武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS オリジナル鍋フェアー 手繰りや玄治@東村山市栄町

<<   作成日時 : 2017/01/13 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

はがきサービス付きの年賀状をいただいたので、返礼のつもりで、いつもの連れ(IT)と行ってきました。
2017年初玄治。

画像


1月2月は鍋フェアー。
今回のテーマは「色」

画像


赤白黄色に黒緑。
全5色のオリジナル鍋で新春を寿ぐという企画です。
残念ながら、この日は黄色の鍋はお休みでしたが。

画像


緑の茶鍋にするか、黒のイカスミにするかで悩みました。
結論は黒。
お茶は、ホラ、7枚も食べちゃったから。(笑)

画像


もちろん、お酒も。
鍋なら暖を取れるから、熱燗じゃなくても良いでしょう。
家でもよく呑む菊姫の原酒にしました。
これは濃いです、強いです。
でも、美味い。

画像


お通しの前にはがきサービスが出ました。
菜の花と生湯葉のだし醤油がけ。
春ですね。

画像


お通しはつぶ貝の山葵和え。
日本酒にピッタシ。

画像


つまみには鍋の他に長芋の葱味噌焼きを頼みました。
葱味噌が原酒には合いそう。

画像


そしてメインのイカスミ鍋です。
具沢山です。
イカもたっぷりだし、野菜もたっぷり。
油揚げも入ってました。
スープがまた良い。
イカスミに負けない強い出汁を感じました。
これはつけ汁に使いたい。

画像


お酒が進みます。
菊姫以上のは無いような気がして、同じのを追加しました。

画像


つまみも。
今度は新じゃがの唐揚げです。
なんだかんだ、芋は好きです。
味付けにはカレー粉が添えてありました。

画像


〆はITがしじみ蕎麦、自分は釜揚げうどん。

画像


しじみは大粒。
粒の大きさにふさわしい良い味が出てました。

画像


釜揚げうどんはイカスミ汁を有効活用したかったからのチョイス。
うどんは太さは中庸ですが、コシは秀逸。
予想以上に自分好みのしっかりしたうどんでした。
さすが玄治さん。

画像


イカスミとの相性は?
まあまあと言っておきましょう。(笑)

画像


でも、イカスミスープ自体はとても美味しいので、まさかの完飲をしてしまいました。

画像


しじみ汁も試してみましたが、こちらはつけ汁ではないので、やはりちょっと薄かったです。

画像


作り手の意図を超えて、いろいろと楽しんでしまいました。
いつものことですが、料理もそばもレベルが高いです。
それに加えて、うどんがとても美味しいのはうれしい発見でした。
今まで玄治さんではカレーうどんぐらいしかうどんを食べたことがなく、しかもそのうどんは緑色の変わりうどんだったので、スタンダードなうどんは今回がたぶん初めて。
これからはうどんも時々食べてみるとしましょう。
楽しみがまた増えました。
ご馳走様。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
玄治さんらしい凝ったフェアですね。
一品も上品な居酒屋さんのようです。
イカスミ鍋の真ん中にあるまるで骨付きソーセージのように見えるのはイカですか?
スープの出汁は何で取っているのでしょう?
大きなしじみ蕎麦はお出汁の中にしじみのエキスがしみ出していて美味しかったでしょうね。ITさま、よい趣味です
うどんも見るからに美味しそうで、良い昼食だったことがよく分かります

2017/01/17 13:39
達さん

鍋フェアは昨年に続き、2度めです。
昨年は食材がテーマ、今年はスープの色がテーマと、同じ趣向の繰り返しになっていないところは天晴れです。
骨付きソーセージは丸まった油揚げだと思います。
改めて見ると、お揚げとは思えませんね。(笑)
出汁は昆布と節を使っていると思います。
けっこう濃い出汁でした。
しじみ蕎麦は確か昭島のふく花さんというおそば屋さんとのコラボだったと思います。
これは趣向を変えずに毎年やってます。
あさりや蛤のそばも食べたことありますが、それぞれに美味しいですね。
でも牡蠣ほどには普及しませんね。
うどんは驚く程良い出来でした。
そば職人の余技とは思えないぐらい。
でもうどんばかり頼んだら失礼になりそうで、ちょっと悩みます。(笑)
りう
2017/01/18 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリジナル鍋フェアー 手繰りや玄治@東村山市栄町 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる