武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS グルメ記事1、000件達成 萬両@町田市原町田

<<   作成日時 : 2017/10/10 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 12

タイトルの通り、グルメ記事1千件です。
当ブログの記事はほとんど「こんなん食べましたぁ」というグルメ関係の記事ですが、他に意味不明の記事も若干あるので、全体の1千件は既に達成済みですけど。

画像


最初の記事は2012年5月29日付け。
佳蕎庵の白海老天ぶっかけでした。
「ですます調」ではなく、庵主を店主と書いてます。
自分の文章とは思えません。w

さて、記念すべき1千件めは「多摩の未訪問市町村でそばを食うぞシリーズ」の続きです。
町田に行ってきました。
ゲストにラー友の「町田のご隠居」ことKMさんをお誘いしました。
(ゲストとは言っても、割り勘。w)

画像


行き先は萬両さん。
粗挽きそばのお店です。
ネットで検索して、ざるの中央にちょこんと積み上げるようなそばの盛り方に惹かれました。
これはなかなかセンスあるんじゃないかと。w
小田急町田駅東口から徒歩5分ほどというアクセスの良さも魅力です。

画像


一応予約をしようと電話を入れたところ、予約は受けていないということでしたので、開店時間の12時の少し前に着くように出かけました。
実際に着いたのは15分前ぐらい。
すでにKMさんは到着されていて、店舗写真を撮影中でした。w

他に開店を待つ人は現れず、難無く一番客となることができました。

画像


せっかくですから、そば前を少し。
とりあえずのビールはエビス。

画像


ホワイトボードに酒肴のリストが書いてあったので、「鶏ササミとしらがねぎのザーサイ和え」を頼んだところが、「ごめんなさい……」と女将さん。
追い打ちをかけるように、「天ぷらもまだ……」
12時というのは開店時間としては早い方ではないと思いますが、仕込みが間に合ってないわけですね。
う〜む。

開店前から並んだ一番客に冷水をぶっかけるような展開になってしまったのを気にしたのか、女将さんから、「かき揚げなら、1人前できますが」というご提案。
何故に1人前だけ?という疑問はさて措き、
「いただきましょう」
他に、「とうふのみそ漬け、本わさび添え」、「にしんの山椒風味」、「だし巻玉子」を注文。

画像


お通しは特に用意が無いようです。
とうふのみそ漬けがお通しみたいになりました。
これはビールより日本酒に合うので、後々のためにキープ。

画像


かき揚げは力作。
かき揚げの海老と言えば、小海老が普通ですが、こちらの海老は中海老と呼んで良いぐらいの立派な海老です。
しかも車海老。
衣は海老と野菜を繋ぎ留めるのに必要なミニマムの量。
う〜ん、ゴージャス。
衣の中に小さな海老が埋没して見つけるのに苦労するようなかき揚げとはえらい違いです。
KMさんもたいそう気に入っていたご様子でした。

画像


にしんもよく炊けてました。
山椒はそれほど強くなく、山椒が苦手な人でも食べられそう。
甘さもくどくなて良し。

画像


だし巻きも月並みではありません。
大きいのが二段重ねになっていて、まずそのボリュームに驚きました。
遠目に見たら、揚げ出し豆腐に見えそうです。(見ないか?w)
食感はふわふわで、頼りないほど柔らかい。
よくこんなに柔らかいのを二段に重ねるもんだなあと感心しました。
味に関しては、だし巻きとしてやや甘さがはっきりしてるかな。

画像


お酒も1合だけ呑みました。
お酒は1銘柄だけで、選択はできません。
出てきたのは日高見。
いつもそうなのかは不明です。
幸い自分の好みの呑み口でした。

もうちょっと酒肴を頼んで、併せてお酒ももう1本と思ってたら、「おそばをお出ししてよろしいですか?」
と、お声掛かりならぬ、逆お声掛かりです。
またもや、うーむ。

ま、良いでしょう。
〆いきましょう。
KMさんは2枚。
自分は1枚。

画像

         KMさんの鴨ロースト汁(冷)


つけ汁がいろいろあります。
もり汁の他に、鴨と鶏つくね汁、鴨ロースト(冷)、きのこと鶏つくね、具だくさん、etc。
KMさんは鴨ロースト、自分は具だくさんにしました。

画像

画像


具だくさんは、揚げ茄子他野菜がいろいろ。
変わったところで、蒲鉾。
肉類は無し。
でも、旨味はたっぷり。
ごついうどんにも負けなさそうな力強い汁でした。

画像


そばは、書いたように、粗挽き。
粗挽き1本です。
だからでしょうが、極端な粗挽きではありません。
言うなれば、「やや粗」。
打ち方もけっこう細い。
並そばと粗挽きの中間的なそばのように感じました。
良い意味で万人向けの粗挽き。

画像


意外だったのは、KMさんの2枚目の「熟成」そば。
酒もそばも1種類かと思ったら、そばは、打ち方は同じながら、2種類あるんですねえ。
一摘み頂戴しましたが、微妙に細く、粗挽き的なワイルドさが微妙に弱い。
丸い感じです。

画像

            向きが逆ですがw


KMさんはさらに1枚追加。
今度は普通のもり汁で。
こちらは味見はしてませんので、ノーコメント。w

KMさんは昔は10枚食べたそうですが、今は3枚で打ち止め。
10枚じゃ、懐も大変ですよね。

画像


ダイエット中の自分も追加がほしくなりました。
女将さんがKMさんに薦めていた「冷しかけそば」を自分が引き取って、食べることにしました。

第一印象は「小さい」。
ミニ丼的な小さい器に盛られて出てきた冷かけは、超シンプル。
つゆとそばのみです。
薬味は別皿。

画像


つゆは色がかなり濃いめ。
出汁とのバランスは、色が物語る通り、濃口醤油のコクが勝ってる感じ。
甘味があまり感じられないのがそういう印象を醸してるんでしょう。
女将さんが「飲み干して」とおっしゃるので、完飲しました。
のべ500軒のおそば屋さんで、「飲み干して」と言われたのは初めてのように思います。

あんまり褒めてませんね。w
でも、甘さを抑えた冷たい汁と並そばとのハイブリッドのような洗練された粗挽きとのマッチングはグッド。
一気呵成に手繰ったのでありました。

画像


蕎麦湯も特筆もの。
具だくさんの方に蕎麦湯を頼んだら、器を引き取って、蕎麦湯と山椒と三葉を入れてくれました。
「もし足りなかったら」と湯桶に入った蕎麦湯も。
うれしいサービスです。
「飲み干して」と同じく、つゆに対するプライドを感じます。


<総評>
酒肴は4品しか頼みませんでしたが、いずれも丁寧な仕事の産物であることがはっきりと感じられました。
特に、かき揚げとだし巻きは個性的な逸品に仕上がっていて感服しました。
そばも粗挽き一本ということがそもそも個性的ですが、並そばに少し歩み寄ったようなライトなあらびきにしているところはよく考えているようで、天晴れ。
この人たちは昼酒をやる客に慣れてないのかとちょっと首をかしげたくなるような対応もありましたが、テーブルに並んだものの評価に関する限り、このお店を1,000レビューに選んだことは、間違いではなかったと思っています。
ご馳走様。

 * * * * * * * * * *

さて、KMさんとの会食のアフターはカフェというのがいつものパターン。
この日は上島珈琲へ。

画像


連休初日で天気にも恵まれ、大変な混みようでした。
店内に空席は無く、店頭のテラス席でしばし歓談。
自分の地元じゃそんなことできませんが、町田ならね。w
理系人間のKMさんのお口からは、文系人間の自分にとって耳新しい情報が次から次へと溢れ出します。

画像


良い刺激になりました。
奥様は逃げちゃうそうですが、自分も毎日だったら、逃げるかな?w
そうならないのは、きっとKMさんとの会食のペースがちょうど良い具合からなんでしょう。
このペースで今後ともよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
グルメ記事1000回おめでとうございます!
なかなか大台に乗せるのは大変ですからね
素晴らしいと思います

開店したのにそば前を用意できない
なぜか天ぷらも1人前とは、いったいどうしたんでしょうね?
自分だったらかなりテンションが下がりますよ
粗挽きも美味しそうですが、冷やしかけそばも美味しそうですね
そば前が完璧だったらもっと満足度が高かったのに、お店には一考願いたいもんですね
ゆけむり
2017/10/10 22:28
ゆけむりさん

有り難うございます。
こうして続けていられるのも、当ブログに目を留められて、熱心にコメントをおよせくださる皆様のおかげと感謝しています。
と書いて、ふと思うのですが、ゆけむりさんとの交流が始まったきっかけは何でしたかねえ?
もう何年も前のことで、忘れてしまいました。w
こちらのお店は、食べログで高評価を得ているお店です。
高評価のお店は他にもあって、迷ったのですが、最終的には画像で判断して決めました。
その判断は間違いだったとは思いません。
酒肴もそばもハイレベルでした。
しかし、こちらの思う通りに注文が通らなかったのは、何とも残念です。
メニューにあるもが通らない。
それも1つや2つではない。
これは飲食店として小さくない問題だと思います。
そうですよね。
りう
2017/10/11 00:39
  こんにちは。

 コメント、遅れて、申し訳ありません。
食べ物ブログ、1000件突破、おめでとうございます。

 クルマエビのかき揚げ、目を見張りますね。
おいしいでしょうね。
鴨ロースト汁もよさげです。
amefurashi 2899
2017/10/11 15:20
amefurashi 2899さん

5年以上かかりました。
1年に200件ぐらいですね。
そう考えると、ハイペースだなあと自分でもビックリです。
車海老のかき揚げは贅沢です。
海老天はもっとすごいんでしょう。
それも食べてみたいです。
今後ともよろしくお願いします。
りう
2017/10/11 21:51
KMさんを誘ってまで出掛けた折角の満両だったのに、かなり思惑が違って困惑されている様子が見て取れます(笑)
時間通りに酒肴が揃わないのはちょっと変わった店主殿なのか、お蕎麦を急かす女将さんは蕎麦屋を飲み屋にして欲しくない主義なのか?
お蕎麦屋さんは難しいです
それにしても海老の天ぷらは素敵ですね。まるで良質の中華料理みたいです(褒め言葉になっているかどうか?)
それに、お出汁を飲み干すように催促する女将さんも笑えますね。僕は催促されなくても飲み干しますが。
グルメ記事1000件達成。
りうさんの記事は力作が多いから、内容は充実していますよね。
最初は佳蕎庵のぶっかけでしたか?
この間佳蕎庵ではいろんなものを食べましたね

2017/10/11 23:42
KMです。

この度はお誘いいただきありがとうございました。
わざわざ町田まで来ていただけるのがありがたいです。

もう1000回ですか、すごいですね。
私は9年投稿していてもまだ800回そこそこです。
継続するのは難しいですが、まだ頑張ります。

久しぶりに楽しい時間を過ごせました。
調子に乗ってしゃべり過ぎたようですが、まあ昔からこんなもんです。
私の投稿は都合によりだいぶ先になりそうですが、簡単にする予定です。
これに懲りずにまた誘ってください。

では
KM
2017/10/12 09:03
祝1000!
たっくん
2017/10/14 10:13
達さん

返事が遅くなってすみません。
珍しく夜のつき合いが続いて、帰ってきてバタンキューでして。
現役時代の達さんなら、へっちゃらだったんでしょうけど。w
あまり話をしなかったので推測ですが、お酒を1銘柄しか用意していないというのはやっぱりそば前を重視してないんでしょうね。
「1本ずつ(栓を)開ける」と言われて、ビックリしました。
でも、画像でおわかりいただけると思いますが、酒肴もそばも質は高いです。
センスがあるなあと思いますね。
食べてももちろん美味しいですし。(笑)
佳蕎庵でスタートしたので、佳蕎庵で区切りとも思わなくはなかったのですが、最近いったばかりなので、多摩の未訪問シリーズとKMさんとの会食を兼ねて、電車でプチ遠征しました。
次に佳蕎庵に行く時は呑もうかと目論んでいます。
りう
2017/10/14 18:50
KMさん

楽しい時間を過ごすことができました。
有り難うございました。
800回ですか?
意外です。
自分がラーメンのレビューを始めた頃は、すでに大家でいらしたので。
マイペースが長続きの秘訣だと思いますので、無理せず、続けてください。
また遠征します。
酒無しなら、クルマでお迎えに行って、はしごもアリですね。
では、また。
りう
2017/10/14 18:54
たっくんさん

いつも有り難うございます。
りう
2017/10/14 18:55
遅ればせながら、グルメ記事1000件達成おめでとうございます。
いつも記事は読み応えがあって楽しんで読ませていただいております。
これからも頑張ってください。
御厨十四彦
2017/10/16 20:52
御厨十四彦さん

有り難うございます。
訪問してくださる皆様のおかげで、ここまで続きました。
今後ともよろしくお願いします。

りう
りう
2017/10/17 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
グルメ記事1、000件達成 萬両@町田市原町田 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる