武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 従量制穴子天 さ和味@清瀬市下清戸 

<<   作成日時 : 2018/10/12 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 7

画像


新座鞍馬さんに行ったところ、13時過ぎでそば切れ終了。
そういうお店んですね。
この季節、夏新と秋新の端境期でしょうが、裏の畑の自家栽培でやってるおそば屋さんですから、食べ時と思って訪れるお客さんが多いのでしょう。

画像

          右端に写るのは紛れもない暖簾w


お昼抜きはきついな思って、一番近い手打ちのお店のさ和味さんに向かいました。
幸い、こちらはまだ営業中。
そう言えば、新座鞍馬さん、そばが終わってるのに暖簾出してたな。
暖簾を仕舞うのは営業終了の時?
入店終了の合図じゃないのかな?

画像


それはさて置き、さ和味さん。
天ぷらが猛烈美味しいお店です。
過去記事を見たら、「天ぷらにビックリ」とか「絶品穴子天」とか書いてます。
記憶に微かに残っていたので、穴子天を頼んだのですが、やっぱりすごかった。

画像


すごいのは2つの意味で。
1つはお値段が従量制ということ。
前回まであまり気にしなかったのですが、今回はお運びの女将さんが「59グラムです」と仰るので、印象に残りました。
切りの良い数字ではないので、お支払いも端数が出ました。(笑)

画像


もう一つの意味はもちろん食味。
やっぱり美味しいです。
衣サクサク、味にはほのかな甘みが感じられ、香も上々。
思うに、かなり良い油を使ってるんじゃないでしょうか。
特筆すべきは後味。
店を出て、次の目的地へ車で移動している間もずっと美味しかったです。
こんなことはめったにないですね。

画像


そばは前回と同じく並そばと田舎の合盛をいただきました。
前回と比べると、両者の差がちょっと曖昧。
玄挽きを混ぜてるか混ぜてないかの違いしかないみたい。
なので、どっちもある意味、田舎そば。
前回の並そばはもっと細かったなあ。

画像


というわけで、おそばの方はちょっと残念でしたけど、それを補って余りある、絶品穴子天でした。
ちなみに海老とかは従量制じゃないと思います。
重さに関することは何も書いてないですから。w
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
金沢八景、いわゆる小柴の穴子は美味しいですよね
美味しいと言うよりも、最高級穴子でメチャクチャ美味しいですよね!
実は一時夜穴子を狙っていた時期があり、大袈裟ではありませんが100匹以上釣っています
もちろん八景周辺なので、小柴の最高級穴子と言う事になります
最初は穴子が掛かると仕掛けは一発でダメになるし、釣っても上手にさばけないしで困っていました
でも釣った穴子を2〜3度泥を吐かせ、天ぷらで食べた時の美味しさに目覚めてしまました
偉そうに言っていますが、一般人が入れない某会社の敷地内の岸壁で釣っていたので、面白いように釣れたんです
穴子の白焼きはもちろん、穴子の骨を炙りそれを醤油やみりん、酒やザラメで味を付けた特製タレで骨のエキスを出し、その煮汁で穴子を煮て食べたりしました(^^)v
その他には座布団カレイを上がりましたし(たまに)、から揚げサイズのカレイ、しろキス、ハゼ、メゴチ、いしもち、ルアーでスズキや黒鯛などが主に釣れましたよ(自分は投げの誘いばかりでした)
その時代にカレイの一夜干しや各種干物作りに凝りましたよ(笑)
ゆけむり
2018/10/13 08:10
そんな感じで10年ぐらい釣りに夢中になった時期があったので、穴子は目打ちを使って逆三角の骨に沿ってちゃんとさばけるようになりましたし、カレイももちろんさばけるようになりました
形の良いのはふぐ刺しのように薄切りにし、芽ネギやもみじおろし&ポン酢でたべたりしましたよ
釣りの達人みたいな人に教わっていたので、本当に良く釣れました
あっ、今でもコチだけは全然上手にさばけませんけどね(T_T)

ところで本題のそばですが、見た目はかなり違うように見えますが、食べるとさほど差はありませんでしたか?
穴子天を従量制にするほど細やかな神経の店主と思われるのに、なぜ食べて差が無い合い盛りを出すのでしょうね?
そばももっと細いのを打ちそうな方のような気もするんですけどね
穴子天に命を懸けているのかな?
ゆけむり
2018/10/13 08:20
ゆけむりさん

初めてゆけむりさんの釣り経験のご開陳は初めてですね。
とても興味深いお話で、うれしく拝読しました。
金沢周辺は釣り禁止のところが多いですよね。
そういうところは魚がスレてないですから、普通の釣り場よりはるかに釣果が上がったことでしょう。
それにしても穴子100匹はすごいですね。w
泥を吐かせるんですか?
それは海水ごと持ち帰ってですかね?
座布団カレイはうらやましいの一言です。
自分は30センチそこそこしか釣ったことありません。
調理はすべてIT任せ。
穴子もおろせるんで、今時の主婦としては上出来だと思います。
ルアーで黒鯛はビックリです。
黒鯛ってベイトフィッシュを食べるんでしたっけ?
最近、気持玉をくださるようになったとんびさんも東京湾での釣行を記事にされてるので、それに刺激されて自分の釣り熱も徐々に高まってきそうです。
今年はまだ1回も竿を出してないので、何とかしたい想いですよ。

こちらのそばはブレがあるんですかね。
細く長くがやっぱり良いですけど。
りう
2018/10/13 21:46
穴子を釣った直後にバケツに汲んだ海水の中で泳がせ、しばらくしたら別のバケツに汲んだ海水の中に移します
穴子はかなり生命力があるので釣った後も長い事生き続けます
新らしい海水の中で泳がせる事を2〜3回繰り返せば、ほとんど泥臭さは無くなります

自分の師匠は釣りの達人でした
カレイの釣り方から最適な仕掛け、各種魚の釣り上げた直後の締め方などなど伝授していただきました
なんせ場が荒れてないから面白いように釣れましたし、釣った後の魚を5人ぐらいで食べても十分足りるぐらい釣れたんです
潮にもよりますが、週末の夜中の2時か3時ごろから穴子を狙いつつちょっと遠くにも投げて白ギス&カレイを狙いました

しかし奥様は穴子をさばけるとは凄いですね
頭の方から半分ほど逆三角形の骨で、そこから後ろはやや平べったい形状に変っているんです
そもそもぬるぬるするので難しいんですよね
奥様は間違いなくお料理が上手なんでしょうね、いやいや実に素晴らしいです!
ゆけむり
2018/10/14 07:01
鞍馬さん、残念でしたね。
食べたいと思って行った時の終了はガックリ来てしまうものです。
暖簾はきっとしまい忘れでしょう(笑)
でも近くに穴子の天婦羅が凄いお蕎麦屋さんが開いていて良かったですね。
しかし穴子の一本揚げが従量制とは珍しいですね。どんな仕入れ方をしているのでしょうね?何となく店主どのの性格が垣間みえるように思えました。
それはともかく、車に乗ってからも余韻を楽しめたとは、こちらも凄いですね♪余程の穴子だったのでしょう。
お蕎麦がいまいちだったのは折り込み済みとは言え残念でしたね。

2018/10/14 08:28
ゆけむりさん

泥抜きはその場でできるんですね。
なるほど。
釣りに限りませんが、指導者に恵まれることは大事ですね。
自分の場合はまったく自己流です。
父が釣り好きだったのですが、自分が海釣りを始めた頃はもう他界してまして、教わることはできませんでした。
有人や同僚に釣りをやる人はいても、川釣りや船釣り派ばかりで、陸釣り派はいなくて。
ITのことは結婚当初は驚きました。
生魚なんて触りそうに見えなかったので、自分が釣り道具を洗って、シャワーを浴びてる間に、手早くおろしてくれるので、感動しました。
りう
2018/10/14 23:46
達さん

1時過ぎで終了とは予期しませんでした。
遠からずリベンジです。
過去記事を見たら、新そばの時季に訪問してないので、今季は逃さないようにしたいです。
さ和味さんはおそらくセカンドキャリアじゃないかと思います。
前職は従量制のお仕事だったのではないでしょうか?w
穴子を食べてから、そばを食べ、蕎麦湯を飲んで店を出たのに、何故か余韻は穴子天でした。
不思議なことです。
おそばはつなぎを使ってでも、もう少し細粉細打ちの方向で修正すると、ぐっと手繰りやすくなると思うのですが。
玄挽きの方はそのままで良いので。
りう
2018/10/14 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
従量制穴子天 さ和味@清瀬市下清戸  武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる