武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴨抜き、焼き味噌、そば三昧 佳蕎庵@小平市小川町

<<   作成日時 : 2017/11/14 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

東国に帰還し、早速佳蕎庵へ。
とりあえず、いまふくさんへの紹介の労を取ってくれたことに御礼を言っておかないと。
お土産は原了の黒七味。

画像


その日は仕事の都合で営業時間に行けず、お勝手口から挨拶をしただけで撤退。
日を改めて今度は営業時間内に行きました。

画像

画像

画像


何だか無性に鴨抜きが食べたくなって、行く前にメールで注文。
鴨抜きでそば前とは我ながら粋です。
汁も完飲。

どうせなら、江戸風の粋で通しましょう。

画像

画像


焼き味噌と板わさを追加しました。

画像


お酒は「風の森をもらおうかな」と言ってみたのですが、庵主は聞き入れず、いつもと同じ「日本酒の味くらべ」にされてしまいました。
強引です。(笑)
第1ラウンドは十四代と鍋島2種。
最近、重量級の原酒を呑むことが多くなったので、かつては喜んで呑んでた鍋島もちょっとライトに感じるようになりました。

画像


お酒は第2ラウンドまで。
ここで風の森登場。
他に日高見2種。

画像


そばは「本日のそば」のボードに「横田小そば」が見えたので、ぜひ食べたい。
もう1枚、新そばの二八北早生もいただきましょう。
と思ったら、庵主は、あたかもプロ野球選手が「開幕にピークになるように調整している」と言うみたいに、「小そばは来週食べごろになるように調整してる」的なことを言って、にべもなく却下。
「じゃあ、粗挽きと二八で」


画像


二八は相変わらず美味い。
これだけで良いかも。
と思ってしまうぐらい。
庵主もわかってて、量多め。
有り難い。

画像


粗挽きは大野在来。
いまふくさんの粗挽きと心の中で比較。
庵主が師匠、いまふくさんが弟子の関係ですけど、師弟相譲らず。
両方とも粗挽きらしさを強調したような食べ応え充分のおそばです。
西のいまふく、東の佳蕎かな。

画像

画像


ここで終わらないのが庵主。
却下した小そばをちゃんとお味見させてくれました。
手挽きです。
庵主の手挽きはもしかして初めてかな。
玄ですが、いまふくさんの黒より洗練度高し。
一日の長というやつですかね。
これで3種食べくらべ。
結局三昧です。w

画像


蕎麦湯もしっかりいただいて。

画像


あゝ、食った食ったといつものように腹をさすってたら、
「まだ入るでしょ」
と差し出されたのは炊き込みご飯。
増田和牛入りとのことでした。
美味い!
空腹で食べたら、もっと美味しいであろうなあ。ww
(日本語おかしい?)

画像


満腹満足のそば屋酒。
ご馳走様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
  こんにちは。

 鴨抜き蕎麦前、焼きみそ、板わさ、おいしそうです。日本酒がいいですね。
これだけいただくと酔うかも・・。

 あらびきとに八蕎麦、いずれもおいしそう。
amefurashi 2899
2017/11/15 15:26
amefurashi 2899さん

江戸のおそば屋さん風のそば前をやってみました。
そばにはやっぱり日本酒です。
この日はビールは省略しました。
そばも文句無しでした。
りう
2017/11/15 22:22
早速華僑庵さんにお礼参りに行かれたのですね。
鴨、すごいですね。食べ応えがありそうです♪
二八も粗挽きも、こうしてりうさんのカメラをとおして拝見するといまふくとの違いは歴然としていますね。食感も柔らかさがあるように感じます。
華僑庵で常連になると、なかなか個人の意見は通りませんね

2017/11/16 15:50
達さん

ちゃんと電話を入れていてくれたのを知ったら、お礼を言いに行かざるを得ませんね。
庵主はいまふくさんのことをとても高く評価しています。
お互いに行き来してるのはまるで遠距離恋愛のようです。w
鴨はずいぶん分厚い切り身でした。
バランスを取るためには、葱も太いのを使った方が良いと思います。
できればちょっと焦がして。
なかなか面と向かって言えません。
佳境庵のそば三種は差別化がよく図られていて、落胆することがありません。
今回は珍しい手挽きが食べられたのが収穫でした。
庵主はおまかせが理想だと思ってるので、なかなか希望が通りません。(ウソ)
りう
2017/11/16 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
鴨抜き、焼き味噌、そば三昧 佳蕎庵@小平市小川町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる