自家エイジング “天使のミニ樽” (9カ月に挑戦!)

樽を買いました。
ウヰスキー専用でありませんが、材質はホワイトオークなので、ウイスキー用の樽と同じです。

画像


商品名は“”天使のミニ樽”。
名前の付け方、巧いと思います。

画像


ウヰスキーを熟成する間、量が少しずつ減っていきます。
それは天使が飲んでいるんだと、昔の人は考えたようです。
減る分は“天使の分け前”というわけです。
先だって見学したニッカの蒸溜所でもそういう説明をしてました。

何を熟成しましょう。
ウヰスキー会社なら、蒸留したてのニューポットを樽詰めして熟成するんですが、ニューポットは入手不能。
そこで、ニューポットに近いウヰスキーを探しました。
熟成機関4年程度の若いウヰスキーを。

画像


幸い、通勤途中の酒屋さんに置いてあったので、3本購入。
ベンリアック4年、リンクウッド4年、バルメナック5年。
いずれもスペイサイドのディスティレリーです。
どれも、「これがウヰスキー?」という色です。
白ワインより白い。

画像


試しに呑んでみましたが、ストレートで呑めるシロモノではありません。
5年物のバルメナックは、ジョニーウォーカーの古酒にも似たまろみが少しありましたが、4年ものは論外。
だからこそ、自家熟成にはうってつけ。
そのまま美味しく呑めるものをエイジング(熟成)する意味はないですからね。

画像


昨晩仕込みました。
樽は、サイズか小さいほど熟成が速く進むので(マイ樽は、公称2リットル、実際は1升ぐらい)、3ヶ月でOKのようです。
そりゃあ、普通の樽は空でも100キロ以上のサイズですから、熟成期間も大違いでしょう。
気が短い自分には有り難い。

9月下旬に出来栄えをご報告できると信じて、寝かしてみます。



《追記》

販売元の業者さんは熟成期間の上限を3カ月と決めていますが、何度か3か月熟成で経験を積んだ後に、自己責任で長期?熟成に挑戦してみました。

画像


まず、ジョニ赤級のブレンデッドでは一番好きなロング・ジョンで6カ月熟成に挑戦。
管理方法は企業秘密。
企業じゃないけど。w
結果、特に問題は起きずに、6カ月後にちゃんと呑めました。
天使の分け前はもちろん3カ月より多くなりますが、壊滅的に減ることはありませんでした。
呑み口は、専門的なテイスティング用語は使えませんが、明らかに芳醇でまろやかになります。
画像では色しかわからないですが、一応参考までに、アップしておきますね。

画像


これに気を良くして、次は9カ月に挑戦しました。
使ったのはカティーサークの一番安いのです。
近所の量販店で税抜き790円。
安いです。
カティーサークにした理由はこのクラスで一番色が薄いから。
どれだけ色が着くか。
純粋に6カ月と9カ月の熟成度の違いを比べるなら、他の条件を揃えなければ意味が無いですが、科学の実験じゃないですから。
お気楽な実験です。w
そんなわけで、6か月熟成の後、自家製のブルーベリー酒を入れて、短期間寝かせ、香り付けをしてみました。
その効果も確認したい。
結果は微妙。
量的には、いよいよ天使の分け前が増えて、熟成前の半分ぐらいにまで減ってしまいました。
それは織り込み済みですが、問題はブルーベリーの香が強くなり過ぎたこと。
誇張して言うと、ウィスキーを呑んでるんだか、ブルーベリー酒を呑んでるんだかわからない。
不味いわけではないですが、ちょっと思惑がはずれました。
ほのかに香るぐらいが良かったんですが。
そう簡単にはいきませんね。
今度はブルーベリー酒を寝かせる期間を、思い切り短くしてみるかな。

以上、最近のご報告でした。

2019年4月7日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

たっくん
2016年06月25日 04:49
9月下旬を楽しみに待っています!
2016年06月25日 08:48
なるほど、天使の分け前ですか?
素敵な表現ですね
こんな表現大好きです
しかしりうさんは相当ウィスキーがお好きなんですね
樽を買ってきて、ご自分で熟成させるとは驚きました
でも楽しそうって言うか、どんな味に仕上がるのか楽しみで自分も真似したくなっちゃいます
ちなみにテーブルの天板も樽を模した物とは、やはりこれはマニアの域に達していますね!
2016年06月25日 19:52
良いものを手に入れられましたね
今年は僕も梅酒を漬け込みました。(ちょっと違うか)
熟成期間が短い洋酒といえば、昔「伊万里」で愛飲していたジョージア・ムーンというケンタッキーウィスキーを思い出します。
表面のラベルにless than 30days oldと書かれたこのお酒は、飲む度に喉がイガイガしました
9月の樽開きが楽しみですね。
2016年06月25日 21:17
たっくんさん

もし失敗でも、報告しますね。(笑)
2016年06月25日 21:27
ゆけむりさん

長熟物が高価なのは天使のせいですね。(笑)
自宅でできるちょっとした遊びです。
外で呑むより安いし、家族も心配しないですみますから、良い遊びだと思います。
天板は中国製のなんちゃって山崎です。
2016年06月25日 21:34
達さん

偶然見つけました。
自分で熟成すると、ウヰスキーの理解も深まると思いまして。
我が家でも梅酒を漬けますが、IT任せです。
自分はブルーベリー酒を毎年2瓶漬けてます。
ホワイトリカーとブランデーで。
自分で呑むより、酒好き女子に配ってます。
達さんはアメリカンがお好きなんですね。
いつぞやもブラントンのことを書かれてましたね。
ブラントンはいつか呑んでみたいです。
きっと共和党支持者の愛飲するお酒なんでしょうね。
ジョージア・ムーンも隅に置けませんね。
less than 30days oldだと、スコットランドの法律では、ウヰスキーとして売り出せないです。
でも、そういうのを好む荒くれ男が居るんでしょうね、南部には。
ローハイドの世界ですね。

この記事へのトラックバック

  • 天使さん、飲み過ぎ。(笑)

    Excerpt: 自家エイジングと称して、3ヶ月前にミニ樽にウイスキーを仕込みました。 その結果のレポートです。 Weblog: 武蔵野そば racked: 2016-09-23 23:19