武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣と初外食2019

<<   作成日時 : 2019/01/04 11:35  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

初詣に行ってきました。
お詣りしたのは多聞院と神明社。
神明社は所澤神明社ではなく、中富の神明社の方です。
2か所でお詣りしたと書くと、はしごしたみたいですが、多聞院と神明社は明治時代に神仏分離令で分離したものの、元々は典型的な神仏習合の宗教施設。
現在もお隣同士で、行き来自由です。
参拝者はたいてい両方ともお詣りしているんじゃないでしょうか。

画像


毎年正月2日は、神明社の境内社のいも神社で焼きイモの無料配布があるので、大いに賑わいます。
それが目的で行ったわけではありませんが、せっかくなので、いつもの連れ(IT)と行列して焼きたてのおイモを有り難く頂戴してきました。

画像

      ご神体? お社の背後には焚き木の山(いも神社)


何故焼きイモ?
謎の餃子屋の記事で書いたように、所沢市中富・下富はかつては三芳町の上富とともに三富新田という新開地を形成していました。
中富神明社はその共通の鎮守であった由。
それで、現在は三芳町に編入されている上富の“いも街道”沿いの農家さん達が所沢の中富神明社内のいも神社の氏子として、参詣者に焼きいもをふるまっているということです。
近世と近代の行政区が食い違うために、正確さにこだわるブロガーは、焼きイモの由来の説明のために、えらい苦労を強いられます。

画像


焼き釜は5基。
石焼です。
焼き上がるまでに何度か水を差していました。
餃子みたいですね。
焼くのは大人の仕事。
焼き上がったのを新聞紙に包んで配るのは小学生ぐらいのお子さんでした。
いも農家さんの後継ぎなのでしょう。
相手が子供でも、丁重にお礼を述べて、受け取りました。

画像

画像


寒いので、皆さん焚火を囲んで食べてました。
プロが、しかも神事の一環として、焼いたおイモです。
美味しくないわけがありません。
ほくほくとしっとりのハイブリッドみたいな食感で、とても甘いおイモさんでした。
ご馳走様。

画像

          奉納された身代わり虎の列(多聞院)


出たついでにランチも。
1月末日で期限切れになるトリドールの優待券を大掃除で発掘したので、丸亀製麺へ。
現在の季節限定はかに玉あんかけ。
寒い日に良さ気ですね。
ITはこれにしました。
自分は公式サイトに出てなかった鴨ねぎうどんをチョイス。

画像


鴨は予想をはるかに上回る美味しさでした。
鴨肉自体がありえないほど柔らかくて、美味しい。
こんなに柔らかい鴨は食べたことないと感心しました。
だらしなくふにゃふにゃというわけじゃなく、柔らかい。
そんなに高い鴨を使ってるはずはないのに。
どういう処理をしてるんでしょうね。
ただし、おつゆに鴨出汁はあまり出てませんでした。
それでも十分にイケてるおつゆでした。
おすすめです。

画像


かに玉も、自分の好みのタイプではありませんでしたが、上品な薄味でなかなかけっこうでした。
かに自体はITが食べた後なので、自分の口には入りませんでした。

画像


うどんも機械打ちながら、自家製の打ち立ての良さが出ていたと思います。
ざる系の場合、ちょっとコシが弱いような印象を受けることがありますが、温かいうどんで食べると気になりません。

画像


天ぷらも食べました。
自分は大海老とれんこん。
ITは大海老と半熟卵。
れんこんと半熟卵はOK、大海老はイマイチかな。
海老がイマイチなのはたぶん冷凍故。
何となく、水っぽくて、味が薄い。
佳蕎庵の海老と大きさはだいたい同じでしたが、値段は半額以下ですから、仕方ないでしょう。
しかし、和洋問わず、人並み以上に鴨を食べつけてる自分が感心する鴨を提供しているんですからね。
天ぷらはともかく、総合的には合格の初外食であったと言えるでしょう。
ご馳走様。

画像


*トリドールの株はすべて手放したので、今後丸亀のうどんを記事にすることは無いと思います。(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
こちらは公私に渡って忙しく、少しの間今まで通りアップできそうにありません
それと共に皆さんのブログへの訪問もタイムリーには行けそうにありませんがご容赦ください
初詣で焼き芋を振る舞う
これは珍しいと言うよりビックリですね
しかも石焼なのに水を差すんですか?
蒸し焼き的焼き方になるのでしょうか?
ほくほくしっとりのハイブリッドですか?
上手い表現ですね(笑)
石焼の焼き芋は美味しいですからね
でも最近はなかなか食べる機会がありませんよね
うん?株を手放し丸亀と決別宣言ですか?
???
何かあったのでしょうか?
ゆけむり
2019/01/04 22:31
あけましておめでとうございます。
旧年中はご無沙汰しがちでしたが、懲りずにまた今年もどうぞよろしくお願いいたします。

いも神社?面白いですね。焼き芋だいすきなので、行ってみたいです。御神体もなんだかカワイです。
丸亀製麺、成長期の我が息子は学校帰りにオヤツに食べてます。コスパよくて侮れないですよね。麺ツウなりうさんが食べてるのはすごく違和感でしたが…
みや
2019/01/05 19:42
ゆけむりさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
忙しい時は無理しないのが賢明ですね。
自分も、ちょっとアップが間遠になったりすると、「これはいかん」と焦りを感じますが、我慢しようと思っています。

イモは川越の名物として知られてますが、主産地はむしろ三芳のようで、いも街道と呼ばれる街道沿いに大きないも作農家さんが軒を並べてまして、ちょっとした観光地になっています。
豊作祈願と神様への感謝の印として焼きイモを配ってるのでしょう。
有り難いことです。
ハイブリッドな食感は水を使っていることと関係してるのではないかと思います。
元々の目的は出来上がりを早めるためかもしれませんが。
株を売ったのは、株価が良いところまで上がったからですよ。
その後下がったので良い判断でした。
りう
2019/01/05 22:11
みやさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さつま芋はここ数年でものすごく進歩したと思います。
安納芋の出現に刺激されたかのように美味しい品種がいろいろ出てきて。
食べ方としては焼きイモが一番ですね。
手の込んだスイーツもけっこうですが、湯気の出ている黄金のイモを「あっちっち」などと言いながら、頬張るのがベストじゃないでしょうか?
ご神体はツルツルなので、ナデナデしてしまいました。w
丸亀はCPが良いですよね。
皆さんそう思ってるでしょう。
セルフ式で、自分でいろいろカスタムできる拡張性?があるのも魅力です。
自分は逆に食べ過ぎてしまうのが悩みです。
りう
2019/01/05 22:24
あけおめです!
そして、お久しぶりです(*´-`)
いいですねーーーー!
焼きいも(人´エ`*)♪
かなりうらやましい…。
でもそのモニュメント…面白すぎる(笑)
ちぃ
2019/01/06 04:06
ちぃさん

明けましておめでとうごいます。
久しぶりですね。
心配で時々ちぃさんのブログを覗いていたんですよ。
うれしいです。
女性の方は皆さん焼きイモがお好きみたいですね。
代表はサザエさんかな?(笑)
今年もよろしくお願いします。
りう
2019/01/06 16:49


「あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします!   」
たっくん
2019/01/06 20:24
たっくんさん

改めまして、新年おめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。m(_ _)m
りう
2019/01/06 21:26
昔は神仏習合は当たり前のように多かったのでしょうね。
焼きイモはこの時期気が利いたサービスですが、夫婦で3つも貰えるということは経費も随分掛かったイベントですね。
僕がいつもいじくっている丸亀製麺の讃岐うどんを真面目にかつ公平に評価される姿勢に感じ入るものがありました。
まあタダだから言えることかもしれませんが勉強になりました
そんなに柔らかい鴨、僕も行って来ますね。

2019/01/06 22:57
達さん

神仏習合は教科書的知識としては知っていましたが、こちらの寺社ほどわかりやすい実例を知ったのは初めてです。
勉強になります。w
おイモは5つの釜で焼き上げて、配り終わると、またしばらく待たなければなりません。
二郎で言う“ロット”みたいなもんです。
ロットの初めの方は大きいのをもらえるんですよ。
仕舞いの方はかなり小さい。
自分らは最後の方なので、配布係の坊やが気を利かせて、3つくれたんです。
小さくても3つは食べ切れず、1つは持ち帰りました。
丸亀もメニューによって、また店舗によっても満足度に差が出ます。
今回はかなり良い方だったので、年頭の記事に上げました。
鴨はどうして?というほどしっとり柔らかかったです。
教えてほしいです。(笑)
りう
2019/01/08 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
初詣と初外食2019 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる