武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 名残の特大牡蠣 佳蕎庵@小平市小川町

<<   作成日時 : 2018/04/21 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


月例の佳蕎ランチ。
庵主の奨めで、生粉と粗挽きの食べ比べをいただきました。
それと、これも庵主の奨めで、名残の牡蠣の天ぷらも。

画像


天ぷらが先に出てきました。
でも、出てきたのは天婦羅だけじゃなくて、丼ぶり飯にあら汁、加えてセットの小鉢や香物も。
自家製タルタルソースも添えられているので、トレイの上は賑やか。
そばはどこに置くんでしょう?
と心配になるぐらい。

画像


入念に撮影をしていたら、箸を手にする前にそばが到着。
まず、繊細な生粉から。
珍しい鳥取在来です。
相変わらず見事な細打ち。
かつてのような徹底した水切りでポソッとした食感になってるということはなくなりましたね、最近は。
しっとりした方が自分は好きなので、歓迎です。

画像

画像


こちらが食べ終わったのを確認してから、2枚目が出てきます。
これは重要なことですね。
粗挽きはけっして太打ちというわけではありませんが、強烈なオーラを発散しています。
こちらは大野在来。
粗挽き故のオーラなのか、大野故のオーラなのか。
両方かな。
このそば感。
これだから、佳蕎通いは止められぬ。w

画像

画像


名残の牡蠣は巨大でした。
しかも、それが4粒です。
丼ぶりに乗っけて、牡蠣天丼を作ってみたら、あまりに牡蠣が大きくて2つしか乗りませんでした。
すごい。

画像

画像


丼ぶり飯と巨大牡蠣4粒を食べていると、「ラーメンは格闘技だ!」という巷間流布している戯言が思い出されました。
「佳蕎庵は格闘技だ!」
なんて。

画像


あら汁、美味しかったです。
みそ汁は2種作ったそうで、「地元産の玉ねぎのみそ汁とあら汁とどっちが良いか?」と訊かれました。
あら汁は、ちょっとまかないっぽいですけど、言い換えると、玄人好みっぽい。
選んで正解でした。

やっぱり佳蕎庵ですね。
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そばのアップの画像を見ていると、なんだかそばの風味がこちらまで漂って来るかのようで、無性に食べたくなりますよ!
また食べ比べってのが良いですね

牡蠣の天ぷらにもタルタルですか?
なるほど、こんなスタイルもOKなんですね
それをドンブリにし、ガッと食べる
いやいやこれは美味そうですね〜
しかしかなりのボリューム、満腹になり過ぎたのではないでしょうか?
ゆけむり
2018/04/21 08:40
こえどっこを拝見し終わって下からスクロールしている時、牡蠣の辺りですぐに「あっ、華僑庵だ!」と気がつきました。僕も目が肥えて来たものです
これはランチですか?コースものですか?どちらにしてもりうさんならではの随分な過剰接待のように見えますね
大腹さんは蕎麦仲間や異業種店の食べ歩きを通じて日々研鑽されているのが見ていて分かるところが素晴らしいですね。
りうさんが漏らす感想も随分手応えになっているのでしょう。
大野在来、見事ですねぇ。美味しそうです♪
大野へひとっ走り行ってみたくなりました

2018/04/22 09:36
ゆけむりさん

ド・アップの画像は最近買い換えたカメラで撮りました。
よく撮れてると自画自賛しています。w
こちらは玄ソバに関して非常にマニアックで、他で食べられないレアものをどんどん提供してくれるので、そば好きの篤い支持を得ています。
自分もたいてい2種類以上食べてます。
タルタルはいかにも自家製らしい味わいで美味しいですよ。
これでエビフライとか食べてみたいです。
いつもながら、実質2人前で腹10分目です。(笑)
りう
2018/04/22 22:18
達さん

やっぱりわかりますか。
今回で90回目の訪問ですから、ブログで記事にするのもたぶん80回以上でしょう。
当ブログの読者の視神経には佳蕎庵の特徴がだいぶ刷り込まれたんではないでしょうか?
これは2種食べ比べに牡蠣天を付けてもらったので、佳蕎食べ比べ+天ぷらセットになってると思います。
それにプラス丼ぶり飯ですね。
全体像は立って撮影しました。w
そうですね。
庵主は勉強熱心です。
交際も広いし、いろいろなことを教えてくれます。
大野在来は優秀な品種です。
自分のような鈍い人間にもしっかりそばの味がわかります。
画像は、思いの外、きれいに撮れました。
りう
2018/04/22 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
名残の特大牡蠣 佳蕎庵@小平市小川町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる