武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS トスカーナ料理のお店 ロ・スティヴァーレ@東村山市野口町

<<   作成日時 : 2018/12/31 22:33   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

本ブログ3度目のご紹介。
Xmasは自宅で過ごしたので、年が改まる前に一度外で食事をしようと、いつもの連れ(IT)を誘って行ってきました。

画像


トスカーナ料理のお店です。
オーナーシェフさんは彼の地でお店をやっていたそうです。
世の中、あちらで修業してきたというシェフはあまたいますが、自分のお店を持っていたという人はそうはいないでしょう。
それが何故東村山で?
たぶん、こちらに地所をお持ちだったんでしょう。
ご自宅兼用の一軒家レストランですが、サイズがかなり大きいです。
メインストリートに面してるし。
恵まれてますね。

画像


時間帯によってスタッフの陣容が異なるようです。
前回ランチタイムにうかがった時は、若い人が厨房を担当していて、オーナーさんはフロアで接客。
今回初めてディナータイムに訪問したところ、シェフがキッチンで、フロアは奥様。
奥様は本場の方です。
お名前を存じ上げないもので、自分は勝手に心の中で“ロザンナ”さんと呼んでいました。(笑)
帰りにもらったチラシを見たら、“オーナーワイフ”のご紹介も書いてあって、実名はシモナさんと知りました。
ご近所なもので、時たまスーパーでお見かけします。

画像


前置き長いですね。
まずはスパークリングで乾杯!
こちらはスパークリングもハウスワインです。
超口当たりが良い。

前菜に野菜の石窯焼きとトリッパを頼みました。
後者は達さんが中華のトリッパ鍋のことを記事に書かれていたのを思い出してのチョイス。

画像

画像

画像


トリッパは煮込んであるのを盛るだけのようで、直ぐに運ばれてきました。
日本のもつ煮込みに相当するワインのつまみなんでしょうかね。
柔らかくて食べやすかったです。
フォカッチャ付きなので、トマトスープに浸してただきました。

画像


石窯はもちろんピザ用。
それを利用した一品です。
茄子、エリンギ、ズッキーニ、かぶ、パプリカ、オクラ。
椎茸もあったかな。
味付けは、オリーブオイルと極薄い塩で、野菜の甘味が際立ってました。

画像


ここで赤ワインを。
ステンレスの樽に詰めたのを取り寄せているそうで、とてもフレッシュな味わい。
スパークリングに劣らずスムーズな口当たりで、ぐびぐび呑めちゃいます。
量はグラス、1/4ℓ、1/2ℓ、1ℓが選べるので、頼みやすいことこの上なし。
ITはグラス1杯しか呑まないので、1ℓはきつい。
1/2ℓにしておきました。
この量り売り的樽詰めワインがこちらの売りの一つであることは間違いないと思います。

画像

画像


メインはリヴォルノ風の魚介鍋にしました。
魚介はホウボウ、金目鯛、イカ、ムール貝、アサリ。
カリカリに焼いたパンが添えてありました。
ビジュアル的に以前食べたアクアパッツァとよく似てます。
検索したら、アクアパッツァはナポリ風で、リヴォルノはトスカーナ風みたいですね。
こちらのお店はトスカーナ料理を謳ってますので、食すべきはリヴォルノということになりますか。
これもトマト味。
やっぱりイタリアです。
美味しいですよ。
白ワインを追加しようかとも思いましたが、スパークリングと合わせると、ボトル1本より多くなりそうだったので、我慢しました。

画像


〆のパスタは鴨のラグーのパッパルデッレ。
ラグーとは言っても、ミンチを使ったボロネーゼみたいな感じでした。
パッパルデッレはイタリアきしめんですね。
鴨は好きですけど、ちょっと脂っこかったかも。
他にからすみを使ったスパゲッティなどもあったので、未練が残りました。w

画像


デザートも。
おすすめということで、パンナコッタとバナナのカタラーナだったかな?
記憶曖昧。
両方とも甘さ控えめで自分好みのお味でした。

画像


コーヒーはカプチーノ。
特に変わった意匠は無し。
でも、クリームの層が厚くて、カプチーノらしいカプチーノでした。

画像


食べ終わって、シェフにトスカーナ料理の特徴をうかがいました。
そしたら、意外にも名物は肉料理なんだそうです。
特にTボーンステーキが代表的な料理ということでした。
ええ〜、そうなの?
アメリカのカウボーイの料理かと思ってました。
それじゃ、次はぜひTボーンをいただきましょう。
楽しみができました。
ご馳走様。


画像

            参考:IT手作りのXmasケーキ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トスカーナと言えば僕の好きな女優の1人、ダイアン・レイン主演のトスカーナの休日を思い出します。
こちらのご主人はトスカーナでお店を経営していたのですか?それが夫人とともに東村山でお店を開くとは数奇な人生といえますね(@_@)
僕も寺町のバララッカというスペイン料理店でカジョスというトリッパの煮込みを食べたことがありますが、美味しいですよね。
こちらの料理は写真からも本場の香りが漂ってくるようで素敵です。
トスカ-ナはワインの産ちっでもあるようですね。
ワインをグビグビ飲めた時代を思い出しながら拝見しました

2019/01/04 13:47
達さん

「トスカーナの休日」はもちろん「ロマノ休日」のもじりですね。
自分は今まで2度も訪問しながら、トスカーナがどこにあるのかも知らず、ただ漫然とイタリアンのお店としか認識していませんでした。
今回初めて、トスカーナがローマの少し北に位置していて、海に面しながらも、肉食が盛んな地方だということをシェフのお話で知った次第です。
シモナさんとの馴れ初めはお聞きしませんでしたが、何となく、修業時代か独立後かにお店で出遭われたんだろうなあと邪推しています。w
トリッパはスペインでも食べられてるんですね。
樽出しワインは安くて飲み易くて、大量摂取する人には良いと思います。
次回はTボーンで赤ワインです。
りう
2019/01/05 21:59
すいませんちょっと溯ってコメントさせていただきます
アクアパッツァかと思いきや、リヴォルノと言う料理なんですね
トスカーナの料理のようですが、全く知りませんでした
スープはトマトソースがベースなんでしょうか?
トリッパも美味しそうです
奥様手作りのクリスマスケーキも素晴らしいですね
実に羨ましいです・・・
ゆけむり
2019/01/06 22:36
ゆけむりさん

アクアパッツァとリボルノ風鍋の違いは自分にもよくわからないんですよ。
食材や鍋が同じなので、騙されたような気がしましたが、ITによると、味付けが違うそうです。
ITも両方食べて言ってるので、まあそうなんでしょうね。(笑)
カッチェッコは赤ワイン、アクアパッツァは白ワインを使うみたいです。
トリッパも西洋もつ鍋みたいで、ワインには良いですね。
トマト味でしたので、思いっきり被りましたけど。
ケーキはすっかり定番になりました。
毎年まったく同じ苺のケーキです。

りう
2019/01/08 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
トスカーナ料理のお店 ロ・スティヴァーレ@東村山市野口町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる