テーマ:

長瀞でジビエ料理を 千葉亭@長瀞町井戸

たまにはちょっと遠出を。 人出の多いところは避けて、地味なところに行ってきました。 長瀞の宝登山。 一応冬の蝋梅が有名ですが、一部の埼玉人しか知らないような観光スポットです。 思った通りと言うか、人出が少な過ぎて、寂しいぐらいでした。 山頂近くの宝登山神社奥宮は自分と連れを含めて4人。 お詣りして、お札を授かって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野菜とジビエのお店 ベジビエ@軽井沢町軽井沢東

ベジタブルとジビエでベジビエ。 ベジタブルが主で、ジビエが従なのかな。 逆だったら、ジビタブルかな? 都会の雑踏を逃れて、春まだ遠い軽井沢に行ってきました。 前夜からの雪が積もっていて、景色も空気も完全に冬。 温かい物が食べたい。 検索したら、こちらが猪鍋をやってるとわかったので、入ってみました。 でも、鍋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いつもの3軒――ロンドンB級グルメ

実質初日の2日目の夜は学生時代から通っている North Sea Fish Rasutaurant へ。 ちょっと知られたフィッシュ&チップスのお店です。 ただし、フィッシュ&チップスというメニュー名はありません。 日本のお寿司屋さんに「お寿司」というメニューが無いのと同じです。 ここを心得ておかないと、注文で戸惑うことにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

微妙な時期にイギリスへ

平均して毎年1回渡航しているイギリス。          中国便はすべてキャンセル 手配をしたのは昨年12月です。 ブレグジット直後の様子を見るのも一興などとお気楽に考えていたのですが、新型コロナウイルスの問題で、一気に緊張を強いられる情勢になってしまいました。 今回はANA利用。 よほどのことが無い限…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪食べ納め 平九郎茶屋@飯能市長沢

div style="text-align: center;"> 飯能の吾野から越生に通じる往還は近世以前から開けていたようで、古刹有り、観光名所有り、したがってまた旅人相手の茶屋も有りと、いささか地味ながらも奥武蔵のツーリストアトラクションになっています。 中でも有名なのはかの源義経が奥州に逃れる際に絶景を前に何度も振り返っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宿願の小倉肉(肉)うどん 細川@北九州市小倉北区

ぐーたりさんの紹介記事を拝読して、もうすぐ10年。 やっとのことで、宿願の小倉肉うどんを食すことができました。 小倉を訪れたのは2日目の朝。 ホテルの朝食はパス。 チェックアウト後、直行しました。 小倉駅に着いたのは10時過ぎ。 もっと早くしたかったのですが、ふぐのお店とくじらのお店で飲んだ後、さらにホテルの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

“美しきロビイスト” くじら館@下関市豊前田町

下関は大洋漁業(現マルハニチロ)や日本水産の創業の地。 現在の下関はふぐ一色ですが、かつてはくじらの街でもありました。 市は今もくじらを下関5大ブランドの一つに位置付けていて、公式サイトには“くじらの街”というページがあるぐらいです。 1980年代後半に商業捕鯨が停止になって以後、くじら食文化は大半の日本人には縁の薄いもの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ふぐの町への一人旅 三枡@下関市竹崎町/他

下関に行ってきました。 故あって、6月の福岡遠征の時と同様、新幹線を利用しました。 朝7時前に家を出て、目的地到着は午後2時過ぎ。 長旅です。 お昼は当然車中を想定。 「旅の窓辺の 想い出は ふたりで開いたシウマイの ひとつひとつの 物語・・・」 グランスタをうろついていて、崎陽軒のブースが視界に入ったら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨のち霧のち曇り、最後にちょっとだけ晴れだった河口湖

先月に続き、河口湖に行ってきました。 今度は2泊3日。 団体旅行でしたが、割に自由度が高くて、お昼は勝手に好きなお店に行って食べました。 初日のランチは吉田のうどん。 たけ川というお店で食べました。 河口湖町では一番有名な"吉田のうどん"のお店です。 訪問するのは今度で3回目。 武蔵野うどんに似た太くて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

40年ぶりの日光湯元

日光に行ってきました。 日光は小学校の林間学校以来、4回めになります。 そのうち3回は湯元に宿を取り、うち2回の宿は湯元板屋。 板屋さんに最初に泊ったのは、昭和56年のGW。 亡き父母との3人旅でした。 昭和57年の火災で焼失する直前のことです。 当時の建物は昭和初期に建てられた古い木造3階建てで、規模は違いますが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新レンズ試し撮り いし川@あきる野市二宮

メインのカメラは6年前から使っています。 画質はそんなに悪くないと思うのですが、もう少し奥行きのある写真を撮りたいと思い、レンズを替えてみました。 新しいのは50mmの短焦点。 まずは試し撮りです。 KMさん亡き後、唯一のラー友になってしまった土屋さんとあきる野のラーメン店、いし川さんに行ってきました。 いし川さん(の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生涯初の食堂車 誕生祝② “52席の至福”(西武鉄道)

西武鉄道が2016年4月に始めた“52席の至福”。 (以下、“至福”と略しますw) 4両編成の特別車両に52席のテーブル席を設え、和洋のコース料理を提供するという食堂車の旅です。 西武は“旅するレストラン”と銘打ってます。 誕生日企画第2弾として、いつもの連れ(IT)と2人で乗ってきました。 至福にはブランチとディナー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

これが本気の本ソーキ! 初めての沖縄④

人気の沖縄そば店の田そばさんに行ってきました。 トッピングの豚が大きいので有名なお店です。 それだけで行列店にはならないでしょうから、きっと麺やスープも美味しいんだろうと推測しまして。 アクセスはそれほど良いわけではなく、ゆいレールの市立病院前駅から徒歩10分弱。 商業地区ではなく、住宅地に立地しています。 開店の10…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沖縄そば事情 初めての沖縄③

「沖縄そばの事情」ではなく、「沖縄の和そば事情」です。w すばや(すばやー?)さんを出て夜の街を歩き始めたら、男に呼び止められました。 ソープの客引きでした。 「地元? 本土の人?」 遊んでいきませんか?というお誘いです。 面倒なので、 「地元!」 と言ってお引き取り願いました。 どうも地元と間違えられま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沖縄定番グルメ 初めての沖縄②

朝食はホテルでは食べずに、外へ。 知られざる沖縄の庶民の味、ちゃんぽんを食べるのが目的。 ホテル近くの三笠という定食屋さんに行きました。 久米店の方です。 ホテル挟んでもう1軒、松山店というのもありましたが、画像で比較したら、久米の方が自分の好みに合ってそうだったから。 ちゃんぽんというのは麺料理ではなく、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地元民に間違われた3日間(´・ω・`) 初めての沖縄①

梅雨の明けた沖縄に行ってきました。 動き回ったのは那覇と宜野湾だけですが。 到着したのは金曜の夕方。 人気店はどこも混むだろうな。 と思って、ホテルにチェックイン後、急いで街に出ました。 できれば観光客が少ない、地元の人の集うお店に行きたかったけど、ネット検索ではわからないですよね。 仕方なく、某グルメサ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中洲、天神、ご当地グルメ

福岡に行ってきました。 いつもは博多周辺に宿を取るのですが、今回の宿は天神。 地の利を活かして、天神、中州でご当地グルメを堪能してきました。 真っ先に訪問したのは、元祖活いかの店を名乗る河太郎本店。 ここだけは事前に予約をしてから行きました。 今は旬と言って良いグッドタイミング。 期待が膨らみます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

前橋のガッツリ系おそば屋さん 山人(やまと)@前橋市問屋町

私的な用事で前橋に行ってきました。 事前に検索をしたのですが、心躍るような食事処は発見できず。 訪問先と比較的近いおそば屋さんということで、こちらのお店をナビに登録して出発。 用事が思ったより長引いて、お店に着いたのは13時を大きく過ぎた頃でした。 店内はアイドルタイムに入ってのんびりムード。 カウンター代わりの長大な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

英国のデジャビュの如き滞在記

イギリスに行ってきました。 ブレグジットを巡り、歴史的な大混乱に陥っているイギリスですが、グルメ・ブログですから、基本的にお食事のことしか書きません。 泊ったのは常宿のメリア。 ちょっと前に話題になったハノイのメリアは高級ホテルらしいですが、自分が利用しているのは中級。 身の丈に合ったホテルです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本五大銘飯 二葉@小川町大塚

二日目は往路と同じルートを意図的に避け、脇道を通って、東秩父村に移動。 まずは彩の国ふれあい牧場に行きました。 県営の秩父高原牧場に併設されている観光施設です。 秩父側からのルートはお世辞にも良いとは言えず、すれ違い不可能な狭い山道をかなり長い時間走らないと辿り着けません。 『ポツンと一軒家』みたいだなあとこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

記憶に残る居心地良い宿 宮本家@小鹿野町長留

降りしきる雨の中、次に向かったのは、道の駅皆野。 お土産を仕入れました。 猪肉がありましたが、量の割に良いお値段で、ちょっと手が出ませんでした。 ともあれ、これで長瀞に次ぐ2町めの制覇です。w 次はいよいよ秩父市内です。 まずは、秩父錦と双璧とされる秩父の銘酒、武甲政宗の蔵元へ。 ここの店舗は国の文化財に登録…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

時差ボケのまま草津へ。

ロンドンから帰って、一休み。 玉響さん再訪は翌日のこと。 さらにその翌日、時差ボケも抜け切らぬまま、草津(群馬の方ですw)へ行ってきました。 これも一応出張。 仕事だからしょうがないけど、きつかった。 運転中に寝落ちしそうになりました。                  高原の朝w 宿泊先は温泉宿ではなく、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ロンドン、その他あれこれ

ラーメンも食べました。 ロンドンは博多系が強いようです。 一風堂は3店舗も出店してるみたいです。 それから昇龍。 これは日本のチェーンですかね? やはり博多系です。 国籍不明ですが、ロンドンではメジャーのようです。 犬も歩けば昇龍に当たると言いたくなるぐらい、あちこちで見かけました。 入っ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

伝統のパイ料理店、食べ比べ。

ロンドンに来たら、日本では食べられないイギリス料理を食べておきたい。 その筆頭はパイでしょう。 日本ではパイ=スイーツのイメージが強くて、ミート系のパイを提供してるのはごく限られた専門店だけです。 アイリッシュパブなどに行っても、たいていパイはありません。 そこで「ロンドン パイ」で検索して、近場のお店に行ってみることに…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ロンドン最古の北インド料理店

こちらも名店にして、自分がひいきにしているお店です。 通算2年半のロンドン生活で訪れた断トツベストのカレー屋さんです。 今回は1人だし、中華で凝りて、カレー1品にピローライスしか頼みませんでしたが、スルーしたくないです。 味は保証します。 行ってください。 お店の回し者ではないですよ。w ロンドンのイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロンドンの日曜日:サンデー・ロースト

その昔、イギリスの日曜日は“dull and dreary”だと評した本がありますが、今もそれは概ね当てはまります。 特に午前中はひどい。 有名なストリートにも人影無く、それに面した大手のデパートも扉を閉ざして沈黙です。 日本では考えられない光景です。 そんな「物憂く、殺風景な」イギリスの日曜日で、唯一の救いは「サン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

9月1日にリアル避難

学生時代からのお馴染みのノース・シー・フィッシュにも行きました。 イギリス名物フィッシュ&チップスの名店です。 F&Cは、そもそも大衆料理ですから、名店と言っても、格式ばったところは微塵も無く、お客さんのほとんどは近所の常連さんたち。 皆さん、普段着でくつろいでる感じです。                   …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロンドンの中華街。

ロンドンに行くと必ず足を運ぶ中華街。 今回も行ってきました。 例によってJoy King Lauです。 中華街のメインストリートのお店(の店頭のメニュー)を覗いて周ったのですが、自分の好みにこの店以上に合うお店は見つかりませんでした。 どうも日本人の嗜好にピッタリのお店のようです。 2階席の壁には浮世絵がずらり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロンドンの朝

10日ほど、ロンドンに行ってきました。 2年ぶり、12回目になります。 朝はホテルのバイキング。 昼と夜は、その日の状況で、お店で食べたり、コンビニのサンドイッチとかで済ませたり。 いたって地味な食生活でありました。                   狭い!        朝食用カジュアルレストラン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ランチセット 蕎麦の実よしむら@京都市下京区

3日目のお昼は烏丸五条のそばの実よしむらに行きました。 2度目の訪問です。 初訪問は3年前。 達さんと夜の部に行って、三昧しました。 “活はも落とし”や北京ダックを模したような“そば皮包み”等を肴に京の地酒で大いに盛り上がったものでした。 その記憶が頭の片隅にあったので、今回も良い思いができるかなと期待したんですが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more