武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS いつの間にやら6周年 獅門酒楼@横浜中華街

<<   作成日時 : 2018/05/29 22:32   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

今日で6周年だそうです。
BIGLOBEからのメールで知りました。
佳蕎さんのそばに感動して始めたこのブログ。
6周年も佳蕎庵で飾れれば理想でしたが、微妙にズレちゃいました。w

画像


さて、今日の記事は横浜中華街訪問記です。
毎回未訪問のお店を開拓してまして、今回の訪問先は“獅門酒楼”。
店頭の看板には中国料理としか書いてませんが、シーフードが充実していて、たぶん横浜中華街の主流である広東系じゃないかと思います。

画像


このお店を選んだのは、他店に無いユニークな料理が食べられるから。
連れがワイン好きのクリスだったので、ワインを置いているということも理由の一つ。
結局、ワインは頼みませんでしたけどね。

画像


まずは乾杯。
自分は生。
ビールNGのクリスは何やら中国酒のソーダ割みたいのを頼んでました。
写真は失敗。
今回は失敗じゃない写真も、あんまり写りが良くなくて、ガッカリです。

画像


前菜は5種盛り合わせを頼みました。
ハーフです。
これは特に褒めるところはありませんでした。
チャーシューなんか、パサパサだったし。

画像

画像


前菜もう一品は、お店の看板料理の一つ“活鮑の焼きパイ”。
これは納得の美味しさでした。
トコブシじゃないのかというぐらい可愛らしい鮑でしたが、味わいは上々。
パイがまた美味しい。
チーズを使ってる?
クリーミーとさえ言えるようなリッチなパイでありました。
お奨めです。

画像


次が問題。
大問題。
これも看板料理の“活酔払い海老の湯引き”。
テーブルに置かれて直ぐに、「わー、動いてるぅ」などと浮かれて蓋を取ったのが大失敗。
「これは動画だよねえ」と言いつつ、撮影してると、一匹が急に暴れ出して、ガラスの器の外へ。
慌てて拾い上げるクリス。
追跡して撮影してたら、次々に暴れ出す海老の皆さん。
あっと言う間に、全部飛び出してしまいました。
酔払いと言うように、お酒の中に浸かってる海老さん達です。
酒を蹴散らしての大騒動。
その飛沫たるや、信じられないほどの量と飛距離です。
自分から向かって左隣は壁だったのでセーフでしたが、右は空席の隣席を飛び越えて、その先の席のお客さんにまで飛散してしまいました。
「申し訳ありません」とお客さんに謝るりう。
「蓋を開けちゃダメよぉ」と駆けつける店員。
たぶん、フロアの全店員。
「そんなこと言わなかったじゃない」とむくれるクリス。
「まあ、良い思い出になったんじゃない?」とフォローになってないようなフォローに努めるりう。
もうどうにでもなれ、という気持ちでありました。
飛び散った酒を拭き取るのに、一体何枚のおしぼりを使ったやら。
もちろん、途中で撮影は止めました。
もし全部撮り切って動画サイトに上げたらウケたかなあと、今になってみるとちょっと残念。ww

画像

              茹でられてしまったの…


気を取り直して。

画像

画像


肉はダメかなあと、続けて魚介系を頼みました。
“ソフトシェルの香港漁師風炒め”
脱皮直後の柔らかい蟹の料理です。
油壷のシーボニアでも食べましたっけ。
炒め物ですけど、一般的な炒め物とは趣が違って、パン粉みたいなサラサラの粒の中に埋もれて出てきます。
時期的に上海蟹は無理ですから、その代わりにと思って頼んだ一品。
食べやすいし、それなりに蟹らしい味を楽しめたので、自分としてはOK。
クリスはどう思ったか。
永遠の謎であります。

画像


と言うのは嘘で、明らかにご機嫌ナナメ。
何か頼んだらと言うと、超無難なものばかり頼み始めました。
ますは青菜炒め。
この日は青梗菜と椎茸。
この種の野菜炒めとしてはすごく美味しかったです。

画像


それと、あろうことか酸辣湯を注文。
麺じゃないですよ。
スープ。
コースの終わりに差し掛かってのスープ。
店員さんも「えっ?」みたいな反応でした。
暑い日なのにね。

画像


お酒は亀出し紹興酒を2合×3だったか。
いつもの2人の三分の一以下のアルコール摂取量。

と言うわけで、どうも順調とは言い難いお食事会と相成りました。
店を出て、いつものように手を握ると、約5秒で「終了!」と手を引っ込めるクリス。
マジで不興を買ってしまったようです。
おそらく、自分達が立ち去った後のお店では、店員さん達が「あの二人はうまくいかないあるよ」かなんか言ってたんでしょうねえ。
リベンジしなきゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
酔っぱらい車エビは大暴れしましたか?
飛び跳ねて次から次へ飛び出すのを想像するとニヤッとしてしまいます
お連れさんも相当焦ったでしょうね
実は自分もあのピクピクッってのが苦手です
殻をむいている時のピクピクッは絶対ダメ
とてもじゃないけど食べられませんよ(笑)

ソフトシェルクラブは美味しそうですね
香港漁師風炒めですか?
いったいどんな味なんだろう、食べてみたいです

お店を出て手をつないだら、5秒で終了ってひっこめられましたか
う〜ん、中華街は人が多く道が狭いから密着して歩くのがベストなんですけどね・・・
う〜ん、

なるほど、店員さん達の気の毒そうな顔が目に浮かぶようですね
ゆけむり
2018/05/30 07:51
僕も読みながらこの2人うまく行かないあるよと思いました。
酔い海老の蓋を開けてはいけません。海老は自らの最期を予知していて、何とか仕返ししょうと待ち構えているのですから

そうそう6周年おめでとうございます。
ということは僕たちがブログで知り合ってからほぼ6年になるということなのですね。

焼きパイは美味しいのがよく分かる写真です。
ソフトシェルは熱々のパン粉とニンニクが掛かっていて美味しいですよね。
僕も香港の橋底辣蟹という四川料理のお店でワタリガニの漁師風炒めをよく食べたものです。
酸辣湯もナイスチョイスです。暑がりのりうさんは大変でしたでしょうが、拗ねたおなごに飲ませると不思議と機嫌が戻って来ます
このお店、良さげな料理もあるようですから、またリベンジに来たいですね。
当分そんな気にはなれませんか?

2018/05/31 14:22
ゆけむりさん

ゆけむりさんは経験者でしたか。
いやあ、あんなに海老が元気だとは。
驚きです。
テーブルも椅子も我々の服もしぶきを浴びて散々でした。
ソフトシェルはパン粉ですかね、基本は塩と中華らしい混合調味料での味付けだと思います。
香は特に無し。
その分、蟹自体の味が活きてました。
「終了」はショックでした。
クリスは気が強いし、我儘。
時々こういうことがあるので、まあ慣れていると言えば、言えなくもないです。
今日会ったら、不機嫌は治まったようなので、さっそく「次」の算段をしました。
りう
2018/05/31 22:33
達さん

今日、クリスとCDの貸し借りで会ったんですが、全然気にしてないようだったので、ホッとしました。
「面白かった」とか言って。
店中のお客さんの好奇の的になったので、むくれたんでしょうが、場所が変わればですね。
そうです。
6年。
「武蔵野そば」のどの記事が達さんのお目に留まったのか、今では憶えていませんが、その時はここまでご縁が続くとは予想だにしませんでした。
そもそものブログ立ち上げのきっかけとなった庵主とのご縁も、です。
今後とも、何卒よろしくお願いします。
焼きパイはパイに一工夫してるのが天晴です。
また食べたいと思いました。
香港で四川料理ですか。
やはり本場の料理料理もパン粉なのですか??
酸辣湯は嫌がらせかと思いましたが、そんな効果があるんですね。
憶えておきますね。w
今日、無理やりクリスに会い用事を作って話す機会を作ったのですが、さすがに同じお店にまた行こうとは言えませんでした。
数年前の墨田川花火のリベンジか、何か他の企画になりそうであります。
りう
2018/05/31 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつの間にやら6周年 獅門酒楼@横浜中華街 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる