武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 年越しそばと年明けそばと 佳蕎庵@小平市小川町

<<   作成日時 : 2018/01/08 19:01   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

年越しそばと年明けそばはもちろん佳蕎庵。

画像

画像


年越しそばはお持ち帰りです。
予約制で10月(!)に予約しておいたものです。

画像


予約じゃない海老天の提供もありましたが、年越しそばは我が家ではご馳走をいっぱい食べた後の〆の位置付けですから、スルー。

画像

画像


シンプルにもりそばでいただきました。
やっぱりプロが茹でたのとは違います。
茹での技術も付加価値なんだなあと改めて感じました。
庵主は後からわざわざメールでそばの仕様を教えてくれたので、せっかくだから書いておきましょう。
「寝かした福井大野、京都信濃1号に新の常陸秋ブレンド」 だそうです。
マニアックです。w

画像


年明けは1月5日が最初の営業日。
開店前に到着して、2018年の1番客になりました。
特に変わった趣向は無かったので、ランチの天冨良セットを頼みました。
天ぷらは三陸産の牡蠣をチョイス。

画像


そばは設定の無い釜揚げを希望。
新人の花番ちゃん泣かせの客です。
どうも「かけ」と解して通したようなので、後でこっそり庵主に「釜揚げで」と伝えました。
ところが、こっそりのつもりだったのに、花番ちゃんはそのことに気付いてしまい、「すみませんでした」と謝りに来たんで、設定に無いワガママを言った負い目もあって、恐縮してしまいました。
それはさておき、そばは二八の北早生(だったかな)。
普段は感じ取れませんが、釜揚げだと、多少のつなぎ感はあります。
それもまた一興。

画像


こちらが食べ終わる頃を見計らって、2杯目を庵主自ら運んできてくれました。
今度は粗挽き。
強烈なそば感です。
そばの成分が微妙に溶け出してるわけですから、水で〆たそばより主張が強いのは当然でしょう。
食感は若干犠牲になりますが、それを補って余りあると思います。
特に、この冬のような寒い時は。

画像

画像


牡蠣はぷっくりと太った大粒。
美味しい。
野菜も良し。

画像


あ〜食った食ったと思ってたら、今度は女将さんが炊き込み御飯をおいて行ってくれました。
ちょっと盛りを控えめにしてくれてるところは、さすが常連客のツボを心得ています。

画像


無事に年を越し、そば始めも無事済ませられました。
これで万事平常です。
ご馳走様!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
KMです。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

やっぱり蕎麦がいいですね。
年越しそばは大体乾麺なんです。
我が家も寿司やさしみで満腹になってからですので、軽くしてます。
正月は市販のラーメンを食べます。
チャーシューだけはもも肉で作ります。

これも結構皆で楽しみにしてます。
KM
2018/01/09 20:30
KMさん

新年おめでとう存じます。

やはりそばの無い年越しは考えられません。
いろいろ食べた後の〆ですけど。
乾麺はかけや種物の時に使っています。
今日もにしんそばにして食べました。
チャーシューは自作ですか。
煮豚じゃなくて、焼くんですか?
大仕事ですね。

何はともあれ、今年もよろしくお願いします。
りう
2018/01/10 21:39
年越は恒例の予約持ち帰りの佳蕎庵製だったのですね。ヤッパリ自分で茹でると同じようにはいきませんね。
確かに年越しそばは素そばが一番似合います。
僕も東京に住んでいた時は素そばを食べていましたが、京都に住むようになってからは海老の天婦羅を乗せた掛けそばを好むようになりました。
そして初そばも佳蕎庵さんでしたか。
新人さんを教育してあげたのですか?(笑)
蕎麦の釜揚げは食べたことがないですが、いずれも特に懇意な定連さんに対する心配りが感じられるもてなしででしたね。
ところでFBで知ったのですが、月曜日に庵主殿は松本の木鶏で集まりがあって行かれたようですよ。
いまふくの夫婦も参加されたようで、ずいぶん大勢で気なん写真を撮っておられましたが、例によって庵主殿はかを全体をタオルで覆って覆面代わりにしておられたようですw

2018/01/10 23:31
達さん

達さんはホントに海老天そばがお好きですね。
自分も嫌いではありませんが、納得できる海老天そばにはなかなか巡り会えません。
美味しい海老天を出すお店は、別皿提供が多いです。
新しい花番さんが秋頃入ったみたいです。
朗らかで、感じの良い娘です。
隣のお客さんに誤った説明をしていたので、訂正してあげました。
出過ぎたことをしたように思えて、ちょっと後悔したのですが、素直に御礼を言われました。
釜揚げはそばの実力が試されると思います。
つながりの良くないそばでは耐えられませんから。
今が旬ですから、一度いかがですか?
いまふくさんあたりで。
庵主の写真嫌いは筋金入りですね。
たまに撮る機会がありますが、あぷうはできません。
りう
2018/01/11 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
年越しそばと年明けそばと 佳蕎庵@小平市小川町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる