長瀞でジビエ料理を 千葉亭@長瀞町井戸

たまにはちょっと遠出を。
人出の多いところは避けて、地味なところに行ってきました。
長瀞の宝登山。
一応冬の蝋梅が有名ですが、一部の埼玉人しか知らないような観光スポットです。


IMG_0964 - コピー.JPG

思った通りと言うか、人出が少な過ぎて、寂しいぐらいでした。
山頂近くの宝登山神社奥宮は自分と連れを含めて4人。
お詣りして、お札を授かっている間に他の2人の姿は見えなくなり、自分達だけに。
風がまったく無く、鳥の声も聞こえず、漂う空気は幽にして玄。
神域というものをこれほど意識したのは初めてでした。
ちょっと怖いぐらい。


IMG_0967 - コピー.JPG

長瀞は桜もけっこう有名。
観桜スポットがそこかしこにあります。
特に秩父鉄道の東側の北桜通りは桜のトンネルが2キロ半も続いていて圧巻。
でも、自分は、人工的な植栽の桜より、まだ新緑が萌え出る前の枯れ色の山に、山桜の淡い桜色がぽつぽつと浮かぶ光景の方に惹かれます。
写真に撮ると、その良さが伝わりませんが。

食事もせっかくですから、秩父路らしいものを。
千葉亭というジビエ専門店に寄りました。
埼玉の山奥でライバル県の名を店名にしているとはイイ度胸です。
と思って謂れを尋ねたら、「苗字です」というお答え。
でしょうね。w


IMG_1010 - コピー.JPG

大きなお店でした。
敷地も広い。
遠目にはちょっと大きな民宿みたいな感じ。


IMG_0983 - コピー.JPG

内部の調度がまた豪華。
その独特なテイストを誰もが受け容れられるかどうかは微妙ですが、安っぽさが微塵も無いことは確か。


IMG_0988 - コピー.JPG

驚いたことに大きなストーブを焚いていました。
やはり山国です。

席数は数え切れないぐらい。
お座敷に家族連れがいましたが、広い広いテーブルエリアは貸し切り。
時間が2時過ぎということもあったからかな。
宝登山神社奥宮同様、三密の真逆でした。


IMG_0985 - コピー.JPG

メニューは豊富。
スタンダードな猪や鹿の他にうさぎ肉も。
鍋や焼肉だけでなく、ハンバーグやソーセージ、丼物もありました。
ま、しかし、スタンダードなのが良いかな。
うさぎは、飼ってるだけに、どうもね。
ぼたん鍋と猪の味噌焼のセットを注文しました。

お値段はけっこうリーズナブル。
鹿がエゾ鹿だったので、他の肉も地場産ではなく、他道県ものかと思われます。
でも、そんなことは気にしない。w


IMG_0995 - コピー.JPG

IMG_0998 - コピー.JPG

肉を味噌漬けにするのは昔保存のためにやっていた工夫の名残じゃないかと思います。
秩父では豚も味噌漬けにしますから。
もしかしたら、獣臭さを取るという意味もあるのかもしれません。
焼く前に漬け用の味噌を取り除いた方が肉本来の味を楽しめるような気がしましたが、そうはいかないのかな。


IMG_0990 - コピー.JPG

IMG_1002 - コピー.JPG

鍋も味噌仕立て。
こちらの味噌はやや甘のまろやかな味噌で、なかなか美味しい。
猪肉によくマッチしていました。


IMG_0994 - コピー.JPG

〆は雑炊かうどん。
両方頼みました。
まずはうどんを投入。

食べ終わったら、ご飯を入れて、卵をかけて。

う~ん満腹。
量だけでなく、味も良かったです。
鍋の味噌の後味が心地良かったです。
ご馳走様。


IMG_1015 - コピー.JPG

         高さ5メートル!


食後は以前から一度見てみたいと思ってた和同開珎の遺跡を見に行きました。
和同開珎を鋳造するための銅を露天堀りした跡が遺っているんです。
秩父の山の中に。


black.jpg

1300年以上も前のいにしえびとがどうしてこんなところの鉱脈を発見したのか?
それはたぶん、鉱脈を穿って流れる沢の周辺が緑青色に染まっていたからでしょう。
青銅文化を経て古人も銅の特徴は熟知していたはずですから。
連れは緑青色の石を一つ拾って、「これ持って帰ったらダメかなあ?」と悩んでました。
悩んだ結果はどうなったのか、自分はよく見てなかったので、わかりません。

おしまい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月06日 20:50
ジビエ、いいですね♪
もはやジビエは地産地消というより珍味なんですよね。
私は田舎を通り越した過疎地で育ったので、野生のイノシシを食べたことがありますが、味噌以外の味付けは不可能な気がしました。味噌は偉大な調味料です。
そして埼玉なのに千葉!船橋市長が松戸さんみたいに、名前と地名の不一致はホント困りますね。
りう
2021年04月06日 21:50
みやさん

ご出身地は猪が獲れる土地柄なんですか。
獲れ立てはやはり野生の香が強いんでしょうね。
ここのお店は地物を謳ってないので、流通物かもしれません。
昨年食べた渋沢平九郎所縁のお店の猪は「社長が獲ってきた」と言ってました。
自家製味噌のためか、その時も匂いは気になりませんでした。
一度野生の匂いを発散してる猪肉を食べてみたいです。

船橋市長のお名前は見るたびにひと言言いたくなります。w