武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS “所沢から東北へ” 喜九八@所沢市北原町

<<   作成日時 : 2018/03/12 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


あの日から7年。
今年も麺を生業にする男たち・女たちが東北支援のイベントを開催しました。
会場は所沢の製麺会社の見澤食品。
と言っても、見澤食品は会場提供だけのようで、主催は建家(ガレージ?)を借りて営業しているラーメン店の喜九八さん(*)と仲間たち。
我が佳蕎庵もメンバーです。
ふく花さんとコラボのそばを提供するというので行ってきました。

*喜は正式には七が三つの異体字ですが、ウェブリでは変換できませぬ。

画像


普段駐車場に使っているスペースにテントが張られて、模擬店が4、5軒出店してました。
メイン会場はガレージの中。

画像

画像

     
    奥の立ってる人たち↑↑がうどん教室参加者


喜九八さんの店舗で柴崎亭とよしかわのコラボらーめんの提供があり、普段は仕切られている奥のスペースで、体験手打ちうどん教室が開かれてました。
所沢のイメージマスコットのトコろんが来ていて、子供たちは大喜び。
J:COMの取材も来てました。
ケーブルテレビのニュースで映像が流されるんでしょう。
映りこんじゃったかな?

画像


庵主が、先週会った時に、「そばは前菜、ラーメンがメイン」と言っていたのを思い出し、まずそばから。
と思ったら、ラーメン人気が予想を上回ったか、「ラーメンが先に売り切れになりそうだから、先にラーメン食べて」と逆のことを言われました。
なるほど、かなりの行列です。
店舗の外まで列が伸びてました。

画像

画像


ラーメンは1杯500円。
単一メニューです。
あっさり醤油に中太ストレート麺の組み合わせ。
チャーシューはバラ肉ですが、脂っぽくなく、あっさり醤油にマッチしてます。
とても上品で、身も心も洗われるような味でした。

画像

画像


ラーメンが先なので、そばはデザート。w
珍しい塩出汁のぶっかけそばでした。
そばが庵主担当、他はふく花さん。
塩だれで食べるそばは初めてです。
トッピングは岩手イーハトーブ玉子のプリンと宮城のぎばさというネバネバ系の海藻。
そばは岩手と青森のブレンド。
見た目は地味ですけど、海を想わせるさわやかで美味しい1杯でした。

画像


ふく花さんと言えば、浜千鳥。
クルマだったので呑めませんでしたが、写真だけいただきました。
店員さんに空き瓶どうですか?と声をかけられました。
う〜ん……遠慮しておきましょう。w

画像

画像


模擬店は他に所沢産見澤牛の牛すじ煮込み、狭山茶詰め放題、綿アメ、つきたての丸もちなど。
おもちはいろいろな人がついてました。
あのコゲラさんの姿も。
残念ながら、イートインはきなこもちだけだったので、1袋持ち帰り用のを買い求めて、家でチンしておろし醤油で食べました。
つきたてではないけど、美味しかったです。

うどん教室も興味がありましたが、この時点で終了。
うどんはときに教わったので、その思い出を大事にしたいし。

画像


主催者の皆さん、お疲れ様でした。
毎年こうした催しを続けていらっしゃる心意気に敬意を表したく思います。
そしてご馳走様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大腹さんのFBでこの催しのことは知っていましたが、りうさんも行かれたのですね。
わざわざラーメンがなくなるからと声を掛けてくれる大腹さんとの関係も流石ですが、順序が逆になっても悪びれない大腹さんも面白いです♪
あれからもう7年が経つのですね。
セキュリティショーの最中に地震に遭遇して、バスで何時間も掛かって浜松町まで行って、その夜はちょうどセンチュリーハイアットで社員とデートだったので六本木まで歩いて行って、中華料理を食べてから竹芝のホテルまで歩いて帰ったら、ホテルが被災していて近くの中学校に避難してくれと言われたあの日を今でもはっきり覚えています。

2018/03/12 23:13
東北復興のイベントですか
なるほど、大盛況のようですね
ラーメンの麺は東北の小麦粉を使った自家製麺なのでしょうかね
澄んだスープとの相性も良さそうですね
低温調理っぽいチャーシューも実に美味しそうですね!
塩出汁のぶっかけそばはネバネバ系の海藻を合わせているんですね
どんな味か食べてみたいですね

残念ながらこのような復興に関するイベントは、自分のまわりでは全然見かけませんでしたよ・・・


ゆけむり
2018/03/13 19:01
いいなー、私は行けずで…、
来年は一緒に行きませんか?

っていうか、久しぶりにどこかに行きましょうよ〜(*^-^)
R
2018/03/13 19:53
達さん

行けないかと思ってたのですが、結局行けました。
庵主はさすが大腹というだけあって太っ腹です。w
庵主の機転のおかげでラーメンとそばの両方を食べることができました。
ラーメンもそばも派手さこそありませんが、穏やかな味で子供さんを含め、皆さんが美味しく食べられたんじゃないかと思います。
達さんも3.11は東京でしたか。
災難でしたね。
中学校への避難も社員さんとでしたか?
自分は幸い自宅の方向が同じ先輩にクルマで送ってもらえたので帰宅できましたが、多くの同僚がオフィスに泊まることを余儀なくされていたので後ろめたさを感じました。
りう
2018/03/13 22:35
ゆけむりさん

ラーメンの麺ですか?
確認できませんでした。
企画の柱は皆でいっしょに打ったうどんを東北の施設に贈るということ、そして各店の純利益を然るべきところに寄付するということのようです。
おそば屋さんは東北の食材を使ってますし、お酒も東北の蔵のものですから、それも支援になりますね。
ラーメンは“あっさり”で片付けては申し訳ないぐらいよくできたラーメンでした。
じっくり味わえば、滋味が口中に染み渡るというか。
表現難しいですけど。
そばの塩だれは普通のかえしみたいな動物系の風味があまり感じられない、変わった味わいでした。
昆布系?
こちらでも支援イベントは年々少なくなっているように感じます。
だからこそ続けている人たちが光りますね。
りう
2018/03/13 22:56
Rさん

ご無沙汰しています。
会場で知ってる人に会えるかなとちょっと期待したのですが、主催者側を除くと、どなたにも遭遇しませんでした。

そうですね。
行きたいですね。
どこかに。
りう
2018/03/13 23:00
りうさん、社員とは一緒に泊まっておりませんよ。清い仲ですから(笑)
りうさんは幸いなことに送って貰えたのですね。
あの夜はデートした社員も結局家に帰れず会社に泊まっそうです。
清い仲じゃなかったらホテルに泊めてあげたのに、残念なことをしました。

2018/04/07 11:10
達さん

早とちりでした。
ご一緒だったら書きませんよね。(笑)
りう
2018/04/07 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
“所沢から東北へ” 喜九八@所沢市北原町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる