武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎日でも行きたい Girasole@所沢市日吉町(2015.12.3昼)

<<   作成日時 : 2015/12/06 09:44   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 12

気分はGirasole。
告膳さんの並びのイタリアン・バールです。
可愛いらしい店舗で、テーブル席が窓際と奥に一つずつ。
他はカウンター席。
カウンターは厨房前とお店の中央に設えてあって、中央のカウンターが間仕切り的に機能しているせいで、狭い空間ながらも、プライベート感が保たれています。
よくできたレイアウトと言えます。
今回は12時過ぎで、幸い奥のテーブルが空いてました。
画像

いつもの連れ(IT)と2人、ランチセットのパスタを2皿頼んで、シェアすることにしました。
本日のおすすめの中から、“若鶏と赤白菜のオイルベース”と“カキとホウレン草のトマトソース”を。
この季節、イタリアンも牡蛎なんですね。
画像

有料オプションで前菜が選べます。
“自慢のお野菜たっぷりサラダ”と“前菜の盛り合せ”の2品を頼みました。
両方とも先日の一久さんのキス天と同じ200円です。
安っ!
画像

セットのドリンクにはグラスワインも選べるので、白ワインをもらうことにしました。
ITはコーヒー。
画像

サラダは小品ながら、野菜の種類多し。
野菜の選択も良いし、盛り方も良い。
当然、彩りも良い。
センスの良さを感じます。
京都の。。。いや、よしましょう。(笑)
画像

盛り合せはサラミ、生ハム、ピクルス。
グラスワインにぴったし。
画像

カキとホウレン草の方は大盛にしました。
140gです。
ちなみに並盛は90g。
画像

カキは4つ入ってました。
大粒です。
プリプリのプリ。

トマトソースの方のカキ感はごく控えめ。
カキ好きとトマト好きの両方を満足させる調整ですな。
画像

鶏と赤白菜の方はビジュアルに圧倒されます。
実に印象的。
赤白菜は白菜の仲間かな?
あまり火を通してなくて、馴染みの薄い生白菜的な味わい。
それはそれで面白い。
画像

追加で赤ワインも。
画像

ITのコーヒーが出て、セットの完結です。
ドルチェは取りませんでした。
今思うと、ランチの一口デザートは取っても良かったかも。
ここは何を頼んでもまず失敗はないですから。

ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
白ワインと共にイタリアンランチとは、お洒落ですね〜
なんか休日のゆったりした時間を楽しんでいられるようで、なんとも羨ましいです!
カキとホウレン草のトマトソースですか?
カキとほうれん草だけなら珍しくはありませんが、それをトマトソースと合わせるのは初めて見ました
なかなか美味しそうですね
トマトソース大好きなので、これは食べてみたいです!
若鶏と赤白菜のオイルベースってのも見た事ありません
メニュー選びに迷いそうです(笑)
ゆけむり
2015/12/06 10:25
ご夫婦仲良くイタリアンランチ、素敵過ぎますぅ〜〜ッ。
(///∇///)

私ならグラスじゃ〜足りませんわ(笑)

うき
2015/12/06 14:25
りうさんはこういう素敵な料理を出す洋食屋さんを探すのが上手ですね。やはり英国におられたことが嗅覚に繋がっているのでしょうか?
素敵な料理を出すお店は店内の雰囲気も素敵なのは英国も日本も変わりませんものね。
それにしてもそちらは今は和洋を問わず牡蠣があるのですね。驚きました。
こちらではないはずがないと思って行った卸売市場の場外食堂を軒並み探しても牡蠣のかの字もなかったです

2015/12/06 19:32
ゆけむりさん

わざわざワインを単品で頼むことは抵抗がありますけど、セットのドリンクでワインが選べるとなると、ワインを選んでしまいます。
アサリも,マイナーながら、トマトと組み合わせることがありますからね。
カキもアリでしょう。
特に違和感は感じませんでした。
若鶏と赤白菜は色彩重視でしょう。
これをトマトにしたら台無しです。
イタリア語の名前が付いてないようなオリジナルな料理がいろいろあって、しかも安いので、ランチユースにはうってつけです。
りう
2015/12/06 20:41
うきさん

このお店はカジュアルですけど、とてもお洒落で良い感じなのです。
自分のようなむさくるしいオジさんは似合わないのです。
でも、安くて美味しいから行ってしまうのです。
いくらうきさんでも、ランチでボトルはやらんでしょう?(笑)
りう
2015/12/06 20:44
達さん

> 嗅覚
達さんには及びませんよ。
英国の場合、美味しいのは、非英国料理ですけど。(笑)
京都には牡蛎を扱うお店が少ないのですね。
何か理由があるのでしょうか。
意外な感じがします。
昔は保存に耐えない食材は使わなかったでしょうが、今もそういう伝統が続いてるのでしょうか。
もしそうなら、和久傳「五」は京都では進歩的ということになるんでしょうね。
りう
2015/12/06 20:50
りうさん、確かに英国ではベトナム料理か中華でした(笑)
京都というより関西ですね。牡蠣をそんなに尊重しないのは。
広島や岡山からふんだんに入荷があるので、今は岩牡蠣の方が人気で、牡蠣は出始めのほんの一時期だけ旬ものとして重用されるのでしょう。
和久傳の場合はちょうどその時期だったのか、観光客向けに定番化しているのかも知れませんね。

2015/12/06 23:19
思わずシャッターを切りたくなる外観に、まずそそられますね。店に入る際には、Buon giorno!って平気で云えそうな雰囲気。
料理にも、明らかに店主のセンスが見て取れます。
こんな店、好きですね。
HANDSOME DAN
2015/12/07 01:57
  こんにちは。

 パスタ、美味しそう!
140gは食べきれないかも・・・。
カキがぷりぷりですね。
アメフラシ2899
2015/12/08 16:37
達さん

英国のベトナムですか。
未食です。
今度行ったら、ちょっと気を付けて見ます。
牡蛎の位置づけは関西と関東でずいぶん違うようですね。
岩牡蠣が人気というのは関東でも同様です。
関西では、真牡蠣が普及してないところに岩牡蠣が入ってきたのでしょうね。
和久傳は、なるほど、早かったですね。
端境期的なタイミングだったのでしょうね。
りう
2015/12/09 00:08
HANDSOME DANさん

気取りの無い、イタリアの街角のお店風のお店だと思っています。
そう思わせるセンスがあります。
有閑マダム達の溜まり場になるほど広くないところもグッドです。(笑)
りう
2015/12/09 00:12
アメフラシ2899さん

パスタもサラダも食欲をそそるビジュアルでしょう。
なかなかこういうお店はありません。
牡蛎は今年は出来が良いみたいです。
牡蛎鍋も食べたいなあ。
りう
2015/12/09 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎日でも行きたい Girasole@所沢市日吉町(2015.12.3昼) 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる