武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉フェスだよw 手繰りや玄治@東村山市栄町  

<<   作成日時 : 2017/09/13 22:14   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6

肉フェスに行ってきました。
玄治さんの肉フェスは2回目です。

いつもの連れと夜に訪問。
週末は6時台になると満席で入れないので、早めに家を出て5時半に到着。

画像

        相手変われど、変わらぬ光景w

とりあえずビールで乾杯。

画像


お通しは玄治さんにしてはオーソドックスな煮物でした。

画像


つまみの方はビールに合いそうな「焼きとうもろこしのかき揚げ」から。

画像


彩にホップの天ぷらが乗ってました。
ビールのつまみにこれ以上合うものはないですね。
ちょっと塩を強めにふるのがポイントかな。

画像


肉フェスのメニューはこんな感じ。

画像

画像


まずはオリジナルという触れ込みにふさわしい「馬肉とキヌアのミルフィーユ」を頼んでみました。
馬肉は馬刺し。
キヌアは初めてですが、ちょっと粟に似た穀物ですね。
食感はいかにも澱粉的。
味付けはドレッシング風の酸味の効いたソース。
ユッケとかタルタルステーキに通じる料理と言って良いと思います。
女性向きであるような、そうでもないような。(笑)

画像


お酒は「店主の隠し酒」から金水晶を。
すっきりした甘口。
自分の好みにぴったりとは言えないですが、かなり近かったです。
なので、2合めも同じものを頼みました。

画像


国産とはいきませんが、松茸の季節です。
そばにするか、天ぷらにするか、それとも土瓶蒸しか。
そばより、つまみがほしい。
かき揚げを食べたので、土瓶蒸しにしよう。
と理詰でw選んで、土瓶蒸しに決定。

画像

画像


具だくさんです。
松茸の他に生麩、海老、かしわ、銀杏、三葉が入ってます。
お酒が進みます。

画像

画像


お肉をもうひと品。
牛タンメンチカツ行きましょう。
ゆずのジュレがけです。
ミンチにしても、タンはタン。
美味しいです。

画像


〆はどうする?
さんざん悩んで、たどり着いたのが、野菜天冷やがけとはな巻。

画像

画像


はな巻は他のお客さんが頼んでのを見て、猛烈に食べたくなりました。w
香を逃がさないように、蓋付きで出てきます。
これを開ける瞬間がはな巻最大の魅力です。
そう思っている人も多いことでしょう。
海苔の香ってこんなに素敵だったかしら!?
ってね。

画像


もちろん食べても美味しいです。

画像

画像


毎年紹介してますから、繰り返しになりますけど、玄治さんの冷やがけの特徴は出汁氷が乗ってること。
これのおかげで、つゆは冷え冷え、そばは締まり、出汁は強まる。
良いことばっかし。

画像


野菜天は8種だったかな?
大葉の背後にもいろいろ隠れてました。
彩が華やかなのはいつもの通り。
味わいも華やか。

画像

            女将さんの力作w


季節メニュを提供するお店はあまたありますが、これほどメリハリある組立をもって提案してくるお店はそうはお目にかかりません。
貴重な存在です。
隣町にこういうお店があることの幸せよ。
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
野生の勘が売り物のお騒がせ芸人がおりましたが、理詰めとはさすがですw
玄治さんの肉フェスですか?肉断ちの身には辛い読み物ですが、頑張って最後まで拝見しました(笑)
馬肉もタンのミンチカツも美味しそう♪
お蕎麦屋さんというより創作居酒屋と言ったメニューですね。
そうでありながらお蕎麦も美味しいというのがこちらの魅力なのでしょうと、勝手に想像しています。
花巻は海苔の盛り様が素敵です。これがはなまきって主張が凄いです。
天ぷらもそうですが、これだけ凝った品揃えなのに色彩がきれいなのには感心します


2017/09/14 00:21
キヌアですか?
恥ずかしながら初耳ですよ
馬肉は好きですが、粟のような穀物と聞くとう〜ん・・・

松茸の土瓶蒸しも素敵ですね
自分はこれほど日本酒と合う乙なものは無いと思っています

はな巻も美味しそうだし、出汁氷が乗っている冷やかけも芸が細かいですね!
ゆけむり
2017/09/14 21:38
達さん

ほとんどの場合は直感ですけど。(笑)
玄治さんは、おそば屋さんですから、定番の肉料理はありませんが、何故か限定で肉料理をやりますね。
今までもダチョウとかワニとかシカとかイノシシとか珍しいものを食べました。
カンガルーだけは食べ逃して悔しい想いをしました。
今回は食材の点ではそれほど奇を衒ったものはありませんが、ミルフィーユなど独創的なメニューを用意してくれてました。
定番のそばはブレがないのが良いです。
毎回違う佳蕎庵もそれはそれで良いですが、変わらないのも安心できて良いですね。
はな巻はシンプルで安いですけど、天ぷらそばなどと伍して負けない立派な種物だと思います。
天ぷらですけど、こまごまといろいろな野菜を揃えるもんだと感心します。
りう
2017/09/14 22:57
ゆけむりさん

キヌアは自分も検索してやっとわかりました。w
馬刺しと穀物と。
面白い発想ですね。

土瓶蒸しは抗し難い魅力がありますね。
食べると幸せを感じます。w

はな巻は落語の「時そば」に出てくるぐらいだから江戸時代からあるんでしょう。
歴史のあるメニューです。
出汁氷の冷やがけは平成のメニューかな?
新旧のご馳走に舌鼓でした。
りう
2017/09/14 23:01
肉フェス、心踊りますね〜(^^)
期間中に何とか駆けつけたいものです。
keiむさしの
2017/09/18 11:29
keiむさしの

コメント有り難うございます。
玄治さんはお肉が好きですよね。
2品しか食べませんでしたが、他も魅力的なものばかりでした。
ぜひ行ってみてください。
りう
2017/09/22 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
肉フェスだよw 手繰りや玄治@東村山市栄町   武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる