武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS うどん三昧 笑乃讃@武蔵村山市三ツ藤

<<   作成日時 : 2018/02/07 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

イオンモールむさし村山併設のイオンシネマに行きたいといういつもの連れ(IT)を送っていったついでにうどんランチを食べてきました。
行き先はもちろんイオンモールのお向かいの笑乃讃です。

画像


笑乃讃は3年ぶり。
多少はメニュー変わった?
相変わらず寒いので、1杯は温かいのにしましょう。
温玉肉きのこが豪華そうで、良いかな?
もう1人前はうどん三昧。
ざる、肉汁、カレーの3ウェイでうどんを楽しむという趣向です。
天ぷらも頼みましょう。
舞茸天ハーフとかしわ天3個。

画像


お通しにいりこの天ぷらを供されます。
これは良いアイデアですね。
良いいりこを使っていて、立派なおつまみになります。
一品料理でも頼めると、ビールを呑む時には重宝すると思いますよ。

画像


頼まずとも、天先でした。
舞茸はハーフながらも食べ出あり。
でも、一口大にカットしてくれてるので有り難い。

画像


かしわ天、美味しいです。
ジューシーで、肉自体の味が濃い。
良いものを使っているようです。
おすすめです。

画像


うどんは温玉肉きのこから。
温玉と厚切り豚バラときのこに加えて、全メニューに共通らしい糧(かて=茹で野菜)がたっぷり。
栄養満点の温かうどんです。
汁がやや甘めなのが印象的。
でも、くどくはない甘さなので、OK。

画像


ややあって、三昧到着。
ボリュームに圧倒されました。
冷たいうどんが、ざるうどん用半人前と肉汁用半人前で、1人前。
カレーうどんが半人前で、合わせると、大盛り相当のうどん量です。
汁が2種類。
肉汁はけっこうな量があって、具もたっぷり。
それも卓を賑わします。
食べる前から満腹、なんちゃって。

画像

画像


良いうどんです。
惚れ惚れする。
“村山かてうどん”を名乗っているので、武蔵野うどんの一亜種と言って良いのかとも思いますが、微妙にトルネード的な盛り方は讃岐っぽい。
店名には“讃”の字が入ってますしね。
出汁にいりこを使っているらしいところも讃岐的です。
ハイブリッドと言うべきですかね。
なお、食感は武蔵野。
一反木綿も武蔵野的。

画像

画像


肉汁の肉は実に立派。
厚切りの豚バラなんですが、その厚みが3年前より増したような気がします。
この肉から良い味が出てるんでしょうね。
汁自体はやっぱり甘さが強いように感じました。

画像


ざるの汁は、何でしょうかね、2層構造のように見えます。
見た瞬間、油の層があるのかと思いました。
でも、油ではありません。
器の意匠?
まさかね。w
ビジュアルだけでなく、味も何だか謎めいてます。
自分の説明の能力を超えてます。
すみません。 

画像


カレーは、いわゆるおそば屋さんのカレーみたいな汁ではなく、カレールータイプ。
そこそこ辛味があります。
甘味も酸味もコクもある。
豊かな味わい。
肉は解れ切ってルーに溶け込んでますが、野菜はかて。
彩鮮やかです。

画像


総じて、うどんも具材の類もけちけちしないでふんだんに盛ってくれてるところがうれしいです。
しかも、量だけでなく、質もハイレベル。
スタッフのハツラツとした感じも好感が持てます。
人気があるのも頷けますね。
ご馳走様。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
KMです。

これは楽しめそうですね。
こういうの、大好きです。
私の田舎の武蔵村山ですが、もうほとんで行くことができません。
母のうどんで味を知った母も亡くなり、余計大事なものに見えます。
KM
2018/02/08 08:57
KMさん

むらやまかてうどんも進化しました。
昔の素朴な家庭料理に近いうどんを出すお店もありますので、新旧並立状態です。
旧のお店は地元で愛され、新しい方はネット情報の力で少し遠くからも食べに来るという住み分けがあるように思います。
KMさんが召し上がるとしたら、もちろん旧の方ですね。
りう
2018/02/10 09:42
随分楽しまれた様子ですね♪
こういうの僕は門外漢ですが、うどんの凄さはよく分ります
うどんの灰色が武蔵野(村山?)うどんであることを主張していますね。
肉汁を含めてボリュームもたっぷりで、なおかつ質がよいとなれば、りうさんの絶賛もよく分ります
いりこの天ぷらというのは面白いですね。

2018/02/12 13:40
達さん

うどんの活きの良さが画像からも伝わりましたか?
武蔵村山のうどん店はお互いに仲がよろしいようで、村山うどんの会というのを結成して、村山かてうどん(登録商標)の振興に努めているんですよ。
最近では武蔵野という地域性を越えて武蔵野うどんが広く普及していますが、郷土料理としてのうどんを大事にしているようです。
ここのうどんにはその誇りを感じます。
いりこの天ぷらみたいな新機軸もうまく調和させているところがすごいです。
りう
2018/02/12 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
うどん三昧 笑乃讃@武蔵村山市三ツ藤 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる