武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 清流魚と山菜 ともん@入間市

<<   作成日時 : 2018/10/03 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 6

4回目の訪問。
清流魚と山菜のお店です。
埼玉は海無し県ですから、川魚のお店は、他県に比べて、かなり多いです。
でも、大半はうなぎや鯉がメイン。
うなぎも鯉も出しません、清流魚だけですというお店はそれほど多くないと思います。
特に、自分で釣った清流魚だけを出すお店となると珍しいんじゃないでしょうか。

画像


ともんさんはそれに加えて天然ものの山菜を豊富に提供しています。
春は緑の葉っぱ系の山菜、秋はキノコですね。
その豊富さは、画像からわかるでしょうが、半端有りません。

画像


天ぷらにしてしまうと、地味ですが。w

画像


アラカルトもいろいろありますが、定食もその時々のおすすめとこちらの好みに合わせてアレンジしてくれるので、今回は酒無しだし定食にしました。
いつもの連れ(IT)と二人で、ヤマメ姿焼定食のヤマメをシーズン終了間際の鮎にしてもらって1人前、もう1人前は天ぷら定食の余計なものを取り払って、純山菜(キノコ)天の定食にしてもらいました。

画像


鮎はご主人が吾野で釣ってきたものだそうです。
シーズン終盤にしては小ぶりですが、味的には大きければ良いというわけでもないので、ぜんぜんOK。
頭ごと食べちゃいました。

画像


焼いてるのを見たら、ガスのようですが、火からかなり離してじっくり焼き上げるせいで、水分が抜けて身がしまってました。
鮎独特の苦みが強め。
自然の息吹かな?

画像

画像


付け合わせはキウイフルーツの原種という“猿梨”と山葵の三杯酢と醤油漬け。
猿梨はまさにキウイ。
ちょっと酸っぱいけど。
こんなのが日本の山にあるとは。

画像


さて、キノコメインの山菜天です。
使用キノコとその他山菜は以下の通りです。

「ほうき茸、ます茸、人形茸、茗荷、しし唐、山芋の大葉巻き、ふき、いたどり、山ぶどう(葉っぱ)、千本しめじ、こう茸、裏紅ほていしめじ、たまご茸、舞茸、桜しめじ、白粉しめじ、花びらにかわ茸、にかわ針茸、やまどり茸もどき、赤もみ茸、風船茸、ほうき茸」

食べてて、自分が今何というキノコを食べているのか、半部ぐらいしかわかりませんでした。
でも、食感がそれぞれ違っていて、面白い。
味はキノコですから、悪いわけはありません。
多種類を食すことはけっしてナンセンスではないと思いました。
正直に言うと、春の緑の葉っぱ系の山菜の方が好きですけどね。(・_*)\ペチっ

画像


キノコの澄まし汁も具がどっさり。
出汁がよく出てます。

画像

              かじか酒用の焼き干し


こういう食事をしてると、体が清らかになっていくような気がします。
来月も行くと思います。
その時は呑めると良いな。
ご馳走様。

画像

          左から猿梨、あけび、山ぶどう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけ山菜やキノコを豊富に扱っているお店は滅多に無いでしょうね
鮎の塩焼き定食も美味しそうですね
ガス焼きってのはご愛嬌ってところでしょうかねw
キノコの天ぷら、これは素晴らしいですね
一度にこれほど多くの種類はまず食べられないと思いますよ
できたらこれらのキノコを使ったきのこ鍋も食べたいですね
お酒が進むだろうなぁ〜
キノコの出汁が出たすいとんも良さそうですね

キウイフルーツの原種という“猿梨”ですか?
これまた初めて知りました
山の幸も奥が深いですね・・・
ゆけむり
2018/10/05 08:46
こんにちわ!
すごーい。それ全部きのこですよね〜。
ほんと半端ないですね(笑)
てか、、、
猿、梨?????
実に興味深い・・・
ちぃ
2018/10/05 12:35
いいですね。こういうお店。
都会の喧騒と日頃のストレスをひととき忘れさせてくれそうです。 
それに料理のチョイスもナイスです。
この茸山盛りの籠は凄いじゃないですか?何種類の茸が盛られているのでしょう?
滅多にお目にかかれない貴重映像ですね♪

2018/10/05 14:41
ゆけむりさん

キノコは同定が難しいのはよく知られてますよね。
毒キノコの被害が報道されるのもキノコの季節の風物詩みたいなもんですね。
本業は清流魚のようですが、キノコについても相当なレベルの仕事をしていると思います、こちらのお店は。
キノコを見ると、あゝ秋だなあと思います。
食欲が湧いてきます。
鍋は定番メニューには無いですが、頼めばたぶんやってくれると思います。
もうちょっと涼しくなると、鍋も良いですね。
キウイの原産地が日本ということはないと思いますが、この種の近縁種が世界のどこかで栽培種になったんでしょうね。
ホントに奥が深いです。
りう
2018/10/05 22:05
ちぃさん

トップ画像のキノコは全部をメモれませんでした。
天ぷらに使った以外のキノコも何種類かあったと思います。
とにかくすごいです。w
猿梨はちっとも梨っぽくないです。
色も食感もキウイ。
ともんさんに乾杯、いや完敗か?(笑)
りう
2018/10/05 22:09
達さん

入間は山間の町とは言えませんが、このお店にいると、山奥の気分です。
大事にしたいお店です。
メニューは一応ありますが、食材はその時にあるものを中心にベストの調理法で提供する主義のようで、注文は相談して決める感じです。
佳蕎さんみたいですね。
ニュースでも何度か耳にしましたが、今年はキノコは豊作だそうですね。
山のキノコもきっと順調に育ったのでしょう。
例年より種類も増えてるようです。
りう
2018/10/05 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
清流魚と山菜 ともん@入間市 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる