オリジナル土筆つけそばを作ってみた

長瀞からの帰路、秩父の道の駅で生のそばとうどんのセットを購入。


black.jpg

            半分使用後に撮影w


翌日、近所の草原で土筆がたくさん生えてるのを発見。


IMG_1065 - コピー.JPG

IMG_1068 - コピー.JPG

少し摘んで帰り、軽く炒めてそばのつけ汁に入れてみました。
つけ汁は温かくしたのがポイント。


IMG_1029 - コピー.JPG

IMG_1027 - コピー.JPG

自画自賛ですが、なかなかイケました。
土筆のほろ苦さは、蕗の薹にも似て、いかにも春らしい。
来春も忘れなかったら、また摘みに行ってこよう。


IMG_0455 - コピー.JPG

       所沢の街中で見事な土筆の群落を発見!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ゆらり人
2021年03月31日 15:12
私もこの前、土手で見つけて取りましたが食べ方が分からず、横で摘んでられた方に上げました。
早くりうさんの記事を読めばよかった。
父や母が生きていれば田舎育ちですから喜んで作ってくれたかもです。
でもそばつゆに合うのは初めて知りました、もう一度試してみますね。
りう
2021年03月31日 21:35
ゆらり人さんも土筆を摘まれましたか。
土筆は主役になれないですけど、天ぷらとか煮物に使ったり、お浸しにしたりといろいろな食べ方が可能です。
そばのつけ汁はレシピ無しのまさに自己流でしたが、たまたまうまくいきました。
もう一度やっても、同じ味になるかどうか。w
2021年04月05日 22:09
つくし! こちらでも路傍に見かけますが、下ごしらえが面倒でもう何年も食していないです💦
昨日がんばってフキをあく抜きし煮ましたが・・・
ふきやつくしなど、春の山菜のほろ苦さは、冬の厳しさを繰り返し知る大人の味かもしれませんね。
りう
2021年04月06日 22:02
みやさん

土筆に限らず、野草は下処理に一手間かかりますね。
あく抜きしたり、下茹でしたり。
土筆ははかまを取るのも面倒です。
でも、その甲斐あって味わい深いおつゆが出来ました。

みやさんはふき料理を作られたんですね。
自分は今シーズンはまだ蕗の薹しか食べてません。
本体のふきの方もそろそろ旬ですね。