武蔵野そば+

アクセスカウンタ

zoom RSS “Musasino Udon” 凉太郎@所沢市くすのき台(2015.10.6昼)

<<   作成日時 : 2015/10/07 18:10   >>

驚いた ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 8

武蔵野うどんの名店、きくやさんの所沢店です。
本店は東村山。
東村山には本店の他にもう1軒「きくや」の名で出店していて、それと合わせて、直営店は3軒(のはず)。
この3軒は一族で経営しているようです。
系列というか、「きくや系」と目されるうどん店は他に何軒も有って、自分には全店把握は不可能。
きくやグループは武蔵野うどんの一大勢力と言って良いんじゃないでしょうか。
画像

自分はグループの中ではここ凉太郎さんが一番好きです。
いや、好きでしたと言うべきか。
とにかく回転が速くて、見込み茹でなんですが、実質的に常に茹で立て。
そういうお店ですから、うどんに勢いが有ります。
生きてます。
うどんの活け作りみたいな感じ。
メニューが極度に少なくて、肉汁とカレー汁ぐらいだからできたんでしょうね。(過去形w)
汁も良かった。
甘味、辛味、酸味、旨味がそれぞれ強くて、レーダーチャートにしたら、面積大きそう。
(この表現、前も使った?w)
潔いお店で、午後1時過ぎには売り切れ終了、夜は無しでした。

このブログでもちょうど3年前の10月にレビューを書いたことが有りますが、今回はそれ以来の訪問です。

ビックリしました。
あまりの変貌ぶりに。
店主交替した??
画像

武蔵野うどん保守本流が妙に洋風なテイストになっちゃって。
半分イタリアンみたい。
肉汁とカレー汁しか無かったのに、何だぁ、「大人のミートソースうどん」?
「まっ赤なとまとのペンネ」だと?
おいおい。
トッピングにはチーズ、しかもダブルチーズまで有るよ。
画像

イタリアかぶれかと言うと、徹底してなくて、メニューの裏にはフランス語で“Goût de la tradition de Musasino”と書いてあります。
読んでてちょっと気恥ずかしい。
ロンドンの2階建てバスの写真も違和感無い?
画像

店内はリフォームはしてないみたいだけど、だいぶ雰囲気変わってました。
ライバルはモアクッチーナかジラソーレか。

でも、昔の通り、シンプルな肉汁を頼むこともできます。
男性客はだいたいそうしてるようです。
他方、目に見えて増えた女性客はイタリアンなメニューがお好みのよう。
女性客を呼び込むために方針転換したんでしょうから、お店の思惑は当たったと言えるでしょうね。
なるほど。
しかし、思い切ったことをしましたね。

何だかんだ言いながら、自分も女性向けのメニューにしてしまいました。

“Ryotaroセット”
「ランチタイムに唯一食べられる夜の人気メニュー」なんだそうです。
夜もやってるんだ。
はあ、驚いた。
画像

従来の肉汁などは6L(8玉)までメニューに載ってますが、このセットは基本3Lまで。
明らかに女性向けです。
3Lを頼みました。
画像

汁は肉汁。
きくや直営店伝統の竹の器が陶器に変わってました。
味も変わってますよねえ。
体に良くないと思いつつも、つい飲んでしまうあの旨味豊かな汁とはちょっと違うでしょう。
う〜む。
画像

うどんも何だか細いし、柔らかい。
う〜む。
画像

セットの付属品は栗かぼちゃとフルーツ。
栗かぼちゃは、うどんとのマッチングはともかく、甘くて美味しい。
可愛いとまとが2つ。
フルーツはキウイ1切れ。
Lovely!
画像

もちろん薬味とちょこっとした糧(茹で野菜)も付いてます。
画像

ゴマも。
ミニすり鉢入り。

求めるものを食べられたとは言えませんが、エキサイティングなランチになりました。
レジでパートさんらしき女性店員さんに「いつリニューアルしたんですか?」と訊いたら、「少しずつ変えたんですよ」というお答え。
なるほど。
じゃあ、しょっちゅう来てる常連さんは、自分のようなショックは受けなかったかな?
画像

何だか「昔は良かった」みたいな書き方になってしまいました。
自分も年取ったようです。
ご馳走様。


PS
外の壁に「新・最高記録保持者」の写真が貼ってありました。
28Lだそうです。
30玉。
すごいですね。
画像
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これは凄い変貌ぶりですね
ちょっとづつ変えて行ったそうですが、経営者が変わったのかと思うぐらいですね(笑)
フランス語は読めませんが、伝統的武蔵野の・・・のような意味なんでしょうかね???
たしかに2階建てバスの写真も違和感ありますね(笑)
と言うよりも店名とイタリアンチックなうどんメニューが非常にマッチしたいないような気がしますね

最後の記録保持者ですが、普通サイズのうどんを30玉食べたって事ですか???
もしかして、大食い選手権に出ている人ですかね?
う〜ん、30玉は驚きですね
ゆけむり
2015/10/07 18:25
ゆけむりさん

夢を見ているような感じでした。
ほっぺ抓ったりして。(ウソw)
フランス語は記録保持者が持ってるTシャツのロゴを直訳しただけで、「武蔵野伝統の味」という意味です。
笑わそうと思ってやってるなら良いんですけどねえ。(笑)
今までネット上で方針転換の情報が上がってなかったんで、事情が全然わからないんですよ。
うどんブログの重鎮さんが確認してくれると有り難いんですけどねえ。
記録保持者はローカルなお人だと思います。
玉はスーパーで売ってるビニール入りの茹でうどんよりは少ないでしょう。
でも、とても真似できませんね。
りう
2015/10/07 21:54
劇的に変わっていたのですね。久し振りに訪れたりうさんはまるで浦島太郎のような心境でしたか?
しかし美味しい不味いは置くとして、イタリアンとフレンチと大英帝国の融合は確かに気恥ずかしいですね
いかに飲食業界の女性への期待度が高いかを物語る方向転換ですが、それを恥じていて経生き残って行けないのでしょうね。
昔を知る者にとっては驚き以外の何物でもなかったことでしょう。
心中お察しします

2015/10/08 00:48
何ですか?!このポリシーのなさ。
これじゃあ、伝統の味が聞いて呆れます。
何にでもチーズを掛けたり、マヨネーズを付けたりして食べるようなものですよ。
胃袋に入れば同じという発想がよくありません。
お店と同様、料理にも佇まいと生い立ちというのがあります。それを無視しては、もはや失格です。
HANDSOME DAN
2015/10/08 01:27
  こんにちは。

 臨海学校、いい損ないました。
野外学習と言えばよかったです。
お天気よく、海に浮かんで、糸垂れているの
はいいものす。

カヤックの積み下ろしに時間がかかって
しょうがないです。
それでも真蛸が釣れれば、にっこりです。

これから大きなおす蛸が出てくるので、
頑張らなくちゃ!
アメフラシ2899
2015/10/08 15:52
達さん

自分が言う武蔵野うどんクラシックの代表的なお店だったんですよ。
ショックです。
伊・仏・英のごちゃまぜはいただけませんね。
付け焼き刃もろ出しです。
元に戻せとは言えませんが、せめてイタリアンで統一してほしいです。
女性が増えたのは悪いことではないですけど、うどん自体が変わってしまうと、男性客がガッカリなんじゃないでしょうかね。
もしかしたら、自分が食べた女性向けのセットがうどんまで女性向けに柔らかめになっていて、従来のメニューは以前の硬派なうどんということで、使い分けをしてるのかもしれませんが、可能性低そうです。
もう一度、ITと行って、確認します。(笑)
りう
2015/10/08 21:18
HANDSOME DANさん

あのハイレベルの武蔵野うどんを作っていた人がこういう方針転換をするのかなあ?というのが正直な感想です。
プライド無いの?
個人経営のうどん屋さんは職人兼経営者ですけど、経営者の部分が急に大きくなっちゃったんでしょうかねえ。
“Go&ucirc;t de la tradition de Musasino”なんて言わなければ、まだ許せますけどね。
りう
2015/10/08 21:23
アメフラシ2899さん

そうでしたか。
野外観察。
良いですね。
関東では油壺の近くの小網代がメッカです。
先だって記事にしたシーボニアの有るところです。

蛸は1年で成長し切るんでしたね。
秋は1キロオーバーも。
期待してます。
りう
2015/10/08 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
“Musasino Udon” 凉太郎@所沢市くすのき台(2015.10.6昼) 武蔵野そば+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる