武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS 機械打ちではナンバーワンかも 小平うどん@小平市回田町

<<   作成日時 : 2017/10/01 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

個人経営の手打ちのうどん屋さんが好きです。
埼玉西部や東京多摩地区のむさしんうどん店はほとんどそういうお店です。
例外的なのがこちら、小平うどん。
その名の通り、小平のうどん店ですが、聖蹟桜ヶ丘にも支店を出しています。
府中にも支店がありましたが、いつしか撤退したようです。
経営母体が広告会社というのは面白いですね。

画像


うどんは店舗と広告会社の間の小さな建物で打っています。
「小平製麺所」という名前まで付いてます。
ガラス張りなので大きな製麺機が見えます。
手打ちを謳って、打ち場を覗けるようにしてるのはよく見かけますが、製麺機を見せてるのは珍しいかも。

画像

          初訪問時の画像ですw


店員さんは大勢います。
皆さん、パートさん風。
肉汁を作るところを見ていると、汁と肉は別みたいです。
トングで肉だけ掴んで、器に入れてますから。
これは興味深いことです。

話が先走りました。

画像


食券制です。
券売機は外。
悪天候の時とか大変だろうなあ。

肉汁肉増しの小盛りにしました。
うどんの量は300g。
十分でしょう。
と言うのは、出かける前に「ふりかけごはん」が無料になるクーポンを印刷してきたから。
自家製メンチカツも食べたいし。
生たまごも付けちゃおう。
なんだかんだけっこうな量になったりして。w

画像


そうです、肉汁でした。
肉を汁で煮込んでないんですかね?
トングで盛ってるということは。
ちょっと気にはなります。
この方式は当然味にも影響するでしょう。

画像


うどんは、地粉色って言うんでしょうね。
太めで、灰褐色で、エッジ鋭い、これぞ武蔵野うどんといううどんです。
ゴワっとした食感。
固い。
形状記憶うどんとでも言いたくなるような、箸で持ち上げてもだらんとしないぐらいの剛直さがあります。
これが人気の所以でしょうね。
でも、機械打ちだからか、一反木綿がありません。

画像


メンチも大きいです。
直径は10センチ強。
厚さは2センチぐらいかな?
重量感あります。
ヤワな割り箸で持ち上げるのは楽ではありません。
味も良い。
あまり余計な味付け香付けをしていないようで、肉の味がダイレクトに伝わってきます。

画像


ふりかけごはんは誤算でした。
ミニサイズかと思ったら、かなりデカイ。
小盛りうどんに劣らぬ存在感です。
頑張らないと。

画像


生たまごを落として、メンチをおかずに食べました。
ふりかけだけでも食べられたとは思いますが。

画像
             紙エプロンw


お腹いっぱいです。
かくて、日本の財政再建と同様、自分の肉体再建もまたもや先送りになるのでありました。
ご馳走様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
このうどん屋さんは広告会社の社長さんの道楽なのでしょうか?
製麺機を見せるって趣向は外観の白と相まってまっことうどん屋さんらしくないですね。
トングで肉だけ掴む。普通のうどん屋さんの肉うどんみたいですね
しかしうどんはエッジが反り返っていて如何にも武蔵野うどんって感じがします。
こういううどんって僕は好きです。
振りかけご飯はご飯が少ないから美味しいと言ったところがありますから、これだけ多いと地獄でしたでしょうね。
出来るだけ炭水化物は避けて下さいと、昨日定期監査にに行った病院で主治医の女医さんから釘を刺されました(笑)

2017/10/04 00:07
うどん300gだけでも多いような気がしますが、更に大盛りのふりかけご飯にメンチカツ&生卵ですか?
かなりのボリュームですね
食べられなくはないけど、食べちゃったらお腹一杯で後の仕事に響くのではないでしょうか?

肉を煮込んでいない肉汁はどうなのか気になりますが、うどん自体はエッジが立っていて美味しそうですね
かなりしっかりした感じが伝わってきます
ゆけむり
2017/10/04 16:21
  りう 様


 こんばんわ。
機械の製麺は、角が立っているものですか。
かなり、歯ごたえがありそうですね。

 うどんのほか、飯に振りかけ、メンチカツ、生卵など、かなり、量が多いですね。
食べきればすごいと思います。
amefurashi 2899
2017/10/04 17:54
達さん

このお店が開店する前に、ほんの数百メートルしか離れていないところに、同じようなタイプのうどんを出すお店があったんですよ。
火災で痛手を受けて、何とか再開したのですが、長続きしませんでした。
そのお店の器とこちらの器が同じなんです。
引き継いだのかもしれませんが、はっきりとはわかりません。
ちなみに、広告会社の社長さんは女性みたいです。
女性のうどん好きって、pinmamaさんぐらいしかいないので、社長の道楽なのかどうか。
謎多きお店です。
肉はちょっと疑問ですね。
肉汁には二重の意味があって、肉が入っているということと肉のエキスが溶け込んでいるということだと思います。
後からトッピングのように加えるのでは、肉入りでしかないですよね。
味は濃いですが、旨味はあまり強くないように感じます。
うどんは機械打ちながら、しっかりした良いものなんで、それだけで満足すべきなのかもしれませんが、うどん評論家としてはいろいろと考えてしまいます。(笑)
ふりかけごはんは参りました。
メンチもヘビー級なので、メンチをおかずに食べたら、それこそ300gを超えそうでした。
炭水化物はお互いに控えましょうね。
りう
2017/10/04 22:32
ゆけむりさん

300グラムで小盛りなんですよ。
1番上は1キロです。
ガテン系の人なら食べちゃうのかもしれませんね。
ごはんが、本文にも書いた通り、予想を超えてました。
勢いで食べました。
また胸で閊えたらどうしようと思いつつ。w
うどんはいかにも武蔵野うどん的で美味しいです。
それに合わせるには味を強くしないといけないですが、かえしを強くして対応してるんでしょうね。
できれば出汁の方を強めてほしいですが。
肉を煮込めばそれだけでぶいぶん違うはずなんで、惜しい気がします。
りう
2017/10/04 22:41
amefurashi 2899さん

そうですね。
加水を少なくして、機械でチカラ任せに練ってるんでしょう。
それで切り口がスパっとなってると思います。
コシもあります。
サイドメニューが脇役に徹しないで、主役を食ってしまうぐらいの存在感でした。
りう
2017/10/04 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
機械打ちではナンバーワンかも 小平うどん@小平市回田町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる