武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS ふぐフェア∈(゚◎゚)∋ 手繰りや玄治@東村山市栄町

<<   作成日時 : 2018/01/31 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

今回のはがきサービスは年賀状でした。
いつもの連れ(IT)とそれを持って行ってきました。
新年のご挨拶は1月中にしないとね。

画像


1月2月は“ふぐ特集”。
オリジナリティ溢れる河豚料理が全部で6品。
頑張ってます。

画像


この日も寒かったので、鍋は一見して当選確実。
白子の炙りもはずせないでしょう。
天婦羅も良いね。
とりあえず3品にして、足りなかったら追加しよう。
たたきとか、皮ポン酢とか。

画像


ドリンクは、ビールを省略して、いきなり熱燗です。
銘柄は訊かなかったけど、くせのないスムーズな呑み口。
越州かしら??
テーブルに一升瓶が置いてあったから。

画像


お通しは松前煮。
大人の味。

画像

画像


はがきサービスは“生ハムのチーズ巻き/うずら玉子のバルサミコ漬け添え”。
今までで一番長いメニュー名かも。
税抜き756円。
力作です。
ワインに合いそうな一品ですね。
昨年からだったか、玄治さんもワインを置くようになったので、ワイン対応の意味もあるのかも。

画像

画像


河豚のトップバッターは白子の炙り。
これはもう最高の日本酒のあてですね。
薄塩仕立て。
デリケートなフグの味を大事にしています。

画像


次は天婦羅。
白身魚は天婦羅で真価を発揮します。
河豚も例外に非ず。
白子だと微かな味を探しに行くことになりますが、天婦羅だと向こうから味が押し寄せてくる。
量的にも十分。

画像

画像


そして、真打ち登場。
野菜たっぷりのふぐ鍋です。
河豚鍋食べるのは久しぶり。
良い出汁が出ています。
ちょうど1年前の“鍋フェア”の開催時に、イカスミ鍋でうどんを手繰ったように、鍋の汁でそばを手繰るのもありかなと思いました。
でも、今回はせいろを頼まなかったので、残念ながら、実行には写せませんでした。

画像


〆のそばは,ITの希望で、湯葉そば。
今まで2回ぐらい食べているおそばです。
かなり気に入ってるようです。
種物でも特に温かいそばですから、寒い時にはもってこいです。
取り皿を添えてくれたので、一口お味見させてもらいました。
いつものことですが、江戸風じゃないからこそ、濃口のコクを排した、出汁重視のつゆが美味しい。
揚げた大ぶりの湯葉がトッピングされているので、保温力抜群で、最後まで温かくいただけます。
おすすめです。

画像


そばを待つ間、店主殿自ら「これでもどうぞ」と熊本の豆腐の味噌漬けを持ってきてくれました。
黙って出されたら、チーズじゃないかと思うような、豆腐とは思えない味と食感でした。
ウイスキーのつまみにも良さそうです。

画像


鍋のたっぷり野菜のせいかな。
満腹を感じて、そばを追加する気になれませんでした。
と言うものの、何故かデザートは欲しい。
一度食べて気に入った大納言のブランデー漬を頼みました。
酒呑みのデザートです。w

画像


おそば屋さんに来て、頭数だけのそばを頼まないのは申し訳ない。
店主殿に謝りました。
でも、この日はささやかなプレゼントを進呈したこともあって、店主殿は上機嫌。
いつも以上に和やかな雰囲気のうちにお開きとなったのでありました。
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いきなり熱燗はこの寒さのせいですね。
今回はトラ河豚ですか?羨ましい...
そう言えばここ数年まともな河豚は食べておりません。
天ぷらにも河豚がはいっていましたか?唐揚げはポピュラーだけど天ぷらは珍しいですね。
白子も鍋も美味しそう♪
純子さまに連絡を取って山口に飛んで行きたい気分です。
湯葉そばもいいですね。僕も先日家で作ってみましたが、今いち見栄えに欠けました。
豆腐の味噌漬けは燗酒やワインのあてに持って来いですね。
金沢の営業所の向かいの老舗の醤油屋があって、金沢の営業所に行く度に買って帰り、花見小路のスナックのママの手土産にしたことを思い出しました
しかし、玄治さんのセンスは素敵ですね。

2018/02/02 00:27
白子の炙りですか?
これまた贅沢ですね〜
羨まし過ぎますよ
天ぷらにふぐ鍋と来たら、お酒がかなり進みそうですね
ゆけむり
2018/02/03 00:12
ゆけむりさん

ふぐの白子って食べられるんですね。
ふぐは疎いんで、知りませんでした。
まったく仰る通り、贅沢ですね。
お酒は進みましたが、お腹がいっぱいになって、そばを1人前食べられませんでした。
りう
2018/02/03 18:24
達さん

失礼しました。
レスが遅れました。
そう言えば、ふぐネタを拝読した記憶がありません。
どうせ食べるなら、本場長州のふぐですね。
唐揚げはおそば屋さんではあまり出しませんね。
やはりそば屋は天ぷらという慣習故でしょうかね。
湯葉そばを自作されたんですか?
それはすごいですね。
さすが京都です。
豆腐の味噌漬けはそば屋のつまみの定番ですが、玄治さんのはひと味違いました。
女将さんのご実家のある熊本産だそうです。
チーズと言われても不信に思わないぐらいの豆腐らしからぬ、しっかりした食感でした。
金沢にも豆腐の味噌漬けがあるんですね。
醤油屋さんが味噌漬けとは面白い。
玄治さんのセンスには行くたびに脱帽です。
弥兵衛さんに奨めてみようかしらと思ったりします。
りう
2018/02/06 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふぐフェア∈(゚◎゚)∋ 手繰りや玄治@東村山市栄町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる