トッピングはやや地味ですが、チーズとジェノベーゼのマッチング良く、美味しくいただけました。
トマトを使ってないのがミソ。

画像


パスタはかにみそが予想したよりも強烈。
ソフトシェルは脱皮直後のかにですかね。
去年の油壺以来です。
ありきたりじゃないものを食べたという満足は感じます。

画像


ドルチェは何でしょうか?
リストに出てるのと違うようで、名前は不明。
ガトーショコラをベースにしてるようですけど。

画像


食後のコーヒーはアイスで。
梅雨明け前でそれほど暑くないとは言え、食べると汗ばむ陽気ですからね。
しばらくホットは遠慮したいです。

画像


けっこうヘビーなランチでした。
とても個性的なお店ですね。
改めて感じました。
帰りにスタンプカードをくれました。
スタンプ10個で何かサービスになるようです。
期限は無し。
前回の訪問は2010年なので、インターバルは6年。
このペースだと、スタンプ10個には半世紀以上かかることになりますね。
長生きしないと。

あっ、書き忘れましたが、いつもの連れと行きました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6


国立の隠れ家 かな井@国立市東

2016/07/23 22:37
元は一橋大学の東校舎の東側で営業されていましたが、現在は仮店舗での営業です。
そのうちまた元の場所に戻るのかどうか。
立ち入ったお話はしませんでした。

画像


仮店舗は店主のご自宅なんでしょうね。
国立よりも谷保寄りですけど、住所は「東」。
高級住宅街です。
敷地の広さに驚きます。

画像


お庭も立派。
その庭を愛でられる居間を改造して、いわゆる“自宅改造型”の店舗にしていらっしゃいます。

画像


メニューは豊富。
そばもおつまみも充実してます。
お酒の方も良いのを揃えてるようです。

画像


この日は仕事の合間だったので、お酒は無し。
納豆ぶっかけと“初夏の天ぷら盛り合せ”で我慢です。

画像


そば前をやらないのに、天先にしてくれました。
撮影にはその方が助かります。
たねは稚鮎、アスパラ、とうもろこし。

画像


鮎はわかさぎサイズ。
独特の苦味が初夏を思わせます。

画像


そばは九割。
外一じゃなくて、内一のようです。
自分としては初体験。
トッピングはいろいろ。
納豆以外に、卵黄、花鰹、海苔、胡麻、青ねぎ。
ぶっかけ汁はもり汁に近い濃い汁でした。
盛りだくさんのトッピングに濃い目の汁にもかからわず、やはり二八以上。
そばらしい風味は自ずと感じ取れるのでした。

画像


平日の昼でお客さんの入りは半分程度。
皆さん熟年層。
自分もか?
若いつもりだけど。(笑)

画像


花番は店主殿の娘さんかな。
「ご馳走様」と言って庭に出たら、わざわざ戸を開けて、「またよろしくお願いします」と声をかけてくれました。
ちょっと驚き。
どぶろっくの「もしかしてだけど〜♪」を思い出してしまいました。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10


武蔵野うどん派にも奨めたい うどん家一@所沢市小手指町

2016/07/19 22:45
カーステが壊れたので、イエローハットで新しいのに付け替えてもらいました。
ついでに念願のドラレコも。
最近、無謀運転の自転車にヒヤリとさせられることが多々有り、気休めかもしれないけど、無いよりマシかなと、いっしょに付けてもらいました。

画像

           撮り終える前に箸を立てるITw


取り付け所要時間は約2時間。
店内待ちには長過ぎます。
そこで歩いて近所のうどん家一(かず)さんでお昼を食べることにしました。
讃岐系の店です。
最近そばよりうどんが多くなってます。(笑)

前回はあまり大きくないテーブル(奥の間の)に8人相席でうんざりでしたが、今回は2人がけのテーブルに座れました。
いつもの連れ(IT)と2人です。

画像


季節メニューの“冷しデゴイチ”というのが良さそう。
デゴイチはもちろんD51で、向かいの公園に本物のD51が展示してあることに因んだメニュー名です。
冷しは季節物ですが、“デゴイチ”というのが定番メニューにあります。

もう一品はやはり季節メニューで“肉煮干しつけうどん”にしました。
これも定番に普通の肉汁の設定があるので、そのバリエーションですね。

他に天ぷらを2つ。
季節物の“夏ごぼうのかき揚げ”とかしわサクサク天。
後者は以前食べて大いに気に入った逸品です。

画像


先に出てきたのは肉煮干し。
うどんはお店のスタンダードの太打ち。
いかにも讃岐のつるつるぷるんとした食感。
やや柔らかめかも。

画像


つけ汁も、濃口を使った武蔵野風ではなく、いかにも讃岐っぽい色です。
煮干しが強烈に効いています。
讃岐というより、今風ラーメンに近い感じ。
具は標準的な肉と長ねぎの他に玉ねぎと三つ葉。
味の方は、塩気が薄く、出汁が強い。
肉汁も讃岐屋さんにかかると、ここまでデフォルメできるのかあ、と感じ入ってしまいました。

画像

               ビューティフォー!


デゴイチは冷かけです。
うどんは細打ち。
肉汁のうどんよりかなり細いですが、冷たいお出しのせいで、よく締まっています。
こっちの方がうどん自体は美味しいと思いました。
出汁は具が無い分、シンプルで清らかな味わい。

画像


薬味がいろいろ付いてました。
大根おろしに梅肉に青ねぎ。
梅肉が入ると夏を感じますね。

画像


特筆すべきは添え物のおかひじきの天ぷら。
味もさることながら、サクサクの食感が実に快感です。
卓上に塩が2種類置いてあるので、汁に浸けるより、塩で食べると良いでしょう。

画像

               鶏っぽくない?


別注の天ぷら。
かしわはもも肉を細長くカットして揚げたもので、細い分サクサクしてます。
どうもこちらのお店はサクサクにこだわっておられるようですね。
自分はその方針を支持したいと思います。
美味しいです。
かき揚げも良い。
ごぼうをごく細にカットしているので、ライトな感じに仕上がってます。
技術を感じますね。

画像


今回は非の打ち処が無いなあ。
どれも美味しかった。
ただ美味しいだけじゃなくて、2種類のうどんの使い分け、食材のカットの仕方、盛り付け方、どれも技術力を感じます。
器や調度といった周辺の物もけっして高級というわけでしゃいですけど、趣味が良くて、そこはかとなく洗練を感じます。
行列が出来るのも当然でしょう。
自分の好みにピッタリではないですが、評価せざるをえないお店です。
ご馳走様。

食べ終わっても、まだまだ2時間には程遠いので、電車で所沢へ。
抹茶ステーションでデザート代わりに小倉抹茶ソフトクリームを食べました。

画像


ついでに書くと、新しいカーステは快調、テクノロジーの進歩を体感しています。
ドラレコの方は、幸いなことに、まだ出番はありません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10


コテコテの武蔵野うどん 根古坂@小平市小川町

2016/07/16 23:09
割と新しい武蔵野うどんのお店。
5年めかな。
新しいけどコテコテです。
小麦地帯の家庭料理というコンセプトを前面に出しています。
そういうの好き。(笑)

画像


今回は2度目の訪問になります。
忘れかけてたお店ですが、ひめはるぜみさんのレビューを拝読して、かなり進化してるらしいと知って、再訪問してみました。

結果は……

開店は11時半。
2分前に到着すると、ご主人が店頭の掃き掃除をしていらっしゃいました。
念のため駐車スペースを尋ねると、前回(3年前)と変わっていませんでした。
お店の斜め向かいの4台駐車場のうちの2台分です。
他にも敷地内のカーポートにも停められるようです。

画像


自宅改造型の店舗で、席数は少なく、カウンターが6席と壁際に小学校の机みたいな小テーブルが2つ。
初訪問の時は空調が効いてなくて、汗だくになったのを憶えてますが、今回は適温でした。

画像


武蔵野うどんですから、肉汁を食べないと。
糧(ゆで野菜)付きにしてもらいました。
天ぷらはちくわとやさいのかき揚げ。

他に“たらしもち”なるものを頼んでみました。
「昔の農家のおやつ」なんだそうです。
なるほど。
武蔵野うどんのお店らしくて良いかも。

画像


まず、おやつが出ました。
小麦粉にふすまを混ぜて、具無しお好み焼き風に焼いたものです。
子供の頃、母が焼いてくれましたっけ、こういうの。
自分も武蔵野の出身ですからね。
懐かしいです。
“たらしもち”という名前は初耳でしたが、実物は慣れ親しんだものでした。

画像


うどんは……あれっ?
3年前とあまり変わってないんじゃない。
え〜、どうして?
ひめはるぜみさんの画像では、地粉色のエッジが立ったストレートうどんで、いかにもキリっとした感じなのに。
それとはだいぶ印象が違います。
色の方はあくまで画像での比較ですから、発色の違いということもあるでしょうけど、エッジは?ストレートは?
食味の方はとてもオーソドックスな武蔵野うどんで、特に不満はありません。
小麦の香りがほんのり感じられ、コシとは微妙に違う、例の武蔵野うどん独特のミシッとした歯ごたえもあって、良いんだけど、でも、期待したのとは違うよなあ。
う〜ん、何だろう、これ?

画像


肉汁はあっさりした濃口醤油味で、クラシカル。
器が小さいので、アッと言う間に冷えてしまいます。
お店にによっては、かけうどんの器で汁を出すぐらい保温には気を使っているので、ちょっとで良いですから、改善していただけると、ますます評価が高まると思いますよ。

画像


天ぷらは奥さんの担当。
かき揚げは2つ。
けっこう食べ出あります。

画像


ちくわ天はこちらのお店で唯一非武蔵野的なお品。
焼いた練り物をさらに衣揚げって、考えてみれば、面白いですよね。(笑)

画像


今週は小平の“エダマメウイーク”だそうで、小鉢の枝豆が添えてありました。
「乾煎りして(と聞こえましたw)、出汁に浸けた」そうです。
なかなかやりますね。

画像


小鉢はもう一つ。
お漬物です。
自家製でしょう。
美味しいです。

画像


期待とは違いましたが、正統武蔵野うどんを食べられたことで、満足は小さくなかったです。
こちらのお店は関東UDONスタンプいラリーに参加されているそうで、スタンプの台紙をくれました。
参加店は全63店。
期限は8月末日。
以前から知ってるイベントですけど、北関東3県まで含めたラリーですからねえ。
「無理だよ。」
と、言っておきました。(笑)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6


揚げ物自由自在 うち津@渋谷区広尾

2016/07/14 21:37
ルーティーンの庵主とグルメ。

画像

                 火もまた涼し


前回に続き天ぷら屋さんです。
広尾のうち津さん。
店主は決してお若い方ではありませんが、スタイルとしてはニューウェーブでしょう。
銀座あたりの老舗天ぷら店とは一線を画すのではないでしょうか。
よく知らないけど。(^_^;)

画像


6時の約束で、時間ぴったりに現地に着いたのですが、お店の前を通り過ぎてしまい、5分程オーバー。
地図を再確認して戻ってくると、ご主人が道路まで出て待っていてくれました。
暑い中恐縮です。

画像


店舗は明治通りの南側。
道路から入ると、廊下を通って、正面に長大なカウンターが出現します。
カウンターの向こうにはこれまた長大な1枚ガラスの窓が。
窓の外にはご主人自慢の植栽が季節を演出。
窓の下には渋谷川。
川沿いの緑が借景になり、奥深い山のような気分です。
この景色だけでもずいぶんなご馳走です。
窓の写真だけで11枚も撮影してしまいました。(笑)

画像


とりあえずハイボール。
と言うのはウソで、ビールです。
恵比寿のお隣ですから銘柄はエビス。
この日はかなりの猛暑でした。
ビールが美味い。
日本酒を呑み始めてからも、2杯追加してしまいました。

画像


スターターはじゅんさいのヴィシソワーズ。
ポタージュです。
フレンチですよね。

画像


前菜風が続いて、つるむらさきのお浸しズワイ乗せ&ばふん雲丹の大葉巻き。

画像


いよいよメインで、まずは海老。
前菜でいただいた脚の持ち主ですね。
甘い。
ほんのりじゃなくて、はっきり甘いです。

画像


新銀杏。
この時期に銀杏です。
まだ若くて、青々としています。
銀杏特有の苦さは無し。
銀杏が苦手な人でもOKだそうです。

画像


天草の新仔。
先日の告膳さんの仕出しでは食べ損なったのでこれはうれしい。
サクッとして、ビールのおつまみ感覚です。
贅沢なおつまみですね。

画像


とうもろこし。
夏の味です。

画像

画像


鮎。
天ぷらにこだわらずに、骨はから揚げにしています。
味付けは自家製うるかで。

画像


このうるかは稚鮎の煮干を粉にして和えているそうで、普通のいかにも塩辛といううるかとはまったく違います。
そしてこのうるかは日本にピッタリ。

画像


日本酒は庵主にお任せ。
“雨後の月”をもらいました。
気に入ったので、同じものを何度もお代わりました。

画像


ここで、口直しのお造りです。
まぐろとこち。
こちは夏の魚ですね。
ハモじゃないけど、梅肉がよく合います。
まぐろは醤油系のタレで。
かなり甘くしたタレでした。

画像


佐島の姫小鯛。
脂が乗ってます。
準深海的な味。
尻尾も美味い。

画像


いんげん。
筏ですね。

画像


竹岡太刀魚。
太刀魚と言えば、ムニエル。
焼くより油で熱する方が良いみたいですね。
天たねとしても好適です。

画像


次は力作の花ズッキーニ。
まぐろの酒盗とモッツァレラチーズを挟んで揚げてあります。
自分の好きな葉物野菜が無かった中で、葉物に近い味わいだったので、大いに気に入りました。
酒盗とモッツァレラも違和感無し。

画像


竹岡鯵から揚げ。
これはねぎ醤油で。

画像

画像


鍋が出ました。
新ごぼうとはもの鍋。
甘めのお出しに新ごぼうのマッチング良し。
はもは練り物かと思えるような滑らかさ。
この日のベストだったかも。

画像


椎茸。
小ぶりだけど、肉厚。

画像


穴子も出ましたよ、ちゃんと。
塩すだちとねぎ醤油のツーウェイ。
ねぎは鴨頭ねぎ。
やっぱり月並みではありません。



さて〆です。
前回同様、あるものは全部食す大人食い。

画像


かき揚げ丼、

画像


かき揚げ茶漬け、

画像


かき揚げにゅう麺、

の3種類をいただきました。
メモには「出汁すごい」と書いてありますが、どうすごいのか思い出せません。(笑)

デザートは塩アイス。
濃厚です。
写真は失敗。


素晴らしいコースでした。
いかにも天ぷらという衣をたっぶり付けて蒸し揚げるタイプは思ったより少なめ。
から揚げないし準から揚げを多用しているのが印象的でした。
特に魚に。
たねの特性に合わせて、柔軟に使い分けしているのでしょう。
揚げ物自由自在。

画像


ご主人、トークがお上手です。
ホテルにお勤めだったそうで、語り口は、職人的と言うより、ホテルマン的かも。
喋りの方もプロフェッショナルでした。

画像


美味しい料理と素晴らしい景色と楽しいトークと。
幸せなひと時を過ごすことができました。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4


ルーティーン? 佳蕎庵@小平市小川町

2016/07/10 20:27
グルメか? ルーティーンか?
たぶん後者。

画像


6月は行けませんでした。
月に一度は佳蕎庵。
自分で自分に課したノルマなのに。

先月分の補填の意味で2人前食べよう。
というわけにもいかず、冷やかけを。

天ぷらはどうしようか。
いろいろ魅力的なのがあるけど。
やっぱり穴子かな。
ワンパターン。
ルーティーンだから。(笑)

画像


この季節、冷やかけは最高だね。
旨味に加えて、涼味も味わいたい。

画像


そばは高蜊ン来と北早生のブレンドですかね。
佳蕎さんでは二八が一番好き。
粗挽きも良いけど、1種類だけ食べるなら、二八でしょう。
この日も冷たい汁に浸って、よく引き締まった良い食感でした。

汁も節が効いて美味しい。
時々微妙に強過ぎるかなあと感じることもあるけど、この日は程良いレベルでした。

画像


天ぷらは対馬産の穴子の他、なす、かぼちゃ、きぬさや、おくら、ピーマン。
基本的に小平産で揃えているようです。
この日はかぼちゃの他は全部小平産。

画像

              小鉢はポテトサラダ


食べ終わって、涼に浸っていると、カレーの登場。
長野安曇野放牧豚とぎたろう軍鶏のガラのスープを使っているそうです。
贅沢ですね。
ライスは麦ご飯。

画像

              自家製らっきょうも美味い


この日は仕事が長引いて、夕飯が遅くなったので、このカレーが無かったらちょっと辛(つら)かったかも。
有り難いサービスメニューでした。

ご馳走様!
記事へナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6


続きを見る

トップへ

月別リンク

武蔵野そば/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる