武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマス・ディナー 周@所沢市久米

<<   作成日時 : 2017/12/25 18:33   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

今年のクリスマスは超近場で済ませました。
一番近いレストラン、周さんのHPを見たら、クリスマスディナーの案内が出ていたので、速攻電話して決まり。
最後のひと組と言われました。

画像


周さん、何だか中華のお店みたいな名前ですが、「パスタとピザのお店」です。
本ブログでは1度だけレビューしたことがあります。
住宅街の一軒家レストランですが、自宅改造と言うには本格的な造りで、スペース的にもゆとりがあります。
地元の支持は篤いと言って良いと思います。
グルメには関係無いですが、売り出し中の北勝富士関の実家と100メートルぐらいの位置関係です。w
帰りに前を通ったら、「祝技能賞受賞」の横断幕がフェンスに掲げてありました。

画像


クリスマスディナーは23日、24日の2日間。
しかも、2部制です。
1セッション4組だったかな。
2部屋に分かれてるので、全貌は把握できなかったけど。

画像


ドリンクはやっぱりスパークリングでしょう。
甘いのが好きなんで、甘いと書いてるのを頼んだら、「甘いですよ」と言われました。
「甘いのが好きなんで」と押し切ったものの、想定以上の甘さでちょっと辟易しました。

画像


前菜は4種盛り。
ノルウェーサーモンのマリネ、ジェノベーゼソース。
赤海老の香草パン粉焼き。
牡蠣のオイル漬け。
3種の豆のトマト煮込み。

画像


スープはミネストローネ。
トマト味の野菜スープですね。
ミネストロネもイタリアンだったか。

画像


ここでハウスワインの白をデカンタで。
これも大甘でありました。

画像


魚は富山産スズキのグリル、蕪のソース、冬の野菜添え。
スズキは夏の魚と言われますが、脂が乗って良い感じでした。
でも、けっして旨味が強い魚ではないので、あっさりした蕪より濃い味のソースの方が引き立つと思いますが、どうでしょう。

画像


自分だけ赤ワインを追加。
さすがにこれは大甘ではありませんでしたが、やっぱり甘めでした。w

画像


肉は栃木産霜降り牛のタリアータ、ルッコラのサラダ、レモンソース。
火の通り加減はかなりレアでした。
美味しかったです。
並のローストビーフよりずっと美味しい。

画像


ピザは2種で、トマトとバジル/海老とサラミ。
ハーフ&ハーフのホールが1枚ドンッと出てきたらどうしよう、と心配しましたが、カットしたのが2切れでした。w

画像


パスタはムール貝、帆立、あさりのボンゴレビアンコ。
これは貝3種だけあって、良い味が出てました。
あさりオンリーとはひと味ふた味違います。

画像


デザートは3種盛り合わせ。
苺のショートケーキ。
チョコレートムース。
カシスのソルベ。
ソルベの酸味が良いアクセント。

画像


アフターのドリンクはカフェラテを。
書き忘れましたが、連れはいつもの連れ(IT)です。

画像


前回の訪問では、思ったより本格的なイタリアンだなあという印象を持ちましたが、今回はむしろ家庭料理っぽさみたいなものを感じました。
場所柄、それはそれでよろしいのではないかと思います。
超近場にこういうお店があるというだけで有り難いですよ。
ご馳走様。

画像


翌日はITが恒例のケーキを作ってくれました。
ちょっとイビツですね。w
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
冒頭の牛のたたきのようなタリアータ、実に美味しそうですね
欲を言うなら、大盛りタリアータ丼にして食べたいです
お近くにこんな良いイタリアンのお店があるなんて羨ましいです
ミネストローネなんかもとても美味しそうですしね

でも一番美味しそうなのは最後のイチゴのショートケーキですね
ゆけむり
2017/12/27 07:31
最期にお連れを明かされましたが、あっさり周さんに即決してしまわれた時点でITさまとごいっしよだということは分かってしまいましたw
白ワインは想定を越える極甘だったようですが、どれも美しさが際立つ見栄えの良い調理が印象に残りました
鱸は確かに魚自体が淡白ですごく美味しいというものでもないので、ソースで食べさせる工夫が必要ですね。
でも、今年もおふたりでよいクリスマスディナーが守れて良かったですね
心持ちいびつなホールケーキは年季の証しです

2017/12/27 09:27
ゆけむりさん

タリアータは良い感じに火が通ってました。
とろりとして美味しかったです。
丼も良いでしょうね。
でも、量が2倍は必要でしょうから、けっこうイイお値段になりそう。
我が家の近所は商店街というものが無いのですが、うまい具合に飲食店はポツポツとあるんですよ。
手打ちそば、焼肉、寿司、カフェ、イタリアン、エトセトラ。
自家製ケーキは結婚以来ず〜っと変わらず丸い苺ケーキです。
りう
2017/12/27 18:37
達さん

自宅の近くで他の連れはまずいですね。
隣の奥さんにでも目撃されたらエライことになります。
酒類の甘さは客層が原因かなあ。
八割ぐらいは近所の奥様方でしょうから。
スズキは通年でお目にかかりますね。
淡白なスズキにあっさりした蕪だと、他の要素も欲しくなります。
ITはあまり贅沢なお店に興味が無いようなので、こちらもついお店選びに手抜きをしてしまいます。
たまには遠出もしてあげないといけませんね。
ケーキを必ず作るのは自分が食べたいからのようです。
りう
2017/12/27 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマス・ディナー 周@所沢市久米 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる