武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS パスタ屋さんでちょい呑み パスタイオ・コッコ@所沢市緑町

<<   作成日時 : 2018/10/09 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


生パスタのお店です。
ピザもやってます。
夜は、前菜的なものを中心に、料理もけっこう充実しているので、ワインを軽く呑んで、パスタかピザで〆るという使い方もできます。
二年半前に初訪問して、「次は呑みたい」みたいな記事を書いたのですが、その後放置してのを思い出し、いつもの連れ(IT)を誘って行ってみました。
夜、外で呑むのはちょうど1ヶ月ぶりです。

画像


土曜の夜で客席稼働率は4割ぐらい?
テーブル稼働率だと6〜7割ぐらいかな。
満席だとビジーな雰囲気になるので、客側からすると適当な入り具合ですね。
客層はご近所、遠くて市内の中年カップルやファミリーが中心。
若い人はあまりいないように見えました。
お子さん連れもいなかったです。

画像


まずはビールで乾杯。
特別な日ならスパークリングワインですけど、単なるちょい呑みなので、ビールで良いかなと。
そもそも特別な日に来るお店じゃないか。(ペチ)

画像


前菜は18品の中から、3品で850円、5品で1350円。
お安いですね。
組み合わせを選べるというのは、お客本位で良いですね。
5品を頼むことにして、ITと二人、あゝでもない、こうでもないと、決めるのにかなり時間を要しました。
結局、選んだのは、ゴルゴンゾーラ、鮮魚のカルパッチョ、鶏白レバーパテ、肉のテリーヌ、煮卵 on the ウニ。

画像


ゴルゴンゾーラは量少なめ。

画像


カルパッチョはイサキかなあ?
これは魚自体がフレッシュで美味しかったです。

画像

画像


パテとテリーヌは自分のチョイスですが、もろにかぶりました。
どっちか片方にして、もうちょっと彩的に映えそうなのを選べば良かった。

画像


“煮卵 on the ウニ”は文法的におかしくない?
“ウニ on the 煮卵”じゃないの?
でも、こういう文法構造の料理名があったような気もするし、どうなんだろう?
それはともかく、酒肴としてはなかなかけっこうでした。

画像


ここで自分だけハウスワイン(白)をグラスに1杯。
この辺りのカジュアルなレストランでハウスワインを頼むと、甘ったるいのが多いですが、ここはスッキリ辛口。
写真は量が少ないですが、半分以上呑んでから撮ったから。
最初はたっぷり入ってました。w

画像


前菜の次はいきなりピザ。
ITの希望で黒オリーブとアンチョビを頼みました。
シンプルですが、チーズの魅力を味わうには良いと思いました。

画像


ITが赤ワインを呑みたいと言うので、ハウスワインの赤をデキャンタで。
お肉やチーズが主体のイタリアンには赤が合いますね。

画像


なので、肉料理を追加。
ほほえみ牛のタリアータ。
地場産のブランド牛です。

画像


2切れのうち1切れはレア、もう1切れはミディアム。
レアの方だけ、薄切り肉をさらにカットしてありました。
和牛らしい柔らかくて、繊細な食感。
バルサミコソースを直接かけてないのは評価できます。
塩はしてるあので、ソースを使わずに、肉本来の味を楽しむのも良いですからね。

画像


パスタも頼もうかと悩みましたが、他のお客さんのパスタを見て、やめにしました。
かなりの量だったので。
以前の自分なら頼んだところですがね。
ダイエット、ダイエット。
健康第一です。(笑)
ドルチェも、ITが特に食べたがらなかったでの、パス。
コーヒー1杯で〆ることにしました。

自分の生活圏には何故かイタリアンのお店がたくさんあります。
特別の日ならオット、バール的な使い方ならジラソーレ、パスタとピザならこちらコッコさんかな。
所沢ではないですが、東村山のロ・スティバーレも本場仕込みの料理と樽買いのワインが捨てがたい。
しばらく行ってないので、次のイタリアンはロ・スティバーレにしましょう。
うん。
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まず、ウニ on the 煮卵に1票!
なるほど、前菜を色々チョイスできるのは嬉しいですね
ほほえみ牛のタリアータ
初耳ですが、ほほえみ牛とは地場産のブランド牛なんですね
シンプルに塩だけで食べるのも好きです
りうさんはダイエット中ですか?
パスタは量が多くて止めましたか
少な目でとか言わないのでしょうか?
自分は時々少な目でと言って注文する事がありますが、「値段は同じですよ」と野暮な事を言う店員がいるんですよね・・・
これ言われると興醒めですよ
安くしてほしくて少な目なんて一度も言った事ないですからね
もう一品とか、〆に少し食べたいって時に言うのに、まぁ得てしてこんな事言う店は推して知るべしですけどね
ゆけむり
2018/10/11 09:18
こんにちわ!
ちょいちょい大人の味を感じます・・・でも、ピザめっちゃ美味しそうで羨ましい
ちぃ
2018/10/11 13:08
ゆけむりさん

on the 何たらというのはどこかで見ような気がするんですよね。
でも、それは措いといて、普通に考えると、逆ですよね。(笑)
ほほえみ牛は埼玉の和牛なんですよ。
こちらでは時々目にします。
ローカルなネタですね。w
パスタは交渉次第でどうにかったとは思いますが、その時はただ盛りの良さに唖然としてすくんでしまいました。
せっかくの生パスタですからね。
簡単に諦めたのは失敗だったかとちょっと後悔です。
スタンプカードをもらったので、ランチタイムにでも行って、パスタだけリベンジしますね。
りう
2018/10/12 00:27
ちぃさん

良い雰囲気でしょう。
おつまみ充実のカジュアル・イタリアンです。
ピザは石窯なのかな?
アメリカンの豪華トッピングとは一線を画す、シンプル・トッピングの魅力横溢です。
りう
2018/10/12 00:30
今回はピザでしたか。私と言えどもピザは最低2人が必要なので長らくご無沙汰です。
これはチョイスが出来るコース料理なのですか?
たまにはお昼にワイン片手のイタリアンもよいものですね。
最近の和牛はブランド名がつくようになって、一層美味しく感じられるようになりましたね。ほほえみ牛もレア感があってナイスです!
こちらでも最近近場でイタリアンの新店ラッシュです。
それだけ需要があるのか?それともたまたま時期的なものなのか?いずれにしても楽しみが増えましたね。

2018/10/14 08:07
達さん

ピザはやはり2人以上で食べるものなんでしょうね。
吉祥寺のピザの名店で1人で食べたことがありますが、自分以外は全部カップル(同性含むw)でした。
前菜を選べるのは有り難いです。
選択肢もたくさんありますし。
隣のカップルはメインの後に再度前菜盛り合わせを頼んでました。
それもアリかと思いました。
最近は全国津々浦々で和牛を生産してますね。
ほほえみ牛も埼玉の意地で生産してるんでしょう。
食味の方はなかなかのものでした。
赤ワインとの相性もよく、小さな幸せを感じました。
京都もイタリアン流行りですか?
それに比べて、フレンチはさっぱり増えませんね。
ソース作りが難しいからですかね?
それおとも、イタリアンが日本人の好みに合ってるからか?
両方かな?(笑)
りう
2018/10/14 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
パスタ屋さんでちょい呑み パスタイオ・コッコ@所沢市緑町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる