武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 創業の街に新店舗オープン 丸め東久留米店@東久留米市中央町

<<   作成日時 : 2017/12/29 22:40   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 8

親愛なる丸めさんが、このほど創業の地、東久留米に新店舗をオープン。
オーナーの丸目さんが常駐するみたいなので、実質ここが本店になるのでしょう。
やっぱり丸めは東久留米です。
丸めファンとしてはとてもうれしい。

画像


旧本店と比べて、駐車場事情が大幅に改善されました。
かつては駐車場が3〜4台分しかなく、駐車待ちのスペースも十分に無かったので、12時台には諦めて他の店を探すことも少なくなかったのですが、今度は店舗近くの無料駐車場4台分の他、2箇所のコインパーキング(合わせて78台収容!)利用については、駐車券を提示すれば、清算してくれるので、以前のような心配はありません。
確実に駐車できるのは強みになるでしょう。

画像


さて、メニューですが、現在唯一の支店となっている新所沢店とは差別化を図っているようです。
旧本店とまったく同じとはいかないものの、原点回帰を意識しているのは確か。
自分はこのブログで「かつての魚厚つけ麺の復活を希望する」と何度か書いたことがるのですが、丸めさんは読んでいてくれたらしく、“あっさりつけそば”の名で復活させてくれました。
名前が変わっていたせいでそれに気付かず、中華そばの方の食券を買ってしまったところ、「りうさんのお好きな魚厚つけ麺を復活させたので是非」と薦めてくれたので、即オーダー変更。
30円の差額はサービスということで。

画像


しかし、時代ですね。
あっさりもかなり濃厚でした。
でも、味付けは主流の甘味の強いつけ汁ではなく、かつての魚厚を彷彿するキリっとした醤油味。
お酢ではなく、食材に由来しているらしきほのかな酸味も往時のまま。

画像

       つけ汁の具を並べてみましたw


具はデフォルトで、さいの目チャーシュー、材木シナチク、その他たっぷりの野菜。
追加で有料トッピングのワンタン4個。

画像


麺は自家製麺の復活はならず。
創業以来のお付き合いの三河屋製麺製です。
レシピは自家製と同じで作ってもらってるそうです。
平打の太麺。
平打と言っても、完全に平たいわけですはなく、ちょっとリングイネに近い形状です。
表面はツルッツル。
唇越しも喉越しも超スムース。

画像

       
かつての魚厚の麺は極太縮れ麺でした。↑↑↑
持ち上げの良さ、不定形さから来る唇越しの微妙な感触が特徴でした。

画像


麺にもトッピングが乗ります。
味玉はオプション。
丸めさんの味玉はいつ食べても美味しい。
出汁が黄身までよく浸透してます。
他に海苔も。
海苔も丸めさんのアイデンティティですね。

画像


無料サービス付きます。
A:麺大盛り、B:黒丸ミニご飯、C:赤丸ミニご飯。
黒丸と赤丸はそぼろがトッピングされたライス。
黒は特製醤油ダレ、赤は辛味噌&ラー油でそれぞれ味付けしてあります。
赤の方がブログ映えするだろうなと思いつつも、辛いのは苦手なので、黒にしました。w

画像


割スープはポットで供されます。
その方がお店側にも客側にも面倒が無くてイイですね。
旧本店と違って、オープンキッチンではないので、工夫したんでしょう。

画像

             旧田無店の看板


11時20分に到着して、先客1人。
30分後に食べ終わった時にはほぼ満席。
お客さんは100%男性。
カウンターで食べてて、食事中は後ろの様子がわからず、食べ終わって振り向いてギョッとしました。
男の世界です。
う〜ん、マンダム。
新所沢店は女性率がすごく高いんですがねえ。
場所柄なか。
まあ、繁盛してるんだから、男も女も関係無いですね。w
ご馳走様!

画像

画像


お祝いのお返しに、チャーシューを1本頂戴しました。
自分でタレを作って食べました。
丸めとりうのコラボ。w
美味しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
  こんばんわ。

 つけ麺の中華そば、おいしそう。
お祝い返しのチャーシユウもいい出来のようです。

 今年1年、ありがとうございます。
来年もよろしく。
よいお年を!
amefurashi 2899
2017/12/29 23:20
amefurashi 2899さん

チャーシューは温めると、脂がとろりとして、甘味もまして、美味しくなりました。

いつもコメント有り難うございます。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎えください!
りう
2017/12/30 12:27
駐車場が確保されているのは実にありがたいですね
なるほど、背脂と煮干しのつけ麺ですか
酸っぱいつけ汁は苦手ですが、お酢ではない酸味はOKです

開店祝いにお酒を送るなんて、りうさんの人柄が分かりますね
これに応えるお店の主人も良い方のようですね
お礼のチャーシューが実に美味しそうですね!

実は同じような事を某馴染みの焼き鳥屋にしたんですが、口では嬉しいと言っていましたが実際はそれほどでもなかったようです
過去の話ですが、ガッカリした事を今でも鮮明に覚えています(T_T)

今年も色々とお世話になりました
来年も宜しくお願いします
良いお年を!
ゆけむり
2017/12/30 23:49


「今年一年有難う御座いました。
来年も宜しくお願いします!   」
たっくん
2017/12/31 12:51
ゆけむりさん

駐車場は広いに越したことはありませんね。
でも、ピーク時に合わせて枠を契約するととんでもない出費になりますから、コインパーキングを活用するのは得策でしょう。
ここで酸味と表現したのは酸辣湯のような酸味とは全然違います。
隠し味的なものです。
バランス的に良い感じになっていると思いました。

丸めさんはスクラップ&ビルドを精力的におやりになるので、これで開店祝いは4回目です。
今度は長く続くかなあ。

そうですか。
焼き鳥屋さんで。
開店自体、素直に喜べない裏事情があったんでしょうかねえ。
残念ですね。

いや、こちらこそ楽しい交流ができて嬉しく思っています。
来年もよろしくお願いします。
では、良いお年を!
りう
2017/12/31 18:18
たっくんさん

たっくんさんは絵文字使いが上手いですよね。
見ていると、元気が出ます。

こちらこそ、よろしくお願いします。
良いお年を!
りう
2017/12/31 18:20
おお、待望の丸めさんが東久留米で復活ですか?
名前は変っているものの強く要望された魚厚つけ麺まで復活して、りうさんにとっては重ね重ね嬉しい出来事でしたね
また律儀なりうさんらしくお祝いの日本酒を持って行かれたのですね。丸めさんも喜ばれたことでしょう。
小金井のお店に飾ってあったりうさんのお祝いを思い出します。
丸めさんの東久留米店、僕もいつか行ってみたいです♪
お返しに戴いたチャーシュー、写真で見ても美味しそうです
今頃は佳蕎庵のお蕎麦で年越しですか?
来年もよろしくお願いしますね

2017/12/31 22:05
達さん

新東久留米店が終の棲家になってくれると良いのですが。
丸めさんは、東京のラーメン通なら知らない者の無い、たけちゃん煮干の出身で、あっさり煮干が原点なんです。
自分もそういうお店として丸めさんに通い始めたので、そのコンセプトの復活はうれしいです。
お祝いのお酒ですが、要冷蔵では飾ってもらえないので、いつも常温OKのを贈ってます。笑
チャーシューはラーメン用なので、そのままだと脂が固まってまして。
ちょっとチンすると、俄然美味しくなるんですよ。
今日、残りを食べました。

見込み違いで、締め括りの記事を書けませんでした。
丸亀で大海老うどんでもと思い、立川若葉店に行ったところ、「本日はお持ち帰り海老天のみの営業です」と。
そんなん公式サイトのどこにも出てない。
がっかりです。
でも、株を売り払ったので、もはや他人と諦めて大人しく退散した次第です。笑
そういうわけで、今年はもう残すところわずか。
来る年もどうぞよろしくお願いします。
りう
2017/12/31 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
創業の街に新店舗オープン 丸め東久留米店@東久留米市中央町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる