アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中華」のブログ記事

みんなの「中華」ブログ


辛いけど、美味しいw しょうらい亭北野店@所沢市小手指南

2018/11/09 23:20
以前から何度となくお店の前を行き来しながら、タンタン麺に興味がないので、今までスルーしてきたお店です。
出先で汗をかく作業をした帰りに、「今日は汗かきついでだ」と初入店してみました。

画像


ネット情報では北野店となっていますが、どこかに本店がある様子もないので、今は独立店のようです。
間違ってたら、ゴメンナサイです。
店舗はファミレスチックなロードサイド系。
築年数は相当いってそう。

画像


3週間近く咳が止まらずに外食を控えていたいつもの連れ(IT)と久しぶりに2人でのランチ。
何を食べようか?
メニューが豊富で目移りしました。
タンタン麺だけでも6種類。
ラーメンが9種類。
餃子が8種類。
他にご飯物も。
変わったところでは、“スパイシーげん骨唐揚げ”なんていうのもあって、そそられます。

画像


タンタン麺は外せないですね。
もう1人前は正体不明の“四川料理人のまかない麺”にしました。
げん骨をサイドに頼もうとしたのですが、かなり辛いということだったので、恐れをなし、“青葱たっぷりのせ餃子”にしました。

画像


タンタン麺はいろいろなバリエーションがあるのに、ITが選んだのはシンプルなタンタン麺。
メニューには“手作り芝麻醤と自家製辣油で作る当店のフラッグシップ担々麺”と書いてありますが、トッピングがほぼもやしだけという至って地味〜なタンタン麺です。
辛さは“ノーマル”を標準に“マイルド”と“本格的”を選べるようになっていて、特に指定しなかったので、たぶんノーマル。
だからでしょうが、辣油由来の辛味を芝麻醤由来の胡麻ダレ味がマイルドにしていて、尖がった感じは無く、食べやすい味に仕上がってました。
でも、辛味を求める人には物足りないかも。

画像

          (まかない麺の方の画像ですがw)


麺は自家製?
どこにも書いてないので、製麺所から仕入れてるのかな?
極標準的な太さの縮れ麺です。
多少のことではへたれそうにない、やや低加水の引き締まった麺でした。
辛い系のタンタン麺はラーメンより食べ切るのに要する時間が長くなるでしょうから、そこに配慮した麺なんでしょう。
妥当な麺と思いました。

画像


他方、まかない麺の方はかなりの激辛。
支払いの時に訊いたら、タンタン麺の“本格的”に近いチューニングだそうです。
辛さのレベルが高いだけではなく、旨味のレベルも高かったです。
タンタン麺よりははるかに旨味のレベルが高かった。
正規のメニューよりまかないを美味しくしてどうする!
と思いましたね。w
よく行く、あらはたさんの辛口カルビラーメンの旨味と似ていました。
ということは、唐辛子の旨味なんでしょうか??
貝の出汁にもちょっと似た美味い成分なんですけどね。
辛さに弱い自分は汗だくになりましたが、あまりに美味しいので、スープもけっこう飲んじゃいました。
麺はたぶん同じなんで、省略。
トッピングはご覧の通り、青葱主体。

画像


餃子はポン酢的なあまいタレがかかっていて、ちょっと予想と違いました。
何でも辛い系ではないようです。
餃子自体は普通に美味しい餃子でした。
強烈なまかなり麺を食べながらだと、印象が薄くならざるをえないですね。
はい。

画像


期待以上の満足度でした。
再訪アリですね。
2人で行くなら、まかない麺と未食の麺。
1人なら、まかない麺プラス何か一品。
それと、こちらだけじゃなく、今まで避けてた辛い系のお店も行ってみたくなりました。
記事へナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4


京都紀行の締め括りは 華琳国分寺駅店@国分寺市南町

2018/07/09 22:08
画像


夜は地元近くまで帰ってきてから。
国分寺の駅ビルに入ってる中華屋さんです。
国分寺は乗換駅で、荷物抱えて駅から出たくなかったんでね。
こちらはニュートーキョーの出店。
と書くと何だかなあという気になりますが、捨てたもんじゃないですよ。
安く済ませたい接待(笑)で個室を使ったりしますしね。
本ブログでの紹介記事は2度目になります。

画像


遅い時間で、ガラガラでした。
バイトのお兄さんお姉さんが暇に飽かして愛をささやいてるような時間帯。w

画像


空きっ腹だけど、遅いし、軽めに。
いつも同じ画像で恐縮ですが、生で乾杯。

画像


前菜は自分の好みでピータン豆腐。
これ大好きです。
でも、好きな人(女子)があまりいないので哀しい。
たいてい自分だけで食べてます。
いつもの連れ(IT)も、いらん言うてました。

画像

画像


軽めにしましょう。
メイン的なのはマイブーム(死語w)の黒酢酢豚。
正式名称、“十和田湖高原ポーク桃豚と季節野菜の黒酢あんかけ”。
これ、なかなか美味いです。
見た感じもグッド。

画像

画像


餃子もね。
洗練されたマイルドな餃子です。
女性が安心して食べられるような。

画像


紹興酒いきましょう。
ほとんど自分ひとりで呑みました。w

画像

画像


〆はタンメン。
最近、国分寺の地域興しで“コクベジ”というキャンペーンを市内のあちこちでやってます。
地野菜を食べましょうという運動です。
野菜をフィーチャーしてまして、動物質はナシ。

画像


ちょっと心配しましたが、なかなか侮れない味わいでした。
普通のタンメンと同列には語れませんが、抑制気味の塩加減で野菜の味が引き立っていて、これが美味い。
スープ完飲でした。

本格中華というより和風アレンジの中華ですけど、ミドルクラスの中華屋さんとしてお奨めできると思いますよ。
この秋も接待で使おうかと思ってます。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4


いつの間にやら6周年 獅門酒楼@横浜中華街

2018/05/29 22:32
今日で6周年だそうです。
BIGLOBEからのメールで知りました。
佳蕎さんのそばに感動して始めたこのブログ。
6周年も佳蕎庵で飾れれば理想でしたが、微妙にズレちゃいました。w

画像


さて、今日の記事は横浜中華街訪問記です。
毎回未訪問のお店を開拓してまして、今回の訪問先は“獅門酒楼”。
店頭の看板には中国料理としか書いてませんが、シーフードが充実していて、たぶん横浜中華街の主流である広東系じゃないかと思います。

画像


このお店を選んだのは、他店に無いユニークな料理が食べられるから。
連れがワイン好きのクリスだったので、ワインを置いているということも理由の一つ。
結局、ワインは頼みませんでしたけどね。

画像


まずは乾杯。
自分は生。
ビールNGのクリスは何やら中国酒のソーダ割みたいのを頼んでました。
写真は失敗。
今回は失敗じゃない写真も、あんまり写りが良くなくて、ガッカリです。

画像


前菜は5種盛り合わせを頼みました。
ハーフです。
これは特に褒めるところはありませんでした。
チャーシューなんか、パサパサだったし。

画像

画像


前菜もう一品は、お店の看板料理の一つ“活鮑の焼きパイ”。
これは納得の美味しさでした。
トコブシじゃないのかというぐらい可愛らしい鮑でしたが、味わいは上々。
パイがまた美味しい。
チーズを使ってる?
クリーミーとさえ言えるようなリッチなパイでありました。
お奨めです。

画像


次が問題。
大問題。
これも看板料理の“活酔払い海老の湯引き”。
テーブルに置かれて直ぐに、「わー、動いてるぅ」などと浮かれて蓋を取ったのが大失敗。
「これは動画だよねえ」と言いつつ、撮影してると、一匹が急に暴れ出して、ガラスの器の外へ。
慌てて拾い上げるクリス。
追跡して撮影してたら、次々に暴れ出す海老の皆さん。
あっと言う間に、全部飛び出してしまいました。
酔払いと言うように、お酒の中に浸かってる海老さん達です。
酒を蹴散らしての大騒動。
その飛沫たるや、信じられないほどの量と飛距離です。
自分から向かって左隣は壁だったのでセーフでしたが、右は空席の隣席を飛び越えて、その先の席のお客さんにまで飛散してしまいました。
「申し訳ありません」とお客さんに謝るりう。
「蓋を開けちゃダメよぉ」と駆けつける店員。
たぶん、フロアの全店員。
「そんなこと言わなかったじゃない」とむくれるクリス。
「まあ、良い思い出になったんじゃない?」とフォローになってないようなフォローに努めるりう。
もうどうにでもなれ、という気持ちでありました。
飛び散った酒を拭き取るのに、一体何枚のおしぼりを使ったやら。
もちろん、途中で撮影は止めました。
もし全部撮り切って動画サイトに上げたらウケたかなあと、今になってみるとちょっと残念。ww

画像

              茹でられてしまったの…


気を取り直して。

画像

画像


肉はダメかなあと、続けて魚介系を頼みました。
“ソフトシェルの香港漁師風炒め”
脱皮直後の柔らかい蟹の料理です。
油壷のシーボニアでも食べましたっけ。
炒め物ですけど、一般的な炒め物とは趣が違って、パン粉みたいなサラサラの粒の中に埋もれて出てきます。
時期的に上海蟹は無理ですから、その代わりにと思って頼んだ一品。
食べやすいし、それなりに蟹らしい味を楽しめたので、自分としてはOK。
クリスはどう思ったか。
永遠の謎であります。

画像


と言うのは嘘で、明らかにご機嫌ナナメ。
何か頼んだらと言うと、超無難なものばかり頼み始めました。
ますは青菜炒め。
この日は青梗菜と椎茸。
この種の野菜炒めとしてはすごく美味しかったです。

画像


それと、あろうことか酸辣湯を注文。
麺じゃないですよ。
スープ。
コースの終わりに差し掛かってのスープ。
店員さんも「えっ?」みたいな反応でした。
暑い日なのにね。

画像


お酒は亀出し紹興酒を2合×3だったか。
いつもの2人の三分の一以下のアルコール摂取量。

と言うわけで、どうも順調とは言い難いお食事会と相成りました。
店を出て、いつものように手を握ると、約5秒で「終了!」と手を引っ込めるクリス。
マジで不興を買ってしまったようです。
おそらく、自分達が立ち去った後のお店では、店員さん達が「あの二人はうまくいかないあるよ」かなんか言ってたんでしょうねえ。
リベンジしなきゃ。
記事へナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4


通年冷やし中華 なにや@小平市学園西町

2018/05/21 00:04
前記事で週1と書きましたが、今週は週2になりました。
暑くなったらぜひと思っていたなにやさんの冷やし中華を食べてきました。

画像


こちらの冷やし中華は通年提供のようです。
前回12月に訪問した時もメニューが貼ってありましたから。
なので、このお店には「冷やし中華はじめました」という夏の風物詩と言える例の貼紙は無いということになります。w

画像


お値段は1800円。
ほとんどの定番メニューは1000円未満なので、破格と言えます。

画像


トッピングはそれなりに豪華。
ただ、850円の中国麺(ラーメン?)の2倍以上のバリューがあると思うかと問われると、う〜ん、どうなんでしょう。。。
肩ロースのチャーシュー3枚、燻玉ハーフ、青梗菜、玉子焼き、海藻3種、胡瓜、海月、宮崎マンゴー、人参。
店主殿によると、「鰻を乗せる時もある」んだそうです。
季節的にもうちょっと先のことでしょうね、きっと。

画像


マンゴーは1個数千円のブランド物ということで、わざわざ使いかけのを見せてくれました。
撮影は遠慮しときましたけど。w

画像


麺は自慢の翡翠麺。
柔らかいけど、弾力性があります。

汁はちょっと甘め。
酸味は控えめ。

画像

画像


前回同様、餃子も頼みました。
1人なので最小単位の2個。
デカいので、2個でも十分。
もっちもちの皮と野菜の甘味が良い。

画像


実はこちらのお店には、夏限定(だと思われる)メニューもあるにはあるんです。
要予約で時価。
一度挑戦してみたいですね。
店主殿の話では、たけしの番組で紹介されたせいで、それを食べに「全国からお客さんが来る」んだとか。
対応しきれないので迷惑みたいなことを言っておられました。
いつのことだか知りませんが、それも一時のことでしょう。
8月頃はどうかなと思ってます。w

画像


ご馳走様。
記事へ驚いた ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6


所沢のおすすめ中華 寒舎@所沢市北所沢町

2018/01/28 09:06
上海料理のお店です。
つい最近、地元のケーブルテレビの番組で紹介されてるのを見て、行ってみたくなりました。
画面で見た黒酢酢豚がすごく美味しそうだったから。

久しぶりにいつもの連れ(IT)といっしょです。
中華は1人より2人、2人より3人ですからね。

画像


訪問したのはランチタイムですが、ランチメニューは無視して、黒酢酢豚を。
他に鉄鍋焼き餃子と海鮮五目焼きそばと寒舎特製かけご飯も。

画像


餃子から出てきました。
混んでましたが、あまり待たされません。
頼んだのは小で棒餃子が5本です。

画像


皮が厚くてモチッとしてます。
肉はバラ肉を包丁で刻んでるのか、手作りっぽさを感じました。
美味しい餃子です。
ITも気に入ったようでした。

画像

画像

            ひっくり返すと…w


そして、期待の黒酢酢豚。
肉は角切りじゃなくて、厚切りにしたバラ肉の衣揚げ。
野菜は玉ねぎがちょっとだけ。
黒酢あんのかけっぷりは豪快無比。
見慣れた野菜たっぷりの酢豚とはエラい違いですが、どうやらこっちの方が本場の酢豚に近いようです。
豚はサクサク、あんは甘味控えめ旨味たっぷり。
美味い。
生涯最高の酢豚かも。

画像


海鮮五目は、ビジュアル的にはしょぼいですが、食味はまずまず。
ソースや醤油は、使っているとしても、隠し味レベルで、基本は塩と鶏がら出汁か。
麺はかなりの太麺で自分好み。
うれしいことに、好きなタイプです。

画像


特製かけご飯はあんかけチャーハンですね。
チャーハンをカルデラ状に成形して、あんはご飯に直接かけずに、カルデラ湖風に真ん中に盛り付けてあります。
感心したのは、あんに混ぜ込んだ食材を賽の目に大にカットしてあること。
丁寧な仕事ぶりを感じます。
食べる時は、取り皿にまずチャーハンを盛って、その上にあんをかけるわけですから、結局は普通のあんかけチャーハンになるのですが、料理は見た目も大事ですからね。
評価したいです。

画像


食後にはドリンクサービス。
ランチセット以外にも付くようです。

画像


4品頼んで、お支払い5千円弱で、ハズレ無し。
ランチセットの競争力についてはわかりませんが、それなりの価格帯の料理を比較したら、市内の中華レストランでは相当上位に位置していると思います。
また行きたいお店です。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2


中国宮廷麺 なにや@小平市学園西町

2017/12/18 07:33
3度目の訪問。
最後に訪問してから6年になりますから、本ブログでは初レビューです。

画像


明、清時代の中国麺である翡翠麺を再現しているというのが謳い文句。
緑色の美しい麺です。
ほうれん草を練り込んでいるようですが、正確なところはわかりません。
鹹水を使ってないそうなので、ラーメンと言えるかどうかは微妙。
でも、ラーメンのつもり食べてまったく違和感ありません。

画像


メニューはいろいろ。
トッピングが賑やかなのが特徴かな。
麺にこだわる割には、麺が見えないほどトッピングしてあります。
デフォルトは中国麺。
他店のラーメンに相当するものでしょう。
それとて、メニュー写真を見る限り、かなり豪華です。

画像


いつもの連れ(IT)と2人でワンタン麺と豚角煮麺を頼んでみました。
それと、これもお店自慢の「手打三色大餃子」を3個。

画像

画像


まず餃子から。
大と言うだけあって、デカイです。
三色の赤は人参、緑はほうれん草でも混ぜてるんでしょうか?
皮はもちっとして美味しい。
餡もたっぷり。
野菜率がけっこう高くて、野菜の甘味がよく出ています。
肉だけたくさん入ってるより、食感も味も良いんじゃないでしょうか。
これはこのお店に来たら、絶対食べるべきでしょう。
食べ出があるので、2人で3個で不足を感じませんでした。

画像

画像


ワンタン麺のワンタンも餡がたっぷり。
他店のワンタンの倍はありそうです。
トッピングは、ワンタンの他、チャーシュー、メンマ、青梗菜、キクラゲ、刻み昆布、煮玉子、人参。

画像


チャーシューは厚切りのが3枚。
柔らかくてなかなか美味しいチャーシューです。

画像


翡翠麺は太打ちの縮れ麺。
加水は多めかな。
コシがあるというタイプではないですが、しっかりしていて、最後の1本までだれた感じはしませんでした。
鹹水を使ってないせいか、やっぱり食感的にはちょっとうどんに似ているかもしれません。
それと、翡翠色の所以である野菜の影響ですが、青臭さは特に感じませんでした。

画像


スープは醤油ベース。
出汁は鶏メインでしょうね。
他にもいろいろ使ってると思います。
滑らかな味わいです。
特徴的なのは微妙な甘さ。
砂糖は和三盆糖を使ってるそうで、その味なんでしょう。
麺とのマッチングは良いと思います。

画像

画像


豚角煮麺の方はトッピングの違いだけ。
角煮はごく柔らかく煮込んでありますが、元々の肉質のせいか、赤身部分はちょっとバサつきがあるように思いました。
食味的にはチャーシューの方が上でしょう。

画像


麺は並盛りで190g。
多めですね。
それに豪華トッピング。
餃子もデカイ。
腹一杯になりました。
味のバランス、濃さもごく妥当ですからね、満足感は大きいです。

画像


お客さんの年齢層はかなり高いように見受けられました。
女性率も高い。
リピーター率も高そう。
医食同源の訴求力でしょうね。
自分も今度は6年も間を開けすに来ることにしましょう。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4


絶景のブース席 天外天(掬水亭)@所沢市山口

2017/12/03 22:03
多摩湖畔に立つ中華割烹旅館掬水亭のレストラン、天外天に行ってきました。
「繊細かつ斬新な」中華料理と最上階からのレイクビューが売りのレストランです。

画像


連れは第三の女wめぐ。
前の週が誕生日だったので、お祝いを兼ねた会食です。

画像


席はレイクビューが満喫できるブース席。
予約無しだとテーブル席になる可能性高いので、予約をしておきました。
予約は席のみで、料理はその場で相談。
自分としてはコースを考えていたのですが、意見が合わず、アラカルトで組み立てることになりました。

画像


とりあえず、ビールで乾杯。
めぐはエビス生、自分はハーフ&ハーフ。

画像


前菜は選択の余地が無く、「三種冷菜盛り合わせ」。
これは失敗。
量が3人〜4人前で、多過ぎました。
注文を取りに来たのが外国の人らしいバイト嬢で、「少々多くなってございます」的な適切な助言は望むべくもありません。
とても愛らしい娘ではありますが。

画像

画像


この後、肉を食べたくないというめぐの意向でもっぱら魚介系で攻めることになりました。
まずは蟹肉入り卵焼き。
これはかなり美味しかったです。
天外天独特の薄めの塩加減が素材の味を活かしてる感じ。
めぐも気に入ったようでした。

画像

画像


次は海老料理。
正式名称は忘れたけど、レシートには「茶葉海老パウダー」という略称らしい記載があります。
特産の狭山茶を使ったメニューです。
お茶はほんの香り付けで、揚げ物ながら、油っぽさがあまりなく、上品にまとめた一品。
なるほど「繊細かつ斬新」だ。

画像

画像


そして、ふかひれの姿煮込み。
前回食べた記憶があったので頼んだのですが、「予約限定」と言われました。
でも、残念そうな顔を作ったら、件のバイト嬢が奥に訊きに行ってくれましてね。
結果OKということになりました。
バイトちゃんの評価です。

画像

画像


コースの1人前よりもずっと量が多いので、そろそろ満腹になってきました。
しかし、天外天のサラッとしたチャーハンを食べないわけにはいきません。
めぐも大丈夫というので、五目チャーハンを追加。
これも油使いが上手い。
しつこくないので、どんどん食べられます。
良かった。
めぐに薦めて、べたべただったら、面目が立たないですからね。

画像


デザートはめぐは要らないというので、自分だけ杏仁豆腐を。

同時にフロントに預けておいた花束登場、サービスの記念撮影と相成りました。
写真はもちろんめぐに。

お腹いっぱいです。
量もお値段も一番上のコースを上回りました。
予約時にコースを頼んでおけばなあ、とは後の祭り。

画像


腹ごなしに天外天から眺めた狭山公園を歩くことにしました。
多摩湖のダムサイトを利用した公園です。
桜の季節は賑わいますが、それ以外は静かな散歩スポット。
この日はまさに小春日和で、そぞろ歩きにはうってつけでした。
風もなく、空気も澄んでいて、心が落ち着きました。

画像


ダムの上の遊歩道からは新宿の高層ビル群もくっきり見えました。
初めてです。
こんなこと。
お天気に恵まれた一日でありました。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 6


満腹になりましたw 萬福飯店所沢店@所沢市日吉町

2017/11/01 07:40
同名のお店があちこちにあるのでチェーン店のようですが、公式サイトが見当たらず、正体は不明。
金萬福氏のお店だったりして。w
スタッフは皆さん本場のご出身のようでした。

画像


ゆけむりさんの焼きそば画像を拝見して、急に焼きそばが食べたくなりまして。
所沢駅周辺の中華を検索してみたところ、離宮のサイトにはに焼きそばの記載無し。
姉妹店の龍の子にもナシ。
獅子は最近行ったばかりだしなあ。
海の物と山の物ともつかないけれど、プロペ通りに店を構えてるんだからそれなりでしょう、きっと、と思ってこちらに入ってみました。
さて……

ランチメニューは定食系と刀削麺系があり、それぞれバリエーション多数。
刀削麺をフィーチャーしてるというのは珍しいですね。
他の系列店もそうなんでしょうか?

画像


焼きそばもありました。
刀削麺の焼きそばです。
しかも五目と海鮮の2種類。
それいただきましょう。
五目にしとこうかな。
セットでね。
セットにはスープ、半チャーハン、サラダ、ザーサイ、デザートが付きます。

画像


ボリュームに圧倒されました。
メインの焼きそばは25センチ径の皿にめいっぱい盛られています。
しかも、麺が見えないほどの具沢山。
セットにしなくても良かった。

画像


麺は中華麺というよりうどんみたいです。
もちもちしてます。
かん水は使ってるのかな?
腹持ち良さそう。
実際、腹持ちは超良かったです。

味付けは薄め。
気持ちもうちょっと濃い目の方が良いかも。
それとかなりオイリーでした。
量の問題じゃなくて、質の問題かもしれません。
つまり油っこく感じちゃう油。

画像


半チャーハンは具はほとんど無し。
意外と食べでアリ。

画像


サラダは大根サラダでした。

画像


スープは何でしょう?
玉子スープ+っていう感じ。
杏仁豆腐みたいなのも入ってました。

画像


ザーサイは鷹の爪でややピリ辛。
具の無いチャーハンには強い味方。

画像


選択を誤ったようです。
刀削麺なら、普通にスープに入ったのを選んだ方が良いでしょう。
焼きそばを食べるのなら、あんかけだとやっぱりオイリーでしょうから、このお店のメニュー名で「上海焼きそば」というのを選ぶべきでした。
帰ってきてから、いつもの連れ(IT)が「友達と入ったことある」というので、ビックリ。
以前は食べ放題だったみたいです。
なおビックリ。
ご馳走様。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6


冷麺という名の冷やし中華 獅子所沢ステーションビル店@所沢市くすのき台

2017/09/18 00:27
西武グループの中華料理店です。
かつては西武ドーム内にも店舗があって、それと区別するために「所沢ステーションビル店」という店名になってますが、ドーム店が数年前に閉店になって、今は区別する意味がなくなっています。

画像


夏の間ずっと気になっていた冷やし中華を食べてきました。
正式メニュー名は「獅子特製冷麺(リャンメン)」。
なんで気になっていたかと言うと、盛り方が変わってるから。
トップ画像の通りです。
器が四角で、麺とトッピングを別々に盛ってあるんです。
別々だから、トッピングとは言えないかもしれませんがね。
変わってるでしょう?
土井善晴先生が見たら、なんと仰るか。(笑)

画像


トッピングは種類多し。
海老、帆立、イカ、水菜、錦糸玉子、ハム、くらげ、茄子。
玉子とハムの間の緑の野菜は何だったのか、ちょっと判然としません。
山くらげの漬物かなあ。

画像


貼り紙メニューには「今年は特製醤油ダレで!」と書いてあります。
去年はごまダレだったんでしょうかね?
醤油だと割と普通の冷やし中華っていう感じです。

画像


麺はちょっと麺め。
大進食品ご謹製ですね、たぶん。

画像

画像


冷やし中華単品じゃ物足りないかなあと思い、小龍包も頼みました。
困った時の点心頼みです。w
これはスープこそ少なかったですけど、餡の味は良かったです。
何の香料を使っているのか、中華っぽさもちゃんと感じましたし。

画像


お支払いは株主優待で1割引。
約1400円でした。

画像


実は獅子の本領は四川料理。
麻婆豆腐が看板メニューです。
それをまだ食べてないので、涼しくなったら食べに来ましょう。
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4


使い勝手の良いお店 一楽@横浜市中区

2017/07/31 23:48
横浜に行ってきました。
今年3度目。

画像


連れは久しぶりのクリス。
二人で出かけるのは1年8ヶ月ぶりです。

画像


お食事はやっぱり中華街。
最近、少しずつ中華街のことが見えてくるようになりました。(ホントか?)
ここなら大丈夫だろうとアタリをつけて席のみ予約。
中華街大通りのほぼ真ん中に店を構える一楽。
老舗です。
ランク的には中堅かな。

画像


クリスは、ビールがダメなので、ハイボール。
自分だけビールで乾杯!

画像

画像


前菜はまずお店の看板メニューの炭火焼チャーシューから。
ちょっと赤みがかったところがいかにも本格中華っぽいですね。
脂身がほとんどないのですが、パサつきは全然無くて、しっとり。
味付けも穏やかで品があります。

画像


自分的にはピータンは欠かせません。
普通に美味しいピータンでした。

画像


クリスのチョイスで、丹沢もやしと黄ニラの炒めも。
これもお店のオススメみたいで、メニューの中で特別扱いになってました。
もやしなんてと思わなくもなかったですが、どうしてどうして。
感心しました。
チャーシュー同様、やや弱めの味付け。
なのに、旨味はしっかりあるんです。
上にも書いたように、横浜中華街は今年3度目、入ったお店は4軒ですが、一番レベル高いとこの時思いました。

画像

画像


お酒はクリスがさんざしハイボール、自分がドラゴンハイボール。
これは失敗でした。
美味しいと思う人もいるのかもしれませんが、自分の口にはまるで合いませんでした。
他方、さんざしの方は女性向けカクテルとして十分通用する味(だと思います)。

画像


点心も何か。
クリスが選んだのはショーロンポー。
見栄えはしなかったですが、スープはたっぷり。
小にしてはちょっと大きくて、蓮華からはみ出してしまい、食べにくかったのがちょっと残念。

メイン的なものはマーボー豆腐と海鮮三種の自家製XO醤炒め。

画像


マーボーはクリスの希望。
広東風スタイルと四川スタイルが選べて、無難に広東にしました。
汗かくの嫌だから。
結果、かなり甘口でありました。w

画像


海鮮はエビ、イカ、ホタテ。
これも、他の料理と同様、醤が程良くて、やさしいお味。
良いですねえ。

画像


ここで紹興酒に。
佳蕎さんみたいに3種味くらべもできましたが、そこまでは良いかなあと、カメ出し5年と10年ものの貴酒をもらいました。
お燗でね。

画像


改めて乾杯!
自分は「うん、やっぱり10年は違うなあ」と思いましたが、クリスはカメ出しが気に入ったようでした。

画像


クリスの意向を忖度して、カメ出しをフルボトルで追加。
砂糖ももらいました。
10年だったら、砂糖無しでも良かったんですけど。

画像


料理をもう1品。
薄切り豚肉の四川辛味ソースがけ。
バラ肉ですね。
ちょっと脂っこかったですけど、辛味ソースが思ったほどは辛くなく、むしろ甘味もあって、やっぱり美味しかったです。
どうもこちらのお店の味付けは自分の好みにちょうど合っているようです。

画像


遊びで白酒のショットを頼みました。
お酒の正確な名前は、記録し忘れたので、わかりません。
50度オーバーにもかかわらず、アルコールの刺激はさほどなく、熟した感じの呑み口でした。
でも、強い。
1杯がイイところでしょう。

画像


〆に炭水化物を。
自分の提案でふかひれあんかけチャーハンにしました。
ここまで来ると、味付けの予想ができました。
思った通りの上品な味。
ふかひれスープによくある味ですけどね。
クリスは「お腹いっぱい」なので、大部分自分が食べたのですが、もういくらでも食べられちゃいます。
あえて難を言えば、ふかひれよりカニの方が多かったこと。
お値段がお値段ですから、しょうがないけど。

画像


そうだ、使い勝手について一言書いておかないと。
見出しに書いたんだから。
ここは量が選べるんですよ。
全部のメニューじゃないですがね。
名物のチャーシューは3段階。
お客本位を感じました。
美味しいだけじゃなく、そういうところも評価したい。
良い店に当たりましたよ。
やはり中華街を見る目ができていたようです。(・_*)\ペチっ
これで中華街ツウを自称できるかな?(。。)☆\バキ
ご馳走様。
記事へナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 7


タイトル 日 時
中華街に行ったら皮付き叉焼! 同発本店@横浜市中区
中華街に行ったら皮付き叉焼! 同発本店@横浜市中区 夕食も中華街で。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/05/16 21:13
名物豚脚麺 徳記@横浜市中区
名物豚脚麺 徳記@横浜市中区 池波正太郎の『散歩のとき何か食べたくなって』に登場する老舗。 「手打ちの、腰のつよいそばが、いまも食べられる」と書いてあります。 その「いま」は1976年。 半世紀前です。 21世紀の「今」も食べられるかな? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/14 01:02
2度目は居酒屋利用で 笑顔(ニコ)@東村山市栄町
2度目は居酒屋利用で 笑顔(ニコ)@東村山市栄町 先月、下見した中華屋さんです。 お酒とつまみが充実しているので、居酒屋利用が可能。 今回はいつもの連れ(IT)と呑みに行ってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/09 18:50
ちょっと下見のつもりで(^^) 笑顔(にこ)@東村山市栄町
ちょっと下見のつもりで(^^) 笑顔(にこ)@東村山市栄町 二郎友転じてうどん友の pinmama さんが精力的に紹介されている久米川の中華屋さんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/07 22:01
八景島と中華街 海南飯店@横浜市中区
八景島と中華街 海南飯店@横浜市中区 いつもの連れ(IT)と2人で横浜に行ってきました。 ゆっくり出かけて、午後釣りをして、帰りに中華街で食事をするというプランです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/03 00:22
ちょっとオシャレな餃子屋さん 野方餃子@東京都中野区野方
ちょっとオシャレな餃子屋さん 野方餃子@東京都中野区野方 西武沿線のお店を検索していて見つけたお店。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/13 00:35
ちゃんぽん食べ比べ
ちゃんぽん食べ比べ 年末年始は図らずもちゃんぽんを食べる機会が2回ありました。 目指して出かけたわけではないですが、結果はそこそこオーライ。 スルーするのも惜しいので、2軒いっしょにレビューしますね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/09 21:54
B級中華二態 ぎょうざの満州所沢東口店&菜香園@武蔵小金井
B級中華二態 ぎょうざの満州所沢東口店&菜香園@武蔵小金井 記事にするにはどうかと思いつつ、没にする踏ん切りもつかず、保存してるデータから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/17 23:02
意外にガッツリ系 プリンセスライラ@国分寺市本町(2016.3.14)
意外にガッツリ系 プリンセスライラ@国分寺市本町(2016.3.14) 接待にも使える本格的な中華レストランです。 刀削麺が食べたくて訪れたのですが、料理長が変わったか、メニューから消えてました。 今度の料理長は声がよく通る人で、厨房で交わされている中国のお国言葉がよく聞こえてきました。 なんだかとても本格的っぽい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/25 00:18
“社長定食” 離宮@所沢市住吉町(2016.1.27)
“社長定食” 離宮@所沢市住吉町(2016.1.27) 地元では有名な中華料理店です。 西武王国のお膝元、所沢駅周辺で唯一のホテルであるパークホテルのレストランです。 (お膝元にはプリンスホテルはありませんw) 過去2回記事にした龍の子はこちらの姉妹店。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/01/28 21:55
3割うまい!? ぎょうざの満州所沢東口店@所沢市くすのき台(2015.12.15)
3割うまい!? ぎょうざの満州所沢東口店@所沢市くすのき台(2015.12.15) 所沢の2大外食チェーンの1つ。 本店は新所沢。 ローカルな業者でしたが、最近は大阪にも5軒出店するなど、事業を拡張しているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/18 07:55
お手軽四川料理 龍の子@所沢市日吉町(2015.10.10昼)
お手軽四川料理 龍の子@所沢市日吉町(2015.10.10昼) 今日は所沢祭。 昨日も山車が出たり、飲食店が店頭でビールや串物を販売したりで、既にお祭ムード。 いつもの連れ(IT)と出かけたついでに、プロペ通り周辺でランチを食べることにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/11 15:01
カジュアルな中華レストラン 摩亜魯王洞@府中市若松町(2015.7.13昼)
カジュアルな中華レストラン 摩亜魯王洞@府中市若松町(2015.7.13昼) ホテルマロウドイン東京内のレストランです。 東京と名乗ってますが、都心ではなく、京王線東府中駅の駅前にあります。 義父がよく使っていたそうで、義父の仏前に参った後、家族5人で行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/14 18:27
活気溢れる庶民派中華屋さん 龍の子@所沢市日吉町(2015.5.5昼)
活気溢れる庶民派中華屋さん 龍の子@所沢市日吉町(2015.5.5昼) 地元民の根強い支持を集めている坦々麺のお店。 暑がり、汗かきの自分はずっと敬遠してきましたが、昨年初訪問して、好印象を持ちました。 初訪時は写真撮影に失敗し、モチベーションが著しく低下したため、記事にはしていません。 なので、本ブログ初登場です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 1 / コメント 6

2015/05/06 21:41
中華のフルコース 天外天(掬水亭)@所沢市山口(2015.4.23夜)
中華のフルコース 天外天(掬水亭)@所沢市山口(2015.4.23夜) 掬水亭は西武グループが手掛けるホテルの1つ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/26 00:05
フカヒレ麺>フカヒレご飯 凜華@所沢市山口(2015.3.4昼)
フカヒレ麺>フカヒレご飯 凜華@所沢市山口(2015.3.4昼) 住宅街の小さな中華屋さん。 赤い暖簾を出している町の中華屋さんとは一味も二味も違います。 2度目の訪問になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/03/07 18:38
本場の?大衆中華 餃子市@所沢市緑町(2015.2.14昼)
本場の?大衆中華 餃子市@所沢市緑町(2015.2.14昼) バレンタインデー・ランチ。 なんて全然意識しないで、連れと2人、適当に入れるところに入ろうということで入ったお店。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/02/17 18:59
神田レトロ スイートポーヅ@千代田区神田神保町(2015.1.30昼)
神田レトロ スイートポーヅ@千代田区神田神保町(2015.1.30昼) 30年ぶりの再訪です。 昔とまったく変わらぬ佇まい。 懐かしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/02 00:21
住宅街の隠れ家中華 凜華@所沢市山口(2014.8.12訪問)
住宅街の隠れ家中華 凜華@所沢市山口(2014.8.12訪問) 近場ながら初訪問。 所沢の中心街から遠く離れた住宅街にひっそりと建っている小さなお店です。 今検索して知ったのですが、某グルメサイトでは市内の中料理店で一番評価が高いようです。 へえ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/08/14 00:24
駅ビルの中華屋さん 華琳@国分寺市南町(2013.10.26訪問)
駅ビルの中華屋さん 華琳@国分寺市南町(2013.10.26訪問) 国分寺には中華屋さんがけっこうたくさんあって、個性的な良いお店も少なくありません。 そんな中で、こちらは妙に個性的ではなく、万人向きの無難なお店。 自分としては、料理に惹かれてというより、使い勝手の良い個室が有るので、小人数で密談をしたい時などに使っております。 あと、接待しなきゃいけないけど、あんまりお金かけたくない相手の時とか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/27 17:32
たまには肉食男子 金陵@横浜市中区(2013.8.11訪問)
たまには肉食男子 金陵@横浜市中区(2013.8.11訪問) 横浜中華街のチャーシュー専門店です。 中華街に数あるお店でもチャーシュー専門店は珍しいのではないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 8

2013/08/18 09:21
冷し中華食べ始めました プリンセスライラ@国分寺市本町(2013.7.16訪問)
冷し中華食べ始めました プリンセスライラ@国分寺市本町(2013.7.16訪問) 国分寺ではトップクラスの中華レストランだと思います。 中国からのお客さんを接待した時に使ったことも有ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/19 22:42

トップへ | みんなの「中華」ブログ

武蔵野そば+ 中華のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる