武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS “もりかけ”って気になるw 新座鞍馬@新座市あたご

<<   作成日時 : 2018/11/04 18:23   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


先月食べ損なったので、リベンジで行ってきました。
前回は午後1時で、そば切れ終了でしたから、12時前に着こうと、早く出発。
12時ちょっと前に着いてみると、先客無しの一番乗り。
その後も後客少なし。
日によるんですねえ。

画像


こちらはミニコース的なセット物が充実。
どのコースにしようかな。
お品書きの冊子を繰りながら、ふと卓上のメニュースタンドに目をやったところ、新メニューの“オムレツ”を発見。
これはいただきましょう。
700円と良いお値段なので、コースは軽いのにするか。
それで選んだのが、“もりかけ二種”。
トレンディなネーミングに惹かれました。w

画像


もり、かけともにそば種を選べます。
もしは粗挽き地そばに、かけは並地そばにしました。
かけは11月なのに、冷やも選択可能。
試しに冷やにしてみました。
なお、こちらのお店が提供するのは基本的に裏の畑で栽培してる“地そば”です。

画像

画像


コースの前菜より先に、まず、オムレツが出てきました。
ロンドンのスパニッシュオムレツ以来のオムレツです。w
具は無し。
出汁を楽しむ卵料理です。
コンセプトは出汁巻きと同じかも。
良いお味でした。
塩味を限界まで下げて、お出汁のアシスト役と使ってます。
ほれぼれする出汁感。
半熟手前のとろとろしたのも良い感じ。
お奨めです。

画像

画像


次は“もりかけ”セットの前菜。
これも“蕎麦豆腐”と“旬野菜料理”から選べて、いつのように、後者にしました。
今の季節は“根菜のそばの実がゆ”です。
根菜は大根とお芋。
これも出汁の勝利ですなあ。
価値ある出汁です。
その出汁でいただくそばの実も美味しい。

画像

画像

画像


そして、もりです。
これはどうしたもんでしょうねえ。
粗挽きにしたのですが、つながりの悪さはご愛敬では済まされないレベル。
10センチ以上のそばはほとんど無いんじゃないか?
自家栽培のそばの粗挽きですから、香も味も濃いです。
でもねえ、切れ切れで、ズズーッと手繰れないんじゃ。

画像

画像


そして冷やかけ。
もりとかけを続けて出すのもいただけないなあ。
もりが出てくるまでは、適度な“間(ま)”があったのに。
自分の他にお客さんは2組だけで、天手古舞で時間調整する余裕が無いとも見えなかったんですけどねえ。
そば二種はたて続け。

画像


食味の方はナイス。
やっぱり出汁が良い。
今時の手打ち店はだいたい、江戸風のかけ汁はやらないですが、こちらもそう。
そして、氷締めしたらしきそばも文句無し。
もりも粗挽きにしなければ良かった。

画像


〆に、幅広の一反木綿のような揚げそばが供されます。
お茶も濃いのに入れ替え。
素敵な心尽くしですね。

画像

            裏の畑(3年前撮影した画像)

自分としては、今まで西埼玉のそば店のベスト3には入るなあ、と高く評価していたのですが、その評価は保留。
つながってない粗挽き、立て続けに出てくるそば二種、それに、何を急いでいるのか、食べ終わるが早いか、次々と下げられる食器類。
ちょっとがっかりでした。
出汁使いは絶品なのに、残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
早めのリベンジ訪問だったのに、ちょっと残念な思いもされたようですね。
折角のもりかけだったのにw
粗挽きは写真を見て笑ってしまいましたが、そばとそばの間隔がないのは確かに気になりますよね。
掛けは見るからに美味しそうなのに残念です。
しかし蕎麦屋のオムレツはナイスですね。
青森の鞍馬でも見事な出汁巻きを食べましたが、やはり和食は出汁が命なのでしょう。
蕎麦の実のお粥も美味しそう。
長く行っていない蕎麦の実よしむらへ行きたくなりました。

2018/11/05 22:54
まず、そば屋のオムレツってのが美味しそうですね
他の店ではほとんど見かけよね
粗挽きとは言え10cm以上のそばが無いとはちょっとガッカリですね
まるで素人が打ったみたいなんて言ったら失礼ですかね?
素人じゃ、もっとブツブツですかね(笑)
冷やかけはとても美味しそうですね
画像を見ると自分が大好きなタイプのそばのようです
こんな感じのそばが食べたいんですよね・・・
りうさんの方では違った挽き方のそばを楽しめるお店が多いですね、羨ましいです
お店の裏のそば畑、美しいですね

おやっ?食べ終わるか終らないうちに食器をドンドン下げちゃうのですか?
これはとっとと帰れって言われているようで、とても嫌ですよね
多少の余韻を楽しめないと絶対ダメだと思いますよ
肝心のそばが美味しくても、総合的な麺から考えると微妙ですね・・・
ゆけむり
2018/11/06 07:09
達さん

今回が6回目の訪問で、今までが良かったものですから、ちょっとビックリしました。
十割そばの先駆、西荻鞍馬のご出身ですから、得意なはずですけど、粗挽きの難しさに負けちゃいましたかね。
オムレツは前回までは無かったと思います。
飛び付いて頼んだわけですが、正解でした。
出汁は当然魚の乾物から取ってるのでしょうが、魚っぽさは昇華されていて、ただ旨味だけが感じられるんです。
技術の高さを感じました。
そば粥も得意料理のようで、丸抜きの形がきれいに残った、ビューティフルなそば粥でした。
ところで、入り口に鞍馬グループ各店のショップカードが置いてあったのですが、青森は見当たりませんでした。
遠隔地だからでしょうかね。
まさかお店をたたんじゃったわけではないでしょう。
その代わり、伊豆鞍馬というのがありました。
松崎ですから、伊豆でも東京から一番遠いところですね。
りう
2018/11/06 22:40
ゆけむりさん

オムレツは美味しかったですよ。
和風出汁のオムレツは珍しいですよね。
出汁良し、半熟的な火の通り具合もまた良しでした。
つながらなかったら、「今日は失敗」ということで提供しなければ良いようにも思いますが、どうなんでしょうね?
冷やかけは完成度が高かったです。
くどでですが、本当に出汁が良いんですよ。
畑は立派でしょう。
これは江戸時代の新田開発の名残です。
短冊のように長い長方形が特徴です。
なので、奥行きがすごく長くて、遠近法のお手本みたいな図になってます。w
接客はパートのオバさんたちです。
店主の指導に忠実に働いてるのでしょう。
空いてる時でも、混んでる時と同じように、テキパキやるのが良いと思ってるんでしょうね。
そこはあまり責められないですけど、客からすると、ちょっとねえ。
りう
2018/11/06 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
“もりかけ”って気になるw 新座鞍馬@新座市あたご 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる