武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 自家栽培、自家製粉のうどん割烹 ちとせ@所沢市若松町

<<   作成日時 : 2017/03/08 22:44   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

航空公園の東側、県道56号沿いに位置するうどん割烹のお店です。
割烹ですから、並のうどん店とは規模が違います。
2階建てで、1階には、カウンター席、テーブル席の他、個室利用可能な座敷が3部屋とレストラン風の洋間が1部屋。
2階は宴会場(たぶん)。
2階へ上がるところは、ただの階段ではなく、ガラス戸付きの玄関のような構造になっていて、スリッパが30足ぐらい並べてあるのが見えましたから、収容力は相当なものでしょう。

画像


ランチメニューは割烹店の強みを活かしたセット物が主。
説明が面倒なので、↓ホワイトボード↓を見ていただきましょう。

画像


この日はいつもの連れ(IT)と2人。
ITはちらし寿司ランチ、自分はCランチにしました。
天ぷらも食べたくなって、仲居頭らしき店員さんに相談したら、さすが割烹、単なる盛合せ以外にもいろいろできるようで、あれこれ挙げてくれました。
その中から、ITの希望で“春野菜の天ぷら”を頼みました。
自分も野菜は好きだし。

公式サイトによると、こちらは小麦を自家栽培してるそうです。
市内に15000坪の畑を「確保」してるとか。
1万5千坪はすごくない?
しかも、お店の宣伝をするつもりはないですが、「当社独自の製粉工場で製粉」してるということです。
すごくない?

画像


ちらし寿司ランチの方は、名前の通り、寿司が主役。
ごく普通の寿司店の並クラスのちらしです。
量も質も。
これにフルサイズよりちょっと小さいぐらいのうどんが付くので、女性にはちょっと多いかも。

画像


うどんはたぬきかな?
他のランチがそうだから。
天かすとほうれん草がトッピングしてありました。
うどんは、どちらかと言うと、細め。
コシはあるけど、硬いわけではありません。
細い分、つるつるつると食べやすい。
よくできたうどんだと思います。
自家栽培と自家製粉に加えて、打つ方もこだわりがあるようです。
汁は江戸風でもなく、西日本風でもなく、かつおと昆布のハイブリッドかな。
色も中間的。

画像


肉汁ランチの方はうどんが主役。
こちらはうどんの特徴がより明確にわかります。
色はいかにも地粉っぽい褐色。
ノージングすると、小麦本来の香が感じられます。
ますます気に入りました。

画像


ただし肉汁は、具がたっぷりなのはけっこうですが、色も味も濃過ぎでは?
関西人じゃない自分もドン引き。
せっかくの小麦の風味を損なっているように思いました。
あくまで個人的な印象ですけどね。

画像


脇役の麦とろは素朴な味わい。
田舎料理の肉汁うどんと釣り合いが取れてます。
出汁はあまり感じられず、そこに物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが。
過剰な味の肉汁をちょっとかけると良いかも。
何て。(笑)

画像


天ぷらは、蕗の塔、たらの芽、うるい、うど、菜花だったかな。
最近あちこちで似たような天ぷらを食べてるので、記憶がこんがらがってます。
でも、画像を見るとそんなところじゃないかと思います。
割烹ですから、天ぷらはお手の物でしょう。
サクッと、美味しく揚がった天ぷらでした。

画像



地元ながら、“割烹”の2文字に腰が引けて、今まで敬遠してきた老舗のうどん店。
勇気を奮って(大袈裟w)、行ってみて良かったです。
ランチはお手頃価格だし。
うどん自体が美味しいので、セットじゃなくて、単品の大盛りにする方が良いかな。
肉汁を注文する際は、「薄めで」と言い添えることを忘れないようにしましょう。(笑)
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そちらにはうどん割烹という業種ジャンルがあるのですね。こちらでは最近そば居酒屋という言葉を聞くようになりましたがうどん割烹というのがあるとは知りませんでした。
りうさんが手抜きでUPされたホワイトボードを見た途端にCランチを選ばれたことはすぐ分かりましたよ
契約農家の合計が15000坪でも凄いのに自家栽培しているというのは本当にすごいですね(@_@)
うどんは適当なコシがあって如何にも美味しそうに見えますが、おつゆは確かに葱の色が変わるほど濃そうですね
しかし、春野菜の天ぷらはいいですねぇ。丹念ものの山菜はこれからが旬なのでしょうが、サクサクっとした揚げ具合が、如何にもといった春の山菜を感じさせますね。
こちらは市内ではまだあまり山菜は見掛けないので、そろそろ篠山に山菜そばを食べに行ってみたいです。
でも、このところ寒さがぶり返していて、一昨日は3月だというのに信楽で雪が降ったのですよ。
昨日お聞きして驚きました。お大事にして下さいね。

2017/03/09 21:35
達さん

うどん割烹はこちらでもあまり見かけません。
まして送迎用のバスまである大店はそうはないと思います。
外見に恐れをなして近づかなかったのですが、地元のうどん店はくまなく食べ歩くつもりでいるので、避けるわけにはいかないなあと思い切って行ってみました。
一人では心細いので、いつもの連れを道連れに。(笑)
そばの自家栽培は少数ながら取り組んでる意欲的なお店がありますが、小麦を自家栽培とは恐れ入りました。
自家製粉も、粒の大きさが格段に細かいので、自家製粉は普通は無理です。
それだけの手間をかけているだけあって、うどんは美味しいです。
もりうどんで食べるのが一番良いと思います。
次はそうしてみましょう。
うどんが良いだけに、肉汁は残念です。
まさか天は二物を与えずじゃないでしょうが。
天ぷらは、この季節、どこでも山菜や春野菜の盛り合わせが主役ですね。
若い葉物の天ぷらは大好物です。
西日本はこの冬は雪が多かったようですね。
山菜の芽吹きも遅れているのでしょうか。
もう少しの辛抱ですね。
> お大事に
有り難うございます。
片方だけ急激に衰えたので、医者も首を捻ってました。
目は片目だし、眼帯が邪魔で眼鏡をかけられないので、パソコンを操作するのも一苦労です。
でも、順調なら、来週には平常の生活に戻れるので、外食やお酒も復活です。
りう
2017/03/09 22:15
福岡でちょいと最近流行りのうどんを食べてきましたが、武蔵野うどんを(あっ、あくまでも自己流ですが)知ってしまったので感激はありませんでした
こちらはつけ汁が濃すぎとの事ですが、店名が割烹となっている割にはえっ?って感じですね(~_~;)
ゆけむり
2017/03/12 09:44
ゆけむりさん

福岡の流行りのうどんですか。
ラーメン文化の街でどんなうどんが支持を受けているのか、興味深いですね。
後で検索してみましょう。
ゆけむりさんが感激されなかったのは、活イカ始め、美味しいものをたくさん召し上がったからではありませんか?(笑)
つけ汁は驚きの濃さでした。
何か考えがあってのことなら、その考えを聞いてみたいです。
りう
2017/03/12 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
自家栽培、自家製粉のうどん割烹 ちとせ@所沢市若松町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる