“Fruit flies like wine” 久呂無木@所沢市西所沢(2014.5.29訪問)

埼玉西部では五指に入る実力店だと思います。
個人的には三指に入ると言いたいですが、そんな日本語は無いですね。
散髪に出たついでに、ちょっと足を延ばして行ってきました。
画像

目当ては天丼。
前回訪問した時に、そばとミニ天丼のランチを食べたところ、天丼がすごく美味しかったので、フルサイズを食べたくなりました
画像

ま、しかし、いきなり天丼では物足りないので、まず一杯。
一番高~い“醸し人九平次”なる愛知のお酒を注文。
どっかで呑んだこと有るんですが、どこでだかは忘れました。
赤ワインをモチーフにしたお酒でそうです。
でも見た目は白ワイン。
なるほどフルーティー。
とてもフルーティー。
それが災いを招くとは、呑み始めた時は知るよしもありませんでした。
画像

お通しは、オーソドックスなそば味噌。
けっこうですな。
自分も保守的な男なので、こういうのは好きです。

酒肴は夜の部だけとメニューに書いてあるので、頼まず。
でも、後できょろきょろしたら、何やら肴をつまんでるお客さんがいるではないですか。
損した気分です。

ゆっくりと美味しいお酒を楽しんでたら、Jesus Christ!
いつの間にか、小バエが表面に浮いてます。
まだ5勺は残ってるのに。
がっくし。
Time flies like an arrow, fruit flies like a banana.
という英語のダジャレを連想させられる状況です。
見てると癪に障るので、女将さんにすぐに下げてもらいました。

カウンター越しに、店主殿に天丼を頼むと、聞き返されました。
そばを絡めず、単品でフルサイズを頼む客はよほど希なんでしょう。
画像

やっぱり美味しかったです、天丼。
カリッと揚がってて、サクッとした歯応えで、そばつゆで作ったタレがキリッとした味で、黒胡椒がピリッと効いて、実に美味しい。
彩りも良い。
作り手のセンスを物語るたねの選択です。

自分はこちらの店主を尊敬しています。
技術が優れているだけでなく、そば職人としての哲学のようなものを感じます。
言葉を交わしたのはほんのわずかですが、そういうものを滲ませる会話でした。

せっかくの昼酒を小バエに妨げられたのは残念ですが、食べる方は満足のいく訪問となりました。
ご馳走様。

"“Fruit flies like wine” 久呂無木@所沢市西所沢(2014.5.29訪問)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント